2009年 07月 31日
アメリカ政府は不動産価格の再バブル化を画策しているとか。
 オバマ政権というかサマーズやガイトナー等ウォール街&ワシントンDC政府は、政府主導で米国内での不動産価格の再バブル化を画策しているとか。
 なんでもその一つの手段が、家主のいなくなった住宅を政府が買い上げ、家が無くて困ってる失業者たちを低価格で住まわせるとか(まるで社会主義っw)。

 それって成功すればサブプライム危機以降の金融の不安定化の大きな要因である不動産価格の下落の歯止めと、世界からのドル資金の呼び水という一石二鳥な効果があるかもしれませんね。また近い将来ドル覇権の崩壊というのはあるにしても、時期が延ばされるかソフトランディングが可能になるかもしれませんね。

 日本の財務省や与野党双方の一部の政治家(与謝野財務相や岡田民主党幹事長等)による『財政均衡化至上主義』に凝り固まった縮小均衡型の自滅的な日本の財政金融政策に比べ、マクロでの需給バランスを意識した米国の危機対応の柔軟さや迅速さは、ちょっと羨ましくなります。
 円と違ってドルが基軸通貨である強みもあるのでしょうけど…。またその政策全てを肯定するわけではありませんが…。

無料出版オンブック:オンブック社長ブログより(太字は引用者による)
アメリカは最初から州単位による地方分権国家だが、金融危機で中央集権が強まっている。アメリカから帰ってきた金融屋の話では、オバマは土地バブルを仕掛けるのでは、と。猛毒だがカンフル剤だな。例えばカルフォルニアの不良資産住宅を政府が買い取って、失業者住宅にする。とか。日本人でもすでに住宅を買いあさっている連中がいるらしい。

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-07-31 01:02 | お金、政治


<< 景気浮揚のための公共事業として...      今夜も「プロパガンダステーショ... >>