2009年 10月 05日
マスメディアのセンセーショナリズムを見抜く理数系の方々。=ウイークリー日記-2009/10/05
a0054997_23384120.jpg

10月4日の満月

10月1日
地方自治体にはグランドデザインを描ける人材と情報が不足しているので、現状での地方分権は難しいと、知り合いのキャリア官僚の方がおっしゃっておりましたが、財源のみならず情報の地方への委譲や人材育成を、民主党は具体的にどこまで進めることが出来るでしょうか?

別のキャリア官僚の方で理数系の方なんですが以前飲み会の席で、国の大きな枠組みを作るのは法学部出が中心の文系で、自分達理数系はその下でコツコツと実務を行うだけで、貰えるカネも少ないと自嘲気味に笑ってましたが…。鳩山”理数系”内閣が立ち上がる前の話です。

ただ理数系の方々は物事を論理的に観るクセがついてるようで、センセーショナリズムに走るマスコミの言ってることのいい加減さに、充分過ぎるくらい気がついていらっしゃるようです。
理数系鳩山さん、菅さんにも同じようにマスコミに対して冷ややかな目をどこかに持っていただけると良いんですけどね…。



今日出てた「R25」が、記者クラブの開放をしない民主党について疑問を呈する記事を、トップページの見開きカラー写真入りで載せてましたね。こんなおかしな既得権益は無いと。
ネットでは既に当たり前に話題になってることが活字になってましたが、世間に対する影響力ということではネットより強いのかな…


10月2日
押尾学のヒルズクスリ事件がマスメディアで注目されかかると、ふって沸いてくるよな別の有名人による麻薬疑惑。ノリPの次は高城剛かい。


亀井大臣には是非頑張っていただきたいですが、マスコミのスケープゴートにされちゃってて、いかがなものかと思います。
マスコミの後押しで小沢さんもしくは民主党が国民新党や社民党に対し、あんま言うこと聞かないと連立の相手をみんなの党や公明党に変えちゃうぞって言って、脅かしにかかるのが心配。


10月3日
祝2016年リオデジャネイロ五輪。
マスメディアは騒いでいたけど、東京で2016年のオリンピックをやってほしかった東京の人や日本人ってどんくらいいたのか?
マスメディアが煽れば大衆が動く、っていう時代では無くなってきたのかな。そもそも既得権益に胡坐をかき自分達に都合の良い情報操作ばかりしてきた大手マスメディアは自己反省せいって思いますが。
個人的には今回の東京へのオリンピック招致は、国際金融資本と気脈の通じてるとネット上でもっぱらの噂のイノセ副都知事の眉の薄い顔が見え隠れして、なんか裏があるんじゃねーかと疑念がずっと消えませんでしたが、この見方はヒネクレてますかね?(笑)

いずれにせよ、オリンピックで景気浮揚といった方法論から日本は次のステップへ移行してほしいですが…。


10月4日
さっき聞いてびっくりしました、中川氏死去の報。一種の戦死でしょうね。中川さんのシンパじゃありませんが、一種の罠だったとしか思えないあの酩酊会見のことを思い出だすと、あの「罠」を仕掛けた方々に対して怒りを感じちゃいました。
ま、そんな謀略も含めて政治ってことなんでしょうね。大変な世界ですね。合掌。

中川氏の死については、立ち位置やお考えは違っておりますが下記のお二方のご意見が、僕個人的にはすごく納得できました。
文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』 “中川元財務相の死に想うー「保守原理主義の時代」の終焉。”
ムネオ日記 2009年10月4日(日)


10月5日
「サイト」最新号(41号)で藤原帰一氏が、ケント・カルダーやマイケル・グリーンは自分たちの生活がかかっているので日米関係の危機を煽ってるけど、それはワシントンの考え方とは違うと名指しで批判してた(笑)。


植草氏が不当拘留から無事開放されました。
同世代の者として、自分だったら自暴自棄になってる局面だろうなーと、その冷静さに敬服いたします。
司法関係者のいかがわしさというのは、植草さんに比べ卑近なレベルではありましたが僕個人的にも地元の裁判所で以前感じたことがありました。ただ全ての人が馴れ合いの中でぬくぬくとしてるわけではなく、司法をまっとうなものにしようと努力されてる方々とも知り合うことが出来たので、良い経験をさせていただいたと思っています。
そのときに強く感じたのは、既得権益にまみれて腐ってしまっている司法界こそ真の改革が必要なのだということです。ただそれが刑事裁判の裁判員制度だとは思いません。三権分立を脅かす検察や裁判官の強大な裁量と、政治との馴れ合いやそこから派生する利権をこそが改められるべきです。

その時に司法界の理不尽と闘ってらっしゃるある方から聞いた言葉で、今でも印象に残っているのは、
『悪人ヅラした悪人はまだいい、彼らは社会的制裁を受けているんだから。最も悪いのは善人ヅラした悪人である。』
という言葉。

実際テレビの報道番組のキャスターや解説者を見てもそんなヤツばかりですよね(苦笑)。
司法界に並んで刷新が必要なのがテレビを始めとした大手マスコミ業界では。


先述のキャリア官僚さんもおっしゃってましたが、検察官というのは官僚の中でも特別の特権的な地位が与えられてるそうで、どんな役所の事務次官でも絶対に逆らえないそうです。
また権限ということでは財布を握っている財務官僚が一番で、予算を武器に他省庁を動かせる立場にあるということでしょう。
森内閣以降の内閣は上記の二者・財務官僚と検察と近しい清和研究会が政府与党を牛耳り、財界ともツルみその力を最大限に利用し、現状のような息の詰まるような日本にしてしまったということではないでしょうか。

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-10-05 23:34 | ウイークリー日記


<< 昨年秋、福田首相が突然やめたの...      ウイークリー日記-2009/0... >>