2009年 10月 06日
昨年秋、福田首相が突然やめたのはこれが理由だたったのか…?&橋下知事の正体見たり。
 なるほど福田首相が突然辞めたのはこれが理由だったのか…。あえてわざと混乱を招き死んだフリした作戦、ということか…。
 しかし財務官僚の売国奴ぶり・アメリカ大好きぶりがよくわかる所業ではありますな(当時の渡辺喜美氏の言動などからすると、さもありなんな話ですね…。渡辺氏は勿論アメリカや財務省の意向を受けて動いておられたのでしょう)。
 民主政権には、旧政権時に行われた、こういった売国的事例を白日にもとにさらしていただきたいものです。使われようとしたカネは国民の税金だろ、おいっ(自民党というより財務官僚の悪徳ぶりってことでしょうか…)。

外貨準備:政府が米金融2社救済案 08年8月に支援検討 - 毎日jp(毎日新聞)
2009年10月6日 2時30分 更新:10月6日 3時7分
より
米政府系住宅金融機関2社が経営危機を迎えていた08年8月下旬、日本政府が外貨準備を使って両社の支援を検討していたことが5日、関係者への取材で分かった。入札不調に終わる懸念があった2社の社債数兆円を、日本政府が買い支える計画だった。世界的な金融危機に陥る瀬戸際とはいえ、公的資金で外国の金融機関を救おうとしたことは極めて異例で、経済的に密接不可分な日米関係の特殊性を明らかにする事実といえる。

(中略)

 両社の経営危機は08年7月に表面化。米政府は7月中旬に最大4000億ドル(36兆円)規模の出資枠の設定などの救済案を発表したが、市場は沈静化しなかった。両社は9月上旬に合計で200億ドル(約1.8兆円)規模の社債借り換えを控えていたが、信用不安から社債の買い手が現れない可能性が高く、資金繰り破綻の懸念があった。

 日本政府では、限られた財務省幹部が米財務省と緊密な連携をとりながら、外貨準備から数兆円を拠出して両社の社債を購入する救済策「レスキュー・オペレーション(救済作戦)」という名の計画を立案。通常は非公表の外貨準備の運用内容をあえて公表し、日本の支援姿勢を打ち出して両社の経営に対する不安をぬぐい去ることも検討した。

 しかし当時の伊吹文明財務相が慎重論を主張し、9月1日の福田康夫内閣の退陣表明で政府が機能不全に陥ったため、実現しなかったという。米政府は9月7日、公的資金を投入して両社を国有化し救済したが、同月15日には米リーマン・ブラザーズが破綻し、結局、金融危機の深刻化は防げなかった。

 伊吹元財務相は毎日新聞の取材に「大臣決裁の段階にはなかった。しかし、米国の経済危機が目前に迫る中、日本の外貨準備で損失が出かねない資産を購入すべきでないという当たり前の判断だ」と述べた。【斉藤望】


 もう一つ気になったニュースをば…。小泉首相や竹中大臣による緊縮財政政策で金融恐慌寸前までいった2003年春を思い出せばわかるように、この需要の収縮したデフレ不況時には、政府が国債発行して需要を作らないと日本の経済全体が崩壊し、それこそ税収は激減し失業による人的資源の損失は膨大になるのに、橋下知事はそんなマクロ経済の初歩も理解しておらん知的水準らしい。日本経済の弱体化と外資売りを画策する「偽装チェンジ勢力」の面目約如なり。

橋下知事が民主の方針転換批判 「赤字国債発行なら大うそつき」 - MSN産経ニュース
2009.10.6 11:51
より
橋下知事は「増税はないと言いながら、赤字国債を発行するのは大衆迎合だ」とし、「赤字国債を発行すれば、大うそつきになる」と民主党を批判。そのうえで、これまでは民主党政権に全面的に協力する考えがあったとしながらも、「赤字国債を発行するのであれば協力は考えられない」との意向を示した。

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-10-06 17:50 | お金、政治


<< これも凄いニュースだなー。中ロ...      マスメディアのセンセーショナリ... >>