2009年 12月 13日
困った「市場原理“信仰”者」クン。
 池田信夫氏とかいう市場原理主義かぶれがユニクロを擁護してるようだが、自由貿易マンセーな時代遅れのアナクロニスムにしか見えません。市場原理に対する知的な吟味を行わない単なる信仰にすら感じてしまう。まったく困ったものだ。

(以下twitterの書き込みから転載)
  • 池田信夫氏らしい主張だが、個人的には自由貿易至上主義は今やアナクロニズムにしか思えない。そもそも通貨元(げん)の人為的な安値のような国家のコントロールに対してどう思っているのか? http://agora-web.jp/archives/823680.html
    (雇用がどーたらってとこ読んで、経団連そのままな主張に、マクロでの生産(供給)と消費(需要)についてちゃんと理解してらっしゃるのかとお口あんぐり…w。「マクロでの供給と需要なんてのは今流行の経済学じゃない」と言って排除されるのかな?w)

  • 八代尚宏氏が政府の要職から消えてせいせいしていたが、池田氏のような悪しきグローバリスト系論客はまだデカイ顔してんのね。

  • GMを擁護する気はさらさら無いが、そもそもGMが経営悪化したのは怪しげな金融に手を出したせいじゃないのか。 RT @namekawa01 保護主義は麻薬だから怖い:〔日本車に対して〕「貿易摩擦」を言い立てて日本からの輸出を妨害したGMは、経営破綻しました。 - 池田信夫 http://bit.ly/6I20cn

  • 由貿易には安い石油が前提にあるとこに誰が儲けたいかが現れてますねw RT @fujifuji_filter: 自由貿易とは、世界中の富を独占しようとする者のたくらみだと思います。

  • 池田氏のような市場原理『信仰』者は理性を放棄した方が多いようですね(笑) RT @souun_udoku: @te2ha 消費者=生産者という視点がありません。純粋消費者がいるとでも? ほとんどの人々が生産者としてもらった給料だけを消費に回すのが近代。

  •  戦後、冷戦という不自由な条件があったが故に日本の「自由貿易」は成功できた。冷戦が終了したことで獲得した更なる自由は日本の多国籍企業には利したが日本人全般にはどうだったのか。

  • 「行政、政治を担う者も、農業者も、いったいWTOとは何ものなのか、真剣に、正確に認識を改め、深めていくことが大切でしょう。」by 内橋克人氏

  •  「世界同一基準で市場化・自由化していけば世界から貧困が消滅するという世界市場化の戦略ですが、世界の現実は全く逆です。キャッチフレーズ通り実行したメキシコでは農家が貧困化し、貧困の拡散、世界化が進む。貧困の解決ではなく、貧困の拡散を進めているのがWTOの本質です。」by内橋克人氏

  • 情報ありがとうございます。 RT @souun_udoku @te2ha メキシコ:自由貿易は貧困軽減に失敗http://sun.ap.teacup.com/souun/107.html

  • RT @souun_udoku @te2ha WTOとは何だろう?http://sun.ap.teacup.com/souun/49.html


[PR]

by darsana-te2ha | 2009-12-13 18:00 | 世界情勢


<< なんかなあ…。「日本の米国債保...      読者の皆様にお知らせとお詫び >>