2009年 09月 01日
選挙終わりましたね。裁判官罷免率その後。
 民主党の大躍進で総選挙が終わりました。一部落選議員さんにとても残念な方々が何人かいらっしゃいました…(保坂展人議員が当選するようにと比例では社民党に投票したのですが…)。
 自民党大敗について今振り返ると、7月のラクイラ・サミットに出たいばっかりに総選挙を先延ばしにした麻生さんのスケベ心というか胆力に問題がありましたかね…(笑)。

 ますは民主党には徹底した情報公開をやっていただきたいです。
 此処最近の動きでも、自民党側に逮捕者が出ないと言われた西松建設問題について、検察内部の隠れた情報とか出てきませんかね?
 経済に関してはマスコミウケを狙って小泉内閣時のような財務省主導の、デフレ下でのアホな緊縮財政政策は絶対にやめていただきたいですが…。

 関連したところで下記のようなニュースが…
 西松建設問題といえば漆間副長官のうっかり(?)発言を思い出しますが…、今回の選挙の結果を受けて下記のようなご発言…。この方が発言するとなんか裏があるように聞こえてしまうというのはうがった見方過ぎますか?

NIKKEI NET:政治: 漆間副長官、事務次官会議廃止を疑問視より
漆間巌官房副長官は31日の記者会見で、民主党が廃止を主張する事務次官会議について「会議前に各省庁が各省庁や与党と調整をして、閣議に政策を提出する形でやってきた」と指摘した。そのうえで「これに代わる方法があればうまく事は運ぶが、どう考えているか具体的なもの存じ上げない」と述べ、同党の姿勢に疑問を投げかけた。(23:37)

 アメリカからの年次改革要望書の実現化のための売国エージェントの集まりだったとしか思えない規制改革会議でしたが、反省もせずにまだこんなこと言ってます…。まるでゆうべのテレビ東京の選挙速報番組のようだ(飯島勲氏やロバート・フェルドマン氏らがあーだこーだ延々としゃべってましたね)(笑)。

NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまでより
政府の規制改革会議は、これまでの規制改革の成果をまとめた冊子「規制改革の取組と成果」を作成した。冊子では規制改革の必要性を解説し、携帯電話の番号持ち運び制度や国内航空運賃の自由化といった具体的な成果や経済効果の試算なども挙げた。

 一部では改革によるデメリットも指摘されるが、本来の目的や実績をわかりやすく示すことで国民の誤解を解き、国民からの要望を広く集めて規制改革の一層の推進を図りたい考えだ。(23:37)



 ところで最高裁裁判官の国民審査のほうですが…

<国民審査>最高裁長官と8人の判事全員が信任
8月31日13時8分配信 毎日新聞
より
有効票に対する罷免を求める率(罷免率)はほぼ前回並みの6.00~7.73%だった。

だそうですが、「有効票」ってのがちょい曲者かも…
 ほんとに罷免率が「前回並み」だったんかな? 国民審査の開票の詳しいデータの公開ってのはどこでしているのでしょうか?
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-09-01 00:52 | お金、政治


<< じわりじわりとその影響力を強め...      明日30日、投票所での「×(バ... >>