カテゴリ:未分類( 6 )

2008年 06月 24日
すいません、私事ですが…



今月末に本業のほうの展覧会を控えておりまして、準備で何かと大変になっております。しばらく更新が滞るかもしれませんが、お許しください。

 東京近郊にお住まいの方々で、お時間ございましたら、展覧会をぜひご高覧ください。

 下記に詳しい情報が掲載されております。6/30(月)~7/6(日)(7/2(水)休廊)PM0~PM7(最終日のみPM5まで)@東中野:ビタミンTee-ショップ&ギャラリーで行います。

http://www.darsana.biz/DARSANA/darsana_news.html

 ちなみに私本人は月・土・日に会場におります。お気軽にお声をおかけくださいませ。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-24 01:29
2008年 05月 17日
お詫び。
 すいません、パソコンの故障と、それに伴う買い換えで各種セッティングが大変で、なかなかブログのほうに手が回りません。

 今しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-05-17 10:48
2006年 01月 29日
昨年クリスマスに出されたブッシュ暗殺の予言
「ブッシュ暗殺は来年に延期 パリで一大テロ件 チュニジアの天文学者が予言/アラビア・ニュース」

 科学的信憑性はさておき、予言通りブッシュが暗殺され、それに合わせ例えばヘッジファンドがドルを大量に売る等、経済、金融にゆさぶりをかけられたら、アメリカは一瞬にしてヤバイことになるのでは? アルカイダの次のテロ標的は金融かもしれない、なんて勝手に妄想。

 今のように力ずくで世界秩序を作り、自国の利益にかなうようにさせてるアメリカは、末期のソ連に似ているという説もあります。日本はいち早く力の前にひれ伏してしまったが、ソ連の後ろ盾を失い民衆から突き上げをくらって命を落としたルーマニアのチャウシェスクのようにkoizumiもしくはAbeがなってしまう可能性はゼロではないかも(日本では流石に殺されることはないだろうが政権から引きずりおろされるとか)。経済政治の混乱がしばらく続くだろうが、長い目で見たら日本や世界にはいいことかもしれない、とも思ったりしますが、こんな妄想、過激過ぎますかねww。

Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-01-29 00:27
2006年 01月 23日
やはりアメリカの手引き?
(↓↓昨日の日記のコピペです)

今回の突然の家宅捜査ですが、規模やタイミングから考えて、何かバックに大きな力が働いていることを感じるのは私だけでしょうか? 以下、それについての考えを、まだメモ書き程度の状態ですが書かせていただきます。

・ネット上に小泉首相/飯嶋秘書黒幕説も出たが、昨年の郵政民営化法案成立と米産牛肉再解禁で小泉のお役目は終わったのではなかろうか。現在のアメリカの興味は次期総裁の人選(しっぽをふって米国の言うことの聞いてくれる次の「ポチ」は誰か?)であり、その人物に対抗する人物の情報収集、メディア操作(「ポチ」の持ち上げと、「ポチ」に対抗する人物のスキャンダルのリーク等)の準備であろう。既に小泉はカヤの外であり、今回の一件で武部とホリエモンの親密な関係がスキャンダルになっても、アメリカには大したダメージにならない。

・かの屈辱的なアメリカによる「年次改革要望書」によって、近く解禁になる外資による日本企業へのM&Aへの布石ではないだろうか。
日本の新興ベンチャー企業より、アメリカのファンドのほうがよっぽど安心、安全ですよ、というイメージを日本国民や株主にそれとなく植え付けるための洗脳の第一歩なような気がする。
当面のアメリカの目標は、郵貯の次に日本企業のM&Aだろう(「年次改革要望書」にある「外国弁護士に対する提携の自由の確保」もM&Aの法廷闘争においてアメリカ側に有利に事を運ばせるための必須アイテムだと思われる)。

ということで、今回の大がかりな捜査の黒幕はアメリカ政府と見ていますが、うがった見方でしょうかね。如何でしょうか?
(ライブドアを擁護してるわけではありません。はっきり言って彼らのやってきた確信犯的犯罪には憤りを感じてますが、捜査のタイミング等不自然なことも多いので、上記のような考察をしてみた次第です。)

※「年次改革要望書」について参考にさせていただいたサイトはこちらです。

〔↑↑コピペ以上)

追記(1月23日):このままアメリカに日本を乗っ取らせてはいけません。アメリカ政府と金融会社がバックについてるといわれる大手広告代理店によってコントロールされた日本のマスコミは「年次改革要望書」のことすら表に出そうとはしません。また、為替市場での円売りドル買いという手を使ってアメリカ国債を日本に買わせることでイラク戦争の何十兆円という戦費を日本に負担させています。最終的に我々の税金で償還されます。
このような国辱的なことが許されていいのでしょうか?
外資がライブドア買収とのニュースを聞き、ある程度予想はされていたとはいえ、なるほど狙いはそれだったのか、と日本政府および、吸血鬼がごときアメリカに対して大きな怒りを禁じ得ません。

ところで、海外の口座同士でのやりとりというのは、日本で贈収賄罪としてちゃんと成立し、立件が可能なのかな?
Excite エキサイト : 主要ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-01-23 23:02
2006年 01月 03日
謹賀新年。
何も書かずに2ヶ月たってしまった。やれやれ。

三が日、子どもは元妻の実家に行ってて久しぶりに一人でのびのび。夕方友人と会って久しぶりに焼肉たらふく食った。ビールがうまかった。a0054997_243273.jpg
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-01-03 02:45
2005年 10月 30日
とりあえずスタート。
順次整理整頓してきます。
[PR]

by darsana-te2ha | 2005-10-30 16:38