2009年 10月 06日
これも凄いニュースだなー。中ロ日仏による原油取引決済のドル外し協議について
 アメリカやイスラエルによるイラン攻撃準備ともからんでいるんでしょうけど、今このタイミングでこのニュースがイギリスからリークされた意味はなんなんでしょうか? やはりロスチャイルドがらみ?
 いずれにせよ、もし報道が事実とするならば、ドルの暴落に対するリスクヘッジが複数の政府レベルで具体的に始まってるってことでしょう。
 そういえば最近イスラエルがらみの大きなニュースを見ないのですが、僕が気がついていないだけなのかな? どうなってるんでしょうか?

原油取引でのドル利用停止協議との報道、ドルの地位低下を反映 | Reutersより
[シンガポール 6日 ロイター] 英インディペンデント紙が6日、アラブ湾岸諸国が原油取引でのドル利用を停止し、人民元などで構成する通貨バスケット建て取引に移行する案をロシア・中国・日本・フランスと極秘に協議していると報道、ドルの地位低下が裏付けられる形となった。

 同紙がアラブ諸国や中国の匿名の銀行筋の情報として伝えたところによると、ドルの代わりに使う通貨バスケットは、円・人民元・ユーロ・金のほか、サウジアラビア、アブダビ、クウェート、カタールなど湾岸協力会議(GCC)関係国が計画している統一通貨などで構成される。

(中略)

イランは2年前、アジアの顧客に対し、ドル以外の通貨での決済を要請。大半が同意した。しかしイランは依然として、輸出価格を決定する際、ドル建ての指標価格にリンクしたフォーミュラを参考にしている。

 イランは石油輸出国機構(OPEC)に対し、国際価格の算定にドルを使わないように要請しているが、今のところ支持は得られていない。


追記(10/7夜):ここでドルの空売りと金で一儲けしてイラン攻撃正当化プロパガンダの資金にでもすんのか?(笑)
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-10-06 20:21 | 世界情勢


<< 昨日の当ブログ記事の続き:噂を...      昨年秋、福田首相が突然やめたの... >>