2009年 10月 25日
日米間でいろいろ動きあり。&成長戦略検討会議には要注意か。=ウイークリー日記-2009/10/26 
10月19日
>> 加藤和彦氏の死、常に時代を一歩先んじてた氏が選んだものが自死だった、ということに何か今という時代の重い空気を考えさせられざるを得ません。やはり鬱は入っていたんでしょうけど。合掌。


>> 貿易決済でのドル離れの動き再び…。
「中南米の反米左派各国、仮想通貨「スクレ」導入 10月19日19時19分配信 読売新聞」より
 【リオデジャネイロ=小寺以作】ベネズエラやキューバなど中南米・カリブの反米左派政権の国々が、2010年から相互の貿易決済に仮想通貨「スクレ」を導入することを決めた。ドル基軸体制に揺さぶりをかけるとともに、域内貿易を活発化させて米国への経済依存度を抑える狙いがある。

 スクレを導入するのは、エクアドル、ボリビア、ニカラグア、カリブ諸国など反米左派の経済協力協定「ボリバル代替統合構想」(ALBA)に加盟する9か国。16~17日にボリビアで開かれた首脳会議で合意し、ベネズエラのチャベス大統領は、「ドルの独裁から自由になるための重要な一歩だ」と強調した。

 当初は各国の通貨を一定比率で組み合わせた仮想通貨を中央銀行間の決済に使い、将来はユーロのような流通貨幣を目指すという。

(中略)

 一方で、南米ではアルゼンチンとブラジルが昨年から、2国間貿易を自国通貨で決済できるシステムを導入しており、実際の経済取引で緩やかな脱ドルの兆しも見られる。
(2009年10月20日 読売新聞)


>> そのまたバックにアメリカの諜報機関ありや?
「イラン大統領、自爆攻撃でパキスタンの関与示唆 | Reuters」より
[テヘラン 18日 ロイター] イランのアハマディネジャド大統領が18日、同国南東部で革命防衛隊の幹部など35人が死亡した自爆攻撃について、パキスタン治安機関の数人が関与していたとの情報を得ていると述べた。ファルス通信が伝えた。


>> 楽天球団って監督交代のたびに、なんでこうやってモメるんだろうね? 前の田尾さんの時もそうだったし。3木谷氏って監督人事にどこまでかかわってるのか?(←この書き込み内容、twitterだと、しばらくすると外向けの表示が削除されちゃうんですよね)。


>> 2年前からドル建て石油決済を中止してる筈だから、このタイミングでの発表はイラン攻撃がらみの情報戦か。
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報さん「イランが、石油取引でドルを排除か(テヘラン・タイムズ)」


10月20日
>> 祝・郵政民営化見直し。株式上場の直前に見直し出来て良かった。次は竹中氏や木村剛氏を国会に呼びましょう。
 と言いつつ、早く見直し法案を国会で通してもらわないとな。
 郵政民営化見直しに文句たれてるのは大手マスメディアと経済同友会、経団連くらいじゃないの。現場の声をもっとちゃんと聞けよ売国奴諸君、と言いたいとこだけど…。


10月21日
>> グッドアイデア!→「全銀ネット上のトランザクション(電子的決済)2500兆円に税率3%の一般取引税(電子的実取引税)を課することにより75兆円の歳入を得ることができる」
静かなる革命2009 : 静かなる革命パンフレット【第一弾】税制を変えれば政治が変わる:一般取引税を導入して夢のジパングへ


>> 全然関係無い流れから話が繋がる。やはり八ッ場ダムは国民的関心事。
http://www.magazine9.jp/interv/hosaka/index1.php


10月22日
>> 今日のNHKの9時のニュースで93年の細川内閣時にアメリカ依存からの脱却を目指した外交姿勢(樋口リポート)に苦言を呈したのがマイケル・グリーンだったと本人直々紹介されてたw。日本の自主外交は絶対に必要であると当時提言のまとめ役だった渡辺昭夫教授の言葉もしっかり紹介されてた。
 渡辺昭夫教授@NHKニュース:アメリカは日本に対して自主的、自立的になってほしいという思いがありながら、自分達のコントロールの効かない国になるのも困ると言う矛盾した二つの考えを持っていて、外から見るとアメリカ内部の考えが非常に掴みにくいので、その点が要注意だとおっしゃってました。
 今後鳩山内閣に対してマイケル・グリーンをはじめとした対日工作グループによる圧力が陰に陽にかかってくるんだろう。国民的世論の力で貴奴等を追い返そうではありませんか。


10月23日
>> 天木さんのメルマガによると、マイケル・グリーンは既にワシントンで鳩山政権の悪口を言い触らし恐怖感を煽ってるらしい。日米間で揉め事を作りたくてしょうがないんだろう。

 80年代の通商摩擦時の日本に対するアメリカのうるささは、最近の比じゃなかったすからね。アメリカのような国とは、こうやって揉め事があって普通なんでしょう。

 しかしそれにしても、自民党政権特に此処10年の清和会中心の自民党は、アメリカに擦り寄り過ぎと思ったら、清和会は、進駐軍に命を救われた岸信介氏の系譜だからということらしい。命と引き換えに裏でなんか約束でもあったか。


10月24日
>> 10/21に開催された経済産業省の第一回成長戦略検討会議、出席委員に朝日主筆舟橋洋一氏の名が。ロックフェラーのメッセンジャー兼情報収集係?w
 東芝会長も委員の一人で、政府の考える低炭素化の主要成長産業はやはり原子力のようだ。
成長戦略検討会議(第1回)-議事要旨

 原子力発電所の建設は、耐震性を重視するためゼネコンに大きな仕事が行くようになってるそうだし、建築基礎部分で製鉄会社にも利益があるそうだ。ダム工事を無くす代わりに原子力発電所ってことか。地域的には山沿いより海浜部中心になるんだろうな。既に中央ではそういうことで政官財が裏で手打ちしてたりして…。

 また、海外からの単純労働者の受け入れについて提案があったようです。3年の期限を設けるって言っても中国は人口が日本の10倍、一人当たりGDPが1/10ですからね、日本国内の賃金下げ圧力が凄く強まるでしょう、大丈夫かな。

 ということで成長戦略検討会って、主催が内閣府から経済産業省に移っただけで、規制改革会議や経済財政諮問会議と中身があんま変わってないような気がする。まだ一回目なので速断できませんが、グローバリズム、新自由主義的なスタンスが強いように思います。


>> 省庁での記者クラブ会見開放を容認したりと朝日新聞もちょっとスタンスを変えたようで、民主政権に変わって利権の変わり目で、それを狙ってマスメディアや産業界で色々動きがあるようですね。


>> 守屋事務次官接待事件でも名前の挙がった、日米防衛利権の扇の要と言われるジェームス・アワーが来日中。横浜での海賊船対策のシンポを報道するNHK夜のニュースにどアップでw。隣席には、テレビ上でよくアメリカ擁護のご発言をなさる森本拓大教授の姿も…。
海洋の安全保障シンポジウム:NHK神奈川動画ニュースより
(動画のみはこちら
a0054997_20202763.jpg



10月25日
>> 片山さつき氏がテレ朝「サンデースクランブル」で郵政の株上場は国民の利益のためです、とのたまってた。本当にそう信じてるのなら東大卒のその知能を疑ってしまうぞ。先の選挙での敗戦分析がまだ出来てないようですw
 「サンブロ」、「サンデースクランブル」と本日のテレ朝は郵政民営化見直し反対のブロパカンダが続きましたね。駄目押しに明日古館キャスターにも何か言わせるのかな?


10月26日
>> 藤井財務大臣が馬鹿なこと言い出してるぞ。このデフレ&失業者300万人の状況下、日本経済が崩壊しようが、失業者がさらに増えようが、税収が減ろうが、構わないらしい。このままだと2003年の二の舞だぞ。
国債発行44.1兆円以下にしなければ市場の信頼失う=財務相| 国内 | Reuters 2009年 10月 25日 13:05 JSTより
 [東京 25日 ロイター] 藤井裕久財務相は25日午前、フジテレビの番組に出演し、2010年度予算における新規国債の発行額について、2009年度補正後の44.1兆円以下にしなければ国債市場の信認は得られないとの認識を示した。

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-10-25 19:51 | ウイークリー日記


<< 政府もマスコミも「無駄、無駄」...      これぞ日本がアメリカのATMと... >>