2009年 11月 23日
しかし誰が味方で誰が敵なのかよーわからん展開 w=ウイークリー日記-2009/11/17~11/23
11月17日
●──財務省主導しかも目先のゼニ勘定しか見ない市場原理主義に染まった事業仕分けに「NO!」の声を! 文科省“反論”募集HP http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

●──しかし誰が味方で誰が敵なのかよーわからん展開 w それも又楽しい激動期かな。しかし当面の敵ははっきりしてる。
 与党とその周辺、特に事業仕分けに巣くう市場原理主義者と彼らを応援するマスコミ。

●──右大いに頷く→「(事業仕分けでは)環境や温暖化の予算をそのままにして、他の研究分野のほとんどを大削減しています。これでは民主党案は亡国の謀です。基礎科学分野の予算は驚くほどの勢いで、しかも驚くほどの金額を削って行っています。これでは大規模な頭脳流出は避けられそうもありません。」
 そして「日本のような国は人材を育てずして、一体、何によって立っていこうとしているのでしょうか?」と。まったくおっしゃる通りでは。
 以上二つは以下URLのみかんちゃんさんのコメントからです。対談 「日本再生待ったなし 第1回」 2009年11月11日 高橋昭一代議士 vs 藤原直哉

11月18日
●──民主党はマニフェスト自家中毒。ナゼ自分達が先の総選挙で選ばれたのか全く見えていないようで。小泉カイカク的なものを否定してほしくて選んだら、ゾンビのように小泉政治の亡霊が甦ってしまったというわけ。

 前原大臣とか枝野議員とか都会育ちの偏差値世代オボッチャンは(ってオレもか?w)、先の総選挙の大勝で舞い上がっちゃってんだろ。ちょっとアタマ冷やせよって感じ。

 小泉元首相はメルマガ発行で「新しさ」を装い、民主党はネットによる双方向のやりとりという「新しさ」をアピールしてる。基本的手法はどちらもよく似ていて、実際に政治の現場でやってることは日本弱体化と「効率化」「民営化」という名の公共インフラのパルクセール。

●──「効率」と「ムダ」を対立的にとらえる視点って20世紀っぽい。「官」と「民」もそう。

●──そういえば一昨日小野洋子氏がNHKテレビの「スタジオパークから」インタビューで日本の空気について触れていた。
 湿気を多く含んだ曖昧さ--欧米の強固な自我を体験してきた人達にはそれがまだるっこかったり、反対にほっとしたりするみたい。

11月19日
●──拝啓藤井財務相サマ。9月末、外貨準備高が過去最高になったそうで、これって紙切れになりつつあるドルに日本人が稼いだカネを貢いだってことでしょ。財務省ともども日本国民ではなくアメリカのしもべなんですね。

●──社会の工業化・情報化が進んでいくと人々の個々の要求に応えていかないとモノは売れなくなる。効率重視のマス生産ではダメ。民主党の前原氏や枝野氏らはそこが見えてない20世紀型の古い政治家だろ。
 社会全体として少数者(障害者や難病の患者さん等)をフォローせざるを得なくなる。そこが民主党の偏差値世代議員さんたちには見えていないのでは。

●──今回事業を仕分けられる側にまわった元宇宙飛行士毛利さんが、官僚的な上から目線や、財務省主導が明らかな事業仕分けのやり口を告発されていた。もしかしたら意識的に取り上げられた自民党寄りの発言だったのかもしれませんが、それでも毛利さんと報道したNHKに拍手。

●──しかし民主党の偏差値世代議員と仙石大臣の勘違いがはなはだしい。ところで「郵政米営化」という鋭い言葉を発明された小林興起議員が最近表に姿を現しませんが、どうしちゃったんだ?
 報道ステーションつかテレ朝は郵政民営化見直し法案をよっぽど通させたくないようだな。しかし時事通信の田崎氏ってなんなんだ?

11月20日
●──デフレに金融政策で対処しようとしてる菅大臣。そういうマネタリスト的発想はもはや時代遅れ。株価も反応してるじゃないの。誰が経済の指南をやってるんだ?

●──「アセンション」って神や宇宙人による外的なものでなく、我々の中にあるエゴイズムの問題。

11月21日
●──政権変わってからもまた強行採決って、やっぱ小選挙区制は改めたほうがよろしいのでは。

●──地球や物質的富(お金)の有限性が多くの地球人に明らかな2009年だからこそ… RT @metakit Twitterが示しているのは「ストックからフローへ」という大きな流れだろう。「アルゴからライブへ」という。 #深呼吸_
 モノよりコト重視の時代へ。もしかしたらこれは他者との関係性を重んじる日本人の得意分野ではありませんか?

11月23日
●──RT @metakit 「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」が来た。「11月11日(水)の行政刷新会議事業仕分け作業の結果、一般用薬類似医薬品(OTC類似薬)(漢方・ビタミン・湿布薬)を保険給付からはずすという財務省案にワーキング・グループ15名のうち11名が賛成」

●──強く同意→「そもそも、今は予算カットではなく、大規模な景気対策をやるときなのだ。デフレの恐ろしさを知っていたら一時の猶予も許されない。放置すれば少なくとも年間数千人もの人を経済苦で自殺に追いやってしまう。」
日本経済は鳩山デフレに突入(小野盛司): 神州の泉より

●──昨夜フジテレビ特番でたけしが珍しくまっとうな事を言ってた。
 今まで酷かったんで新しいの選んだらそれもまた酷くて、国民は二つあるうちどっち支持して良いんだかわからなくなってるのが今だ、と。
 同じ番組内で爆笑問題太田が橋下大阪府知事に、有権者が悪いとかお前に言われたくねー、と半分マジで噛み付いてたのにはわろたw。

 以上ここ1週間のtwitterでの書き込みを転載。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-11-23 00:06 | ウイークリー日記


<< デフレについて動きがありました...      行政刷新会議「事業仕分け」には... >>