2009年 07月 15日
「保守」を自称する石原伸晃氏のKYっぷり。
 自民党の石原伸晃幹事長代理(党東京都連会長)が都議選開票時のTV開票速報番組内で、「日本で唯一の保守政党である自民党」と発言されておりましたが、自らも道路公団の民営化(国有財産の外資も含めた特定企業への安売り)を始め「改革」に邁進し、日本社会を保守するどころか外資や一部の金融、輸出系大企業や財務省のエリート役人の餌食になるべく破壊しまくった張本人がよく言うよ、と思いました。

 石原伸晃議員におかれましては日本社会の在りようを無視した「改革」を強引に推し進めながらの「保守」発言、また自民都連のトップでありながら敗戦の要因を古賀選対委員長になすりつけるという無責任ぶり、次期総選挙では是非落選いただき暫くアタマを冷やしていただきたい。

 また自民党におかれましては総選挙までの1ヶ月半の間に、小泉・竹中構造改革路線からの明確な離脱と、日本社会を破壊してしまった「改革」の反省を、今からでもいいから是非やっていただきたい。勿論郵政4分社化の凍結も含めてです。党内の中川氏や菅義偉氏はじめとした改革派(いわゆる外資族)を切る覚悟で是非やっていただきたい。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-07-15 15:55 | お金、政治


<< 「消費税は0%にできる―負担を...      取り急ぎのご報告。「植草氏のブ... >>