<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 28日
無党派、神社お参りフリークから見た先の大戦&靖国神社考-1
 タイトルにあるとおり、無党派、神社お参りフリークから見た先の大戦と靖国神社考、である。戦争や靖国についての素朴な疑問をちょっと書いてみたい。ただ問題が、今日びの世相を鑑みるに、実に微妙な問題なんで、発表すべきかどうかさんざ迷った末のアップなんすけど。
 歴史事実に関しては浅学ゆえに、間違った部分が多々あるかもしれないが、ご容赦いただくとともにご指摘をいただければ幸いです。

http://bugswebblog.at.webry.info/200506/article_6.htmlより
(以下引用)
もちろん開戦は、避けたほうがいいにきまっている。避けられなかった為政者に開戦責任があることも、あるいはその責任は 昭和天皇に及ぶかもしれないことにも、わたしは同意できる。開戦を回避できなかった責任はしかし、開戦の理由が正当なものか、不当なものかの議論とは別なものである。日本の開戦理由の検証や理解にまで深入りすれば、それは、もちろんアヘン戦争にまでさかのぼる東アジアの歴史と密接に関連した話題なのだが、けっして国家犯罪でもなければ、侵略戦争でもなかった。その開戦理由を理解していない、あるいは理解はしているのだが、アメリカを中心とした現在の国際関係のなかで、それを主張すべきではないという考え方までもをふくめて、戦後右翼と呼べると思う。
(引用以上)

 この方のブログは、あれ?と疑問に思うことが時々出てくるが、こと上記については、全く同感である。
 ただ、開戦の理由に正当性があるにしても、戦争の遂行や植民地経営によって蹂躙された人々が現にいることは、まぎれもない事実なのではないか。 
 開戦や植民地化の理由さえ正しければ何をやっても良いことになってしまう。戦争とはそういうものだ、という意見もあろうが、いうなれば業務上過失致死、傷害であっても、反省をし相手を慮るというのが、地球上の数ある民族、国家のなかでも大人の部類に入るであろう日本人の役目ではなかろうか? 諌めるところは諌め、聞くべきところは聞くというのが、大人の対応である。ちょっと間違いを指摘されただけで、自虐史観だアカだなんだと罵倒するなんてのは単なる子どもである。自らの間違いは間違いとして認め、正しきところは正しきこととして、堂々と認め合うのが大人としての日本人の正しい姿なのではないだろうか。
 相手といっしょになってわめきあっているのは、単なるガキの喧嘩でしかない。大神様達は御心が広くていらっしゃるので、大目に見てくれるかもしれないが、そのようなふるまいははっきり言って日本の恥、アジアの癌と言っても過言では無いのではなかろうか。
 嗚呼嘆かわしきことかな。

 先ほどの引用は右寄りの論客の方のブログからだったが、下記は逆に左寄りの方のご意見だが、戦中戦後の日本の分析としては全く正しいと思う。共栄圏の理想はスバラシかったし、開戦はやむを得なかった面が大きいが、遂行された実態は、当時の日本人の脇の甘さや視野の狭さが現れてしまったということではなかろうか。対アジアの各国にしろ対米英にしろ、相手をよく理解していなかったということではなかろうか。他者との関係性の中で自己は決定されるのである。国においてもそれは当てはまるはずである。
(以下引用)
その意味で、戦前の「大東亜共栄圏」はその名称とは裏腹に日本のナショナリズムの拡張でしかなかった。一国のナショナリズムの拡張でアジア的な共同体を形成しようとする限り、別個な共同体の論理で生きている他民族の抑圧(侵略)にしかならないのは当然だ。京都学派を中心にした戦前の「近代の超克」も、結局は日本のナショナリズムに足をすくわれてしまったのである。
(引用以上)

(続く)
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-28 01:06 | いろいろ感想文
2006年 02月 26日
昨今の右寄り世論と古事記の天宇受売神(あめのうずめのかみ)
 ネット上でも、マスコミ上でも、ヒステリックで排他的、攻撃的な意見がよく見られるようになった今日このごろ。経済的にも、政治的にも、法律的にもギスギス余裕が無くなってきていることの証左か。

 古事記にあるように、天照大神が機嫌を損ねお隠れになったとき、天宇受売神(あめのうずめのかみ)が天岩戸の前ですっぽんぽんになって踊りをしたことで、大神が機嫌を直され、再び姿を現したという神話を持つのがこの日本じゃないですか。
 確かに、アングロサクソン的“グローバリズム”や“中華”共産政府に対抗するのに力が必要かもしれないが、額にしわよせたキリスト教選民原理主義や唯物思想に対抗するのに、同じ土俵で相撲をとることが、はたして今後の日本の勝利につながる事なのか。

 天宇受売神(あめのうずめのかみ)の裸踊りのような、おおらかな反撃にこそ勝機があると、個人的には考えているが…。

 このまま、排他的でヒステリックな“愛国”が跋扈するようだと、近いうちに第二の“昭和二十年八月十五日”を迎えてしまうのではないか。日本の現状を憂い、告発することが“自虐”などという意見が大手をふるっているのは、大本営発表の戦勝報道を鵜呑みにし、戦争に対して疑問ををとなえる意見を非国民とバッシングしたことと、いささかも変わっていないのではと思えてしょうがない。

 オカルティックな観点から眺め、国家的カルマというものから考えてみると、蹂躙された側、植民地にされた者の気持ちを、我々日本人に理解させようとする不可避的な見えざる力が今の日本を動かそうとしていると、思わざるをえない最近の政治経済の動きである。

 過去の自民党政治には、アメリカの言うことを聞きつつも、その中で最大限の日本の国益を引き出そうとする意志があったにもかかわらず、特に'85年のプラザ合意以降、日本の国益は二の次で、政治家や官僚の保身が第一だという方向へ舵をきったのではなかろうか。行き着いたはてが小泉首相と竹中大臣である。当ブログで過去に書いた『日本がアメリカの植民地にされてしまった』というのは自虐でもなんでもない単なる事実認識にすぎない。それに気がつかない人々が、右左関係なく提示されたこの国についての本質的な議論を卑近なものに貶めてしまっているように見える。まことに嘆かわしいことである。

 天宇受売神(あめのうずめのかみ)の踊りが今こそ必要な時であると考えるが、今の日本では理解され得ないであろうと悲観せざるを得ない今日この頃…(抽象的ですいません。比喩的表現だが、要は素っ裸で踊りを踊って相手に喜んでいただくということである。武装して無理やり引きずり出すのでもなく、どこかから金品を持ってきておびき出すのでもなく‥)。
 話はいきなり跳躍するが、やはり御所が東京にあるということは、日本の政治、文化にとってはおおいなるマイナスなのかもしれない。速やかに京都に御所をお戻しいただくよう希望します。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-26 17:04 | 世界情勢
2006年 02月 25日
オリックス宮内会長。 ライブドアホリエモン、そしてナベツネ氏。
 一昨年の近鉄買収のころは、ちょうど村上ファンドが日本経済界への外資本格参入の露払いをやっているのと同じように、旧来の読売主導のプロ野球界にゆさぶりをかける実働隊として、ライブドアを利用していたのかもしれない。実際、問題の収拾をしたのはオリックス宮内会長だった。
 ところが、その後日本放送やフジテレビの乗っ取り、政権与党へ深くかかわっていったこと等で、自分が持つ利権がおびやかされることに危機感を持ったのか、外資からのおこぼれが本格的にやってくる前になんとかしようと思ったのか、ライブドア告発を、関連する政治家や官僚に働きかけをしていないだろうか。
 と、ここまで書いてちょっとググってたら、ライブドアの平松新社長は読売出身でナベツネ氏の息がかかった人物らしい。オリックス宮内会長(アメリカのエージェント)とナベツネ氏(日本民族資本)との間で、プロ野球や諸々の資本を巡って、お互い利用したりされたりで、せめぎあいの火花を散らしているのかもしれませんね。

 しかし、以前から訝しかったのは、一新興金融業の長がなんでこんなデカイ顔してるのか、である。なんかウラはないのだろうか。日本経済の破壊進行実働隊である村上ファンドのバックにいるというし。

 あの悪名高きエンロンの日本での共同経営を画策していたのもオリックス宮内会長だ。たまたま実現される直前にエンロンの不正が明るみに出て、それは中止になったが、政府の総合規制改革会議議長をし、外資参入の道筋を自らの手でつけているので、今後小泉&竹中によって成された「改革」によって生ずる利権を真っ先に確保することが可能なのが宮内社長であろう。イチローの才能は認めるが、彼のアメリカ行きと高年俸は、宮内会長による、アメリカ型社会礼賛プロパカンダの一貫なんではなかろうか。
http://asyura2.com/0406/hasan36/msg/471.html
(以下引用)
 宮内氏は、米国型に日本経済を改造することで、うま味をすくい上げていこうという哲学を経営に取り入れている、「アメリカの手先」である。アメリカのビジネス・インナーサークル(その最たる例が、アメリカ商工会議所の出先機関である在日アメリカ商工会議所=ACCJ、グレン・フクシマ系)と結託して、日本のビジネスをアメリカ企業に開放させ、そのおこぼれにあずかろうという発想で動いている人たちである。

 オリックスの宮内会長といえば、あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)の買収劇の際にも、サーベラスという外資系投資ファンド(代表は、ダン・クウェール 父ブッシュ政権副大統領)とのつながりが噂された。一部週刊誌では、宮内氏自身がサーベラス・ジャパンの、「アドバイザリーボード・チェアマン」に就いていながら外資参入を促す、「総合規制改革会議」の議長を務めている事実が暴かれた。
(引用以上)

http://www.k3.dion.ne.jp/~stm/KAKUBUKATUDO/SEISAKU/sogokiseikaikaku-kyokaisyutyo.htm
「今年2月小泉純一郎内閣総理大臣、石原伸晃規制改革担当大臣に対し宮内義彦氏の議長職解任を要求しました。
総合規制改革会議議長 宮内義彦氏の解任を求める」より
(以下引用)
資本主義においては、企業は国民の利益よりも組織の利益を優先します。利害関係のある生命保険会社を有するグループの代表者が、内閣総理大臣の諮問会議の議長職を務めていることは、企業の利益追求が優先され、真に国民にとって望まれる改革がなされるか疑問です。利害関係者が議長を務めることは国民への背信行為ではないでしょうか。
(引用以上)

 一介の新興金貸し業者が政府の総合規制改革会議の、それも議長なんぞにどうやって入り込んだのだろうか。ウラを調べれば何か出てくるかもしれない。蛇足ながら、この会議には石原伸晃氏も参加している。彼の父であり、かつて『NOといえる日本』を書いた石原慎太郎都知事は、昨年の衆議院選で、郵政民営化法案反対の急先鋒だった小林こうき氏の応援をドタキャンしたそうだ(http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1124134540/)。かつての著作とは反対に、すでにアメリカの犬に成り下がってしまっているのか、息子が大事なのか。最近目立つ反中発言に偏る彼の姿勢は、アメリカによる台湾がらみの中国攻撃をにらんでの種まきかも( http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h17/jiji050512_301.htm)。

 「構造改革」すなわち日本の外資参入の道筋作りの推進に大きな影響力を行使しているオリックス宮内会長に対して、もうちょっと厳しい目で見ていく必要性を感じています。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-25 02:34 | お金、政治
2006年 02月 24日
民主党はそのお坊ちゃんぽさ、オタク性を前面に出すべきだ!
 ゆうべ書いた「なんだかなあ…やはり前原代表はダメ代表だな。」の続きです。

 小泉・アメリカ追随・売国偽装政治のイカサマを暴きだすうえでも民主党には、頑張ってほしい。そこでひとつ提言。

 これは前原代表に限らず以前から気になっていたことだが、民主党代表の、いかにも無理して作りました、って感じの“強いリーダー”のイメージ。これを再考してほしいですね。

 前原代表が鉄ちゃんでSL写真を撮ってると就任当時報道されてた。そのオタクっぽさが、新鮮でいいと思ったが、実際は逆に、ふてぶてしい強いリーダーみたいなイメージを一生懸命作ってる。本人の意思なのか周りのアドバイスなのかは知らないが、それって自分の弱さを逆に強調して見せてるような気がしてならない。
 ここは、オタクとしての自らのアイデンテティに立ち返り、細かい数字や資料を材料に小泉政権をゆっくりと、しかも確実に追い込む手法をとってほしいな。オタク前原による執拗なボディブローこそが、最大の武器になると思う。強がった今の前原氏は、無理が表情の中に見え隠れしていてダメだよ。
 ただ、これまでの民主党のリーダー皆がそういう強さを前面に出そうとする傾向あるからな。伝統なのか、イメージ作りのブレーンが悪いのか? 民主党のおぼっちゃんぽさ、オタクっぽさを逆にウリにしてほしいですね。時代は変わっているんですから‥。

自らの引責は不可避 メール問題で民主・野田氏 | Excite エキサイト : ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-24 18:58 | お金、政治
2006年 02月 24日
なんだかなあ…やはり前原代表はダメ代表だな。
 政治ごっこをやってんじゃねーか、っていう民主党の対応。ミニ小泉とも言われてる前原代表だけど、無責任なとこまでマネしてんのかい? 国民はかなり追い込まれてるのに、なに呑気なこと言ってんの?って感じでしたな。自民党への追求を本気でやってくれるかなって、今回ちょっと期待してたのに、見事に裏切られたすね。
 
 永田議員が精神的に不安定って鳩山氏が言っていたけど、『執行部にハメられたあ、話が違うぅ!』って怒ってるんじゃないすか? 民主党執行部は確信犯的に自民党に協力したように見えてしょうがないんですけど。見返りに何があるのかは知る由もありませんが…

 アメリカ型弱肉強食社会を一貫して批判してらっしゃる日本在住ビル・トッテン氏が、今の危機的状況を打破するための作戦として、こんなこと書いてられましたね。

 2/24夕方に書いた続きはこちら

<堀江メール>民主党 永田議員「自分の思い込み」、休養へ | Excite エキサイト : ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-24 02:39 | お金、政治
2006年 02月 22日
安倍長官がなんで「真性保守」なの?
 “保守”系のブログに行くと「安倍首相」待望論があるんだけど、その理由が「安倍長官=真性保守」ってのを見かけたけど、その論理に大きな疑問を持ってしまう。

 彼の選挙での基盤のことはよく知らないが、山口県の自民党系の人脈ってコトなのかな。
 それはそれとして、彼の祖父は岸信介元首相ですよ。彼がA級戦犯であったのに、釈放されたのは、CIAとの取引があり、日本政府を反共の砦として、アメリカの傀儡にすることを推し進めた一人だったってことは有名な話しではないですか。
 要するにアメリカの僕(しもべ)って事じゃないすか? どう考えても、その孫がCIAとの関係を絶ったうえで、今の自民党の中枢部にいるなんてことはあり得ませんよ。
 アメリカが今日本でやろうとしてるのは「改革」であって、保守とは全く正反対のベクトルを持っていることは、小泉首相のやってきたことを見れば明白でしょ。
 おかげで今の日本の食料農業政策はめちゃくちゃで、マーケットという、ある意味抽象的な数字の飛び交う虚業の現場によって、農業という実業が支配されちゃってんですよ。これをどうして「保守」と呼べるのか? 「破壊革命」と呼ぶべき有様ですよ。

 冷戦終了で、保守革新、右翼左翼の意味あいが変わってしまったことに、日本人の多くが未だ気が付いていないようですね。
 怖いです。
 創価学会のような日蓮系の宗教も、日蓮の憂国的な教えとは全く逆のことをやってるし、言うなれば今の政権与党はその存在そのものが詐欺集団って事なんでしょう。耐震擬装も、ライブドア粉飾決算も、詐欺集団としては当然のことだったってことで、ことさら驚くべきことではないと当人たちは思っているのかもしれませんな。

追記:こちらの2月22日のブログ記事に偶然にも関連した話題が出ていました(自分のような者と同列に扱わせていただくのは大変失礼かもしれませんが…)。ご参考になればと思ってリンク貼っときました。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-22 18:21 | お金、政治
2006年 02月 21日
オウム麻原と竹中平蔵大臣との類似性
 竹中平蔵大臣は、出身が、関西の貧しい差別を受けた家だったそうだ。ところが優秀な頭脳は、差別や貧困の撲滅へと向かわず、日本社会への復讐に向かってしまったのではなかろうか。
http://amesei.exblog.jp/1708133/

 彼はアメリカ国際資本と政府に日本を安売りすることに精を出し、金融機関売りを一通り終わらせて、今度はNHKである。民放並みにアメリカ金融資本によるコントロールが出来るメディアにしようと画策しているようにも見える。
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h18/jiji060220_343.htm

 幼いころに差別、貧困に苦しみ、後に、日本を結果破壊しようとしているところは、障害を持ち苦労した幼少時代を持つオウム麻原を彷彿とさせる。戦後教育の問題点といわねばなるまい。そして、竹中大臣は表面上ソフトで政権中枢にいる分、さらに危険な存在と言わねばならない。

松本被告の鑑定書提出 高裁、訴訟能力を判断へ | Excite エキサイト : ニュース
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-21 00:37 | お金、政治
2006年 02月 20日
気分はもう対中戦争。
 久しぶりに図書館本館へ。読みたいなと思ってた本が何冊もあった。日本の危機は多くの書籍で告げられている。被害妄想でもなんでもなくて、客観的に見て明らかにヤバイっすよ。それは昨年の衆院選で決定的になってしまってる。

 アメリカ資本がバックにいる電通による情報支配によって、大手新聞社、マスコミは真実を伝えないが、やはり日本は相当ヤバイことになっている。このまま行くと5年後本当に地獄を見なくてはいけないのかもしれない。
 郵政民営化で、日本の優秀なセイフティネットのシステムがズタズタにされる。なぜ、国際金融資本は郵貯350兆円が欲しいのか、かの「パンツをはいたサル」の栗本氏も警鐘を鳴らしてます。
http://blog.livedoor.jp/manasan1/archives/50212005.html

 そして昨日も書きましたが、アメリカを本拠とする国際金融に持ってかれた日本人の虎の子は、次なるアメリカの経済戦略である中国攻撃に使われる可能性が高いようだ。反中プロパカンダも、集団的自衛権込みの憲法改正も、在日米軍再編も、北朝鮮を生かさず殺さずにしておくのも、台湾問題を荒立てるのも、武力で中国をドル支配できる国にするための布石らしい。
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h17/jiji050512_301.htm
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h17/jiji050307_292.htm
戦争をしないと経済が立ち行かなくなる国、アメリカ。

 こんな日本に大きくシフトさせた責任者の一人が小泉首相。皇室典範問題を見てもわかるように、彼はただの権力が欲しいだけのちょっとIQの低いS男じゃなかろうか。
 そして竹中氏は竹中氏で、出身が、関西の貧しい差別を受けた家だったそうだが、優秀な頭脳は、差別や貧困の撲滅へと向かわず、日本社会への復讐に向かってしまったのではなかろうか(オウム麻原をちょっと彷彿とさせるな)。彼はアメリカ国際資本と政府に日本を安売りすることに精を出し、金融機関売りを一通り終わらせて、今度はNHKである。民放並みにアメリカ金融資本によるコントロールが出来るメディアにしようと画策しているとしか思えない。
http://amesei.exblog.jp/1708133/
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-20 03:34 | 世界情勢
2006年 02月 17日
実はロシア女性が好みだったりする自分である。
 自分はロシアのアートが昔から好きでして、しかもシャラポアはじめロシアには美人が多いし(笑)。「世界の車窓」でロシアの列車が紹介されたときは、毎回目移りしちゃって困ったりした(ただ年取ると太ったひとが多くなるのがちょっと難点か・爆)。そーゆーわけで(ってどーゆーわけだ?)ロシアとはもっと仲良くしてほしいんすよね。
 しかし田中元首相はアメリカにハメられたし、鈴木宗男氏は福田官房長官(当時)にハメられたし、日本の政治家がロシアと仲良くしようとすると内外から足を引っ張られるのが難点ですな…。

 自分としては、戦前に石原莞爾氏が提唱していたように、東亜で国家連合体を作っていくような形にしてってほしい(ただ、石原氏のその理想は買うが、方法論がまずかった。時代のせいもあるんだろうが急ぎすぎて武力に走ったきらいあり)。イラク戦争開戦直前に発行された藤原帰一氏、金子勝氏らによる「東アジアで生きよう!」(岩波書店)にあるように、今ある日米安保をうまく利用しつつ、東北アジア全体の地域安全保障に発展させる方向に持っていくことはできないのだろうか。アメリカの挑発に乗せられて日中、米中戦争になってしまうことだけは避けなければいけないと思います。これは僕の個人的希望ではありますが、今後日本は、中東の石油の分配も含め、米中露の大国の調整役ができるようになってくといいんですが…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-17 01:16 | 世界情勢
2006年 02月 17日
アメリカの希望する次期首相はネオコン系人物ではないらしい。
 昨年の選挙がらみによる、ブッシュ大統領とのワシントンでの会談をドタキャンで、小泉首相はアメリカから見くびられたらしいです。アメリカの望む次期首相は小泉の後継者と言われるネオコン系安倍氏ではない、中国とのパイプを持つ別の人物だそうです。ここのところ、マスコミが一斉に小泉内閣を批判し始めたのはその布石か? 小泉といっしょに、日本の経済をガタガタにした竹中、ネオコン中川もいっしょに葬り去ってほしいですな。イラク戦争の幕引き準備とともに、アメリカの対日スタンスを、開戦前の状態に戻してきたってことかもしれませんね(http://www.chokugen.com/bomb/060213bomb.htmより)。

 小泉おろしもアメリカ主導ということになると、やはりどうにもこうにも我が日本は属国ですな(苦笑)。ただ、例えて言えば大人の女のようにふるまい、わかっていながら、わからないフリした属国なら良いんですけどね…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2006-02-17 00:31 | 日米関係