2009年 08月 17日
今日の内閣府発表、デフレで物価が下がった分だけの「実質GDPアップ」では。
 今日内閣府から発表された4~6月GDP速報値。
 実質GDPが0.9%アップと大騒ぎしてるけど、名目GDPはマイナス0.2%。
 15兆円規模の財政支出が開始されてこの数値。これが何を意味するかと言えば、単にデフレ(需要不足による物価下落)が進んでその分だけ実質GDP値が上がっただけってことでは(物価が下がるとその分「実質GDP」が上がる計算方法を使ってるそうです)。
 物価の下落と経済規模の縮小が連鎖する、いわゆるデフレスパイラル状態に日本が陥ってることの証左。国民の可処分所得の低下や失業率が上がるのもむべなるかなな今日の内閣府の発表です(こんなもんを嬉々として発表してる政府、与党やマスメディアの神経がよくわからん)。

 重ねて言わしていただきますが、与党や政府は景気回復だと騒いでいるけど、単なる数字のトリックを使った目暗ましってことでは。内閣府ってのは国民を騙すことがお仕事のお役所のようです。戦時中の軍部と変わりませんな(苦笑)。

 マスメディアの報道も注意深く読めばそのことが見えてきます。

4~6月期GDP、年率3・7%増…5四半期ぶり : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(2009年8月17日09時03分 読売新聞)より
日本の景気が4~6月に底を打ったことが統計上、確認された。内閣府が17日発表した2009年4~6月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価の変動を除いた実質GDP(季節調整値)の成長率が前期比0・9%となった。
(中略)
物価の動きを反映し、家計や企業の実感に近い名目GDPも、前期比0・2%減(年率換算で0・7%減)と5四半期連続のマイナス成長で、デフレ傾向が続いていることを示した。

GDPこうみる:需給ギャップは‐7%程度、7─9月期GDPは同程度の伸び=ニッセイ基礎研 斎藤氏| マネーニュース| 経済指標| Reuters 2009年 08月 17日 09:46 JSTより
予想通り、外需が大きく伸びて、公共投資や消費に政策効果がでた。サプライズはない。

 需給ギャップは1─3月のマイナス8%から4─6月期はマイナス7%程度に縮小している。良い方向への変化だが、かつてなかった水準であり、これをもってデフレ圧力が減じたと見るのはまだ早い。国内需要デフレーターはマイナス幅が大きいが、CPI(消費者物価指数/引用者注)が下がっており、国内デフレが進んでいることを反映したもので、この傾向はしばらく続きそうだ。

 公共投資は大きなプラスになったが、昨年の補正予算の効果がでている

(太字は全て引用者による)

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-08-17 23:03 | お金、政治


<< 民主党候補による過度の霞ヶ関バ...      テレ朝の郵政4分社民営化の擁護... >>