2009年 08月 16日
テレ朝の郵政4分社民営化の擁護プロパガンダ再び。「サンプロ」でまた竹中氏の独演会。
a0054997_23395587.jpg


 今日放映の「サンデープロジェクト(サンプロ)」の冒頭、郵政民営化がいかに正しいかをまた竹中氏に延々としゃべらせてましたね。テレ朝の郵政4分社民営化の擁護プロパガンダはとどまるところを知らずで、困ったもんです。これって放送法に抵触しないのか?

 この後各党の幹事長による総選挙に向けての経済政策についての討論に。ただ、そこに出てきた社民党重野幹事長に、竹中氏の国会招致拒否について苦言を呈されるも、なんで国会に出てこないのかの理由を竹中氏はちゃんと返事もせずに口ごもっておられましたw。まったく困ったもんです。

 番組中、自民党も含めた与党は「小泉竹中改革」から決別した内容の経済政策を主張。
 国民新党亀井久興幹事長がご指摘されてたように、与党は小泉改革からの決別を宣言し総括をすべきでしょう。なしくずしの政策変更は与党としてあまりに無責任です。


 それにしても番組中に国民新党さんの発言があまりに少なく、野党側では共産党を岡田民主党幹事長のとなり、いわば野党2番目の席に座らせかつ発言も多くさせていたのは、現与党に対する有権者の不満を共産党に振り向けさせることで、民主党+社民党+国民新党による3党連立を妨害をしているようにとれてしまったのですが…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-08-16 23:47 | いろいろ感想文


<< 今日の内閣府発表、デフレで物価...      過剰なノリPバッシングへの「?... >>