カテゴリ:いろいろ感想文( 107 )

2008年 09月 17日
小泉改革や新自由主義の行き着いた先。お金のあり方の再考の時かな。
 アメリカに見習ったグローバルな経済構造にすれば日本も立ち直る、と言って進めてきた「小泉改革」。
 アメリカの金融資本主義のなれのはてがリーマンやAIGの破綻。これこそ日本が目指してたものの行き着く先でしょう。

 騙して脅してかき集めた金を、『儲け』という砂上の楼閣作りにせっせと流し込んで、とうとうその重みに耐えかねて根元から崩れちゃった、というわけで。

 それでもアメリカは最強だと言ってやまない、マスメディア上のエコノミストさんや外資族系政治家さんetc..

 AIG破綻で外資系の保険の宣伝が減ってくのでしょうね。広告主さまが変わればそれにつれテレビや新聞の論調も変わっていくのかな。正義だ改革だと偉そうなこと言ってきた日本の大手マスコミのレベルなんて、しょせんその程度のレベルなんでしょう。

 お金の使い方や流し方を、国レベル・世界レベルで考え直す良いチャンスですね。少なくともお金に全くかかわりあいに無い人なんていない筈ですから。

 もっと暖かくてゆったりした世界や日本になってほしいですわ。


(竹バカ…もとい竹中氏の次なる御託宣は、どうなるんですかね? 日米政府の対応の差、みたいな話になるんかな。できれば「お仲間」である日本の財務省をもっと批判してちょw。)
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-09-17 22:55 | いろいろ感想文
2008年 09月 01日
9月7日(日)開催の平和イベントのお知らせ。&懐かしのパフォーマンス写真
 下記CULTURE DRONE人脈の若き平和の戦士・SISI嬢が仕切りに参加してる平和イベントがこの9月7日(日)に千駄ヶ谷の明治公園で行われます。CULTURE DRONEに参加したアーティストも何人か出るそうです。
今年で7年目となる9月7日(日)明治公園でのイベントBE-IN。
自分達で育てた花を配って表参道をパレードしたり
原爆の残り火で灯す約30メートルのピースマークをキャンドルで
作ったりと他の祭じゃ見られない企画盛りだくさんのBE-INですが
今年は生きるエネルギーやパワーをテーマに展開していく予定です。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3392312より)

だそうです。
 詳しくは公式サイトへどうぞ。
http://be-in.jp/pc/index.html

a0054997_21473524.jpg



_______________

 上記だけではちょっとさびしいので、以下オマケ記事です。

 夏休み中に古いネット日記を見ていたら、自分のパフォーマンス画像が出てきました。面白いのでアップしてみます。どちらも3年前の夏のものですね。

 上はCULTURE DRONEでの山手線内のパフォーマンス。そんなふうには見えないかもしれませんが、いや、けっこう恥ずかしかった記憶が(笑)(CULTURE DRONE参加のルーマニア人アリン撮影)。

 自分が政治経済の本を読むようになったきっかけの一つに、このCULTURE DRONEのプロジェクトが進行してるときに、若いアメリカ人アーティストから「ナゼ日本人の特にサラリーマンは死んでしまうほどハードに働くんだ?」と疑問をぶつけられたというのがあります。
 日本人の国民性もありましょうが、先の敗戦後特に日本がアメリカの属国として富を収奪されてきたという事実に客観的に気付くようになりました。
 また、2005年当時大きく進行していた「小泉改革」というものが、その構造を更に加速度的に進行させていたことも知ることができました。
 こんな政治経済のことを中心に書くブログを始めたのも、このCULTURE DRONEプロジェクトがきっかけとなっています。
(このブログを始めた頃のこちらをご覧いただくと、そのへんの経緯がよくご理解いただける内容となっています。生硬い文章でちょっとお恥ずかしいですけど(笑))。


20050813.jpg


 下は、ちょうど同じ頃、2005年6月に阿佐ヶ谷での「一発目はとにかく出す」でライブペインティング。ラッパー+ターンテーブル&生バンド(くにぽえ)の音をバックにやりました(Keityさん撮影)。

20050604.jpg
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-09-01 21:13 | いろいろ感想文
2008年 08月 28日
ISAFに自衛隊を引きずり込むための工作だったりして…
 殺害された伊藤さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 このニュースに接したときに最初に感じたのは、自衛隊をアフガンでのISAF(国際治安支援部隊)に引きずり込むための日本の世論工作が目的だったりしないのか、ってことです。

 素人のうがった見方かもしれませんが、アフガンへの自衛隊派遣を正当化するための、タリバンを語った諜報員のヤラセではないか、なんて見方をしてしまいました。目的は日本の世論操作です。タリバン憎し、自衛隊が守らないと民間人の活動も危険だ、みたいな世論を作るための材料というか。
 当事者であるペシャワール会が、今回の事件について、拉致グループが「地元部族住民で、タリバンとの関連は薄い」としているところも、ジツに情報戦の一つではないかという気がしてしまいましたし。
 ペシャワール会の中村医師が以前「SIGHT」誌のインタビューで、自衛隊のような軍隊が入ってきたほうが地元民から反目が生まれ、かえって危険だっていうことをおっしゃってたのを記憶してるのですが…。

 自分たちのコントロールできないところで、ペシャワール会がアフガンの深部に入り込んでいることに、日本の外務省やアメリカはあまり良く思ってなかったのかもしれませんね。

 そんなとこから鑑みると、NATOやCIAは勿論、日本政府が資金面等でウラで関与してたり、もしくは事前に情報を知らされていたなんてことがあったら、恐ろしいんですけど…。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-08-28 00:00 | いろいろ感想文
2008年 08月 25日
テロも起きず、ひとまず北京オリンピックが無事終了しましたね。
 東京は昼ごろから雨。オリンピックも今夜で終わり。何かと問題もありましたが、ひとまず成功おめでとうございます。

 B・フルフォード氏もご指摘されてましたが、アジア(ユーラシア)時代へのシフトが、今回のオリンピックをきっかけに益々大きな流れになっていくのでしょう。

 我々の子ども時代から続いてきて当たり前だと思っていた欧米中心の世界は、これから短期間で大きく変わっていくはずです。これまで発展途上国と言われてきた国々が益々力をつけていくはずです。経済界の一部では既にシフトが始まっているのかもしれませんが、我々の頭の中の世界観も変えていかないといけませんね。

 小泉・竹中&自公・霞ヶ関官僚・経済界が中心に行ってきた、愚かなアメリカ追従売国政治経済体制の見直しを急速に進ませないと、ユーラシアの縁にあるというわが国の地の利を生かすことなくアメリカとともに没落していってしまう筈です。

「深呼吸する言葉」にさっき書いたフレーズ。
実際の年号より10年ばかし遅れたけど、

やっと「20世紀」が終わろうとしてる。

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-08-25 00:21 | いろいろ感想文
2008年 07月 23日
ほんと身近なとこで起きちゃいました、八王子での無差別殺人。「効率化」の果ての疲弊した社会。
a0054997_2338524.jpg


 うちの子どもも時々利用する京王八王子で無差別殺人が起きたので、背筋が凍りました。被害にあわれた方々には心よりお見舞いと、ご冥福をお祈り申し上げます。
 犯人に対しては怒りがこみあげてきますし、彼を擁護する気は毛頭ありませんが…。

 『今は一種の戦争状態で、弾はどこから飛んでくるかわからない状態』とネットラジオで聞いてなるほどなと思いました。

 今回の犯人のような弱い人間が最後のひとふんばりをしようという気持ちを萎えさせる、余裕の無い社会に日本が成り下がってしまったということでしょう。いつどこで誰が暴発するかわからない社会になりつつあるということです。「効率化」の果てに待っていたのは、ごく一部の肥えていった金持ちと、その反面疲弊していく大多数の国民、という今日の状況です。
 赤字財政の恐怖をことさら煽り、緊縮財政を布き続け経済や社会を弱体化させてしまった、政府による失政が明らかに大きいと思います。

 はたして本当に日本が狙われてるかも定かではない「テロリスト」より、こういう犯罪をもっと予防してほしいです。サミットの時あれだけ警官を動員できたんだから、その予算でうまくやれば出来るはずだと思うんですが…。

 日本の政官財トップのバカっぷりにはあきれる。自分たちの利権まみれで国民のことなんか二の次なんでしょうな(中指)。
 終戦時にソ連軍を前に一般住民を置いたまま一目散に逃げた関東軍みたいなもんでしょう、今の政官財トップのサディスティックなアメリカかぶれの方々ってば…。


森田実の言わねばならぬ【500】より
 アメリカは新自由主義政策を日本でも実施しろと言う。アメリカは日本の経済情勢を分析して、日本をどう上手く使うかということを研究しています。最大の狙いは、日本人の巨額の貯蓄をアメリカのために使わせるということです。日本は小泉構造改革政策の下で低成長になる。マイナス成長となる。成長政策はとらせない。そうなると日本にある金が余ります。その余った金でアメリカ国債を買わせる。さらに余った金をアメリカ経済に投資させる。日本国民の金をアメリカが使っていたのです。そして、これに大蔵省=財務省は乗ったのです。アメリカと小泉内閣と結合することによって大蔵省=財務省は強くなった。アメリカが要望する構造改革の下、大蔵省=財務省の財政削減策を小泉元総理は全力で実践した。これによって安定した日本を解体してしまったのです。それがいまの状態です。地方を切り捨て、貧しい人たちを切り捨て、若者を切り捨て、高齢者を切り捨て、切りまくっていった結果、日本を二重構造社会にしてしまったのです。


神州の泉 中川秀直氏著『官僚国家の崩壊』を批判するより
あの郵政選挙はメディアが米系保険会社の資金を背景に世論誘導したものであり、小泉氏の「命がけ」の真剣さはアメリカに追い込まれていたからに他ならない。つまり、国民のための真剣さではなく、国益を明け渡す約束の履行を迫られた上での真剣さであった。過去を美化する傾向は誰にもあるが、小泉政権には美化の要素はまるでない。この政権が五年半稼働したせいで、本来なら生じなかった尊い人命の犠牲が多数起こっており、避けられた多くの企業倒産が起こっている。結果的に国民生活は逼迫した状態に置かれた。

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-07-23 21:07 | いろいろ感想文
2008年 06月 29日
新自由主義者の本質。お金という繭に包まれていたい一種の自閉症でしょう。
 某所での、自称新自由主義者さんのご意見を傾聴してて感じたことですが…。
 かねてから、フリードマンはじめ内外の政・官・財・学・マスコミの新自由主義「信者」に対しての私の感じていたことを思い起こさせられました。

 お金という慣れしたんだ呪物のみを愛で、他者との直接的な接点を持とうとしない人の思想が、新自由主義ではないかと。

 使い方によっては他者に対して高圧的なものとなる、お金という呪物の繭にくるまれ、他者との本質的なコミュニケーションを拒絶する、という一種の自閉症。もしくは悪い面での“ユダヤ”症というか。差異や他者に対する鈍さ、でしょうかね
 多国間に離散したユダヤ人たちは、生産の基盤を持たず、それぞれの地域にいる他民族の人々からのオコボレに預かるしか生存の道が無かったし、そのためにはそれぞれの地域で得たオコボレというか富を測る共通の物差しが必要不可欠だったわけで…。そんな物差しとしての用途と、他者からの効率的な富の収奪の方法としての金融こそ彼らのサバイバルのツールだったんですよね。今や国際金融資本やグローバル企業が、国境を越えた物差し兼富の収奪の手段として利用しているのが、そんなユダヤの知恵なのでしょうけど…。

 他文化や他者の持つ差異に対する鈍さ、ですよね。なんでもかんでもお金という物差しで計量することが正義だと勘違いしている。お金は数ある物差しの一つでしかないのにもかかわらず、です。ここんとこの日米での勇ましい方々の声を聞いてるとまさしく当てはまってしまいますがw。

 また、内外の新自由主義者たちが、上記のことがらに対し自覚無く並び立てている御託宣のむなしさに、哀れみを感じるのは私だけでしょか?
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-29 18:59 | いろいろ感想文
2008年 06月 14日
岩手・宮城内陸地震で思ったこと。「利益の最大化」や「効率化」の行き着く先は?
 今回の地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。


 今回の地震の映像を観て思いましたが、日本ってもともと自然災害の多い国なんですよね。そのために日ごろからの準備、予防が必要なんだろうと思います。それは都会・地方に関係なくです。

 『これまでのように、「利益の最大化」や「効率化」の錦の御旗のもとに国内の実体経済よりグローバルな金融市場(私ふしぶじゑから見れば単なる賭場)に、お金を流していくことで、国内経済の弱体化を今後も進めていくと、今回のような自然災害でもっと大変なことになりますよ。』
っていう自然からの警鐘に思えてしょうがないのですが…。

 経団連の会長が輸出中心製造業のトップがずっとやっている、ってことも問題ありなんでしょうね。 政治家も官僚も彼らのパシリにしか見えないし。
 困って死ぬヤツは死ねばいい、足りない分は海外からの移民で補うから、そのほうが賃金も安いし、ってのが彼らの本音なんでしょうかね。

 というわけで、アメリカの下請けみたいな国のあり方から一日も早く脱して欲しい、と地震の被害映像を見ていて思ってしまいました。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-14 13:30 | いろいろ感想文
2008年 06月 09日
徒然に一言。IT化・グローバル化について。
 IT化もグローバル化も、金持ちが効率よく情報を収集して金儲けをやりやすくしよう、というのが主目的なんでしょうね。

 「世界を一つに」とか言ってるのはそれを隠すための方便にしか過ぎないんでしょう。
 そんなプロパカンダを鵜呑みにして『改革』を押し進めようとしてる方々は、利口なのかバカなのか?


 も一つ。
 大型連休明け以降、「人身事故」で電車止まるの増えたよなー、なんて思っていたら今日の秋葉原の通り魔事件。
 ここ何年もずっと続いた殺伐とした社会のあり方がボディブロー的に人々の心理にのしかかっている上に、ここ最近の景気停滞感が最後の一撃的に効いているんですかね(実際犯人の男は、今月いっぱいで派遣先の自動車部品工場から首を切られることになってたそうです)。

 他人に迷惑かけるってのは生きてる以上誰でもあることだけど、ちょっと一人よがりすぎるというか、自分可愛いがりすぎじゃねーか、と思ってしまいます。
 一般国民・政財界のトップ双方の過度のナルシズム社会というのは、戦後の教育や社会のあり方の「成果」なのかもしれませんね。
 
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-09 00:32 | いろいろ感想文
2008年 06月 07日
ヤラセなのか本気なのか? 内輪の喧嘩にしか見えないんですがw。『自民が古舘コメント批判』
 自民党、特に安倍前首相の応援番組にしか思えない「報道ステーション」に対して、自民党が苦言って、これよくわかんないんですけどw。
 自民党内での権力構造に変化でもあったんすかね? もしくは注目をひくためのヤラセなんでしょうか?
 いずれにせよ、お互いで悪いとこ暴露しあって共倒れとかしてくれると日本の為かもw。今後、両者の談合で手打ちなんてことが無いよう、お互い徹底的にやるとこまでやりあっていただきたいw。

 自民党・テレ朝双方に末期的症状が出てきてんですかね。
 そもそもこの景気後退期に緊縮財政を推し進めてる今の内閣に対して、なんの批判も無い与党も、よもや「終わりの始まり」って気がしてしょうがないんですけど…。ソ連崩壊とそれにともなう東欧の混乱を彷彿とさせる、昨今の永田町の風景です。

自民が古舘コメント批判、テレ朝撮影禁止。 ニッカンスポーツ・コム芸能ニュースより
自民党は6日までに、テレビ朝日「報道ステーション」のキャスターが後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に絡み「国民に誤解を与える発言をした」として、同局側に抗議するとともに、党役員会などの撮影の無期限禁止を通知した。

 自民党によると、番組は3日の党役員連絡会前に出席者が談笑する映像を使用し、古舘伊知郎キャスターが「よく笑っていられますね。偉い政治家の人たちは」とコメントした。

 細田博之幹事長代理は「後期高齢者医療制度で国民に過重な負担を強いているにもかかわらず、あたかも自民党役員が笑っているとの誤解を与えた」と批判した。

 [2008年6月6日11時54分]

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-07 18:19 | いろいろ感想文
2008年 05月 26日
閉塞感とヒステリーに苛まれたこの日本に風穴を開けるためのアクション、になってくれると良いんですが…。
 (今回、個人的な告知になってしまい申し訳ないのですが…)

 ネットで叫んでいただけでは届かないことって沢山ありますよね。

 国境を越えたARTグループ・CULTURE DRONEで、一緒に活動をやったsisi嬢の主催する9月の平和イベントのお手伝いをすることにしました。
 今年はsisi嬢のディレクションで、昨年に比べてART的要素を入れてくそうなんで、楽しみです。

http://wwwsisi.exblog.jp/7949427/

 もしご興味がおありの方々がいらっしゃいましたら、メッセージを書き込んでってください。よろしくでございます。

--
追記:
 ところで、「ART」っていうと、すこぶる欧米的な概念なんですけどね。それに、現代のART界をコントロールしてるのは、それこそロックフェラーやその他欧米の財閥の下部組織だったりするわけで。
 そういう隠れたピラミッド構造に対する自覚なしに、欧米のARTシーンを賛美し日本は遅れてる、みたいなこと言う方々って過去の自分に対する反省もあってか、ちょっと苦手というか批判的になってしまうんですけどねw(とはいうものの作品レベルでは、欧米に素晴らしいものが数多くありますけど…)。

 個人的には江戸期の日本のような、神社仏閣の建築や装飾物や浮世絵みたいな用の美、日常の中の美みたいのを理想とするんですけどね…。
 神社仏閣の彫り物のような、無名の職人が作ったものでも凄いものとかありますからね。西洋的な個の主張を離れたところで(職人同士での個人的な競い合いみたいのはあったんでしょうけど)、ピンと張り詰めた作品を作れちゃうとことか素晴らしいです。見習いたい日本の伝統かもですね。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-05-26 20:46 | いろいろ感想文