2009年 09月 24日
イラン攻撃の下地つくり中のアメリカによる印象操作か。今後の日本の外交努力に期待。
 不景気対策のための最大の公共事業はやはり戦争。オバマはイラン攻撃をあきらめてないようで。きっと戦費をせびられる日本。米国に大金貸してる中国がどう出るか?(11月のオバマ来日時までに、インド洋給油の問題やイラク・アフガン駐留&イラン攻撃戦費負担等をグロスであれこれアメリカから要求されるのでは?)

 2003年のイラク攻撃による国際世論からの強い批判という前例があるので、イランを悪者にすべく情報操作や言いがかり、挑発、友好国との関係を分断(東欧MD配置中止でイランとロシアを分断)等、いわゆる「ソフトパワー」を最大限に活用してるということでしょうか。
 
 話がちょっと変わりますが、今回の鳩山首相によるCO225%削減発言は、国内の真水での削減は目指していないように思われます。排出権取引を前提とし、日本はその高い削減技術を排出権取引のマネーに代えて交渉しようとしてるのでは? その排出削減技術の輸出を,単なる技術供与としてではなくその後の長期のメンテ契約とセットに考えれば、日本にも中長期の利益がもたらされるでしょうし…。

<2020年までに対1990年比CO225%削減が真水ではコスト的に大変だろう(=排出権取引をしたほうがリーズナブルである)という科学的見地からの分析が下記にありました。
25%削減という中期目標で日本が払う費用は?(09/09/25) | NIKKEI NET 日経Ecolomy:連載コラム - 4次元エコウォッチング(安井至)


 日本はCO2排出削減技術を武器に、CO2排出左削減を公約したロシアへの働きかけをしたらいかがでしょうか? 米によるイラン攻撃に対しても中国も含めた国々と連携してうまく回避していただきたいものですが。
 これはあくまで素人の考えですが。アメリカについてってイランの石油や天然ガスの利権をとろうというのは、現状においてはちょっと危険な賭けになりませんかね?

オバマ大統領、軍事手段も排除せず イラン核施設問題 - MSN産経ニュース 2009.9.26 08:43より
イランが秘密裏に2カ所目のウラン濃縮施設を建設していた問題について、外交的解決を望む考えを示しながらも、「あらゆる選択肢を排除しない」と述べ、軍事手段の可能性も指摘した。大統領は「核兵器取得を放棄するか、(国際社会との)対立の道を続けるか選択しなければならない」と述べ、イランに強く警告した。


 下記はイランがタリバン支配時のアフガンのような「遅れた悪者の国」という印象を国際世論に植え付けるための印象操作報道では? 

女性下着の陳列禁止=ショーウインドーで-イラン(時事通信) - Yahoo!ニュース
9月23日22時41分配信 時事通信
 【カイロ時事】イランのアルマン紙は23日、店舗のショーウインドーで女性下着を陳列するのを警察当局が禁止したと報じた。AFP通信が伝えた。
 警察当局は声明で、「買い物客を引き付けるため、店舗のショーウインドーで不適切かつ不快なマネキンの使用について報告が寄せられた」と、女性下着の展示禁止理由を説明した。ただ、女性店員だけの店の中で下着を展示することは認められるとしている。 

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-09-24 23:23 | 世界情勢


<< ウイークリー日記-2009/0...      書き込みできなくてすいません。... >>