<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2007年 07月 25日
ドル(=アメリカ)の覇権の崩壊にまた一歩近づいたようですね。
 “従米”日本政府が許すかな? と思ったら、イラン産石油の決済通貨のドル建てから円建てへのシフトが通っちゃいましたね。小泉前内閣や外務省によるアメリカ追従“ポチ”政策による国益の損失に経済界が気づきつつあるということなのでしょうか?

 このままドル建てで決済してたら確かにハイリスクなんで、賢明な選択かも…

「新日本石油、イラン原油の代金決済を円建てに変更へ」2007年 07月 18日 11:56 JSTより
[シンガポール 18日 ロイター] ある関係筋によると、新日本石油(5001.T: 株価, ニュース, レポート)は、イランから購入する原油の代金決済を今年9月か10月にドル建てから円建てに変更する見通し。

 イランは先週、日本の石油元売り各社に原油代金をすべて円建てで決済するよう正式に要請したが、イラン側の要請を受け入れるのは同社が初めて。

 イランは、核問題をめぐる米政府との対立を背景に、昨年からドル建て決済の縮小を進めている。

 ある関係筋は「新日本石油から、9月か10月から(円建て決済に)変更すると通知があった」と述べた。


「★イランは日本を反米陣営にひきずりこむ」
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-25 01:01 | 日米関係
2007年 07月 16日
「日本の有権者は、大蔵省や与党がなぜ消費税増税を迫っているのか、その理由を理解すべきである。」
 先日書いた「増税によっては国のプライマリーバランスは改善できない、そうです。」の補足というか続編です。

 「アメリカからの投資があるので日本は景気が良くなってる」と無邪気に信じてらっしゃる方々(困ったことに自分の身近に実際いるのです(ーー;))に、是非読んで欲しいのですけど…。
 下記を読んでいただければわかるように、日本による官民あげての米国債買いや、日銀による低金利の円によって資金調達が容易になったアメリカの企業が日本の企業を買い叩きに来てる、というのが現状なんじゃないすかね。挙句の果てに資金である国費が底をつき始めたので消費税をはじめとした庶民への増税で広くその分を賄おうってんですから困ったものです。

晴耕雨読「日本はなぜ負債大国になったか-3」
より
日本の有権者は、大蔵省や与党がなぜ消費税増税を迫っているのか、その理由を理解すべきである。これは極めて重要なことなのだ。日本の歳出を補うために必要な税金を投資家が支払っていないために、消費者が代わって税金を払わなければならないのである。

米国は日本からの融資で財政赤字を穴埋めした。そのため、自由市場で銀行や企業、投資家から借金をする必要がなく、その結果米国内の金利が低く抑えられたのである。このため米国投資家はその資金を対外投資、海外の株式や債券の購入にあて、諸外国に対する経済的支配を拡大した。それはキャピタルゲインを含めて、自国の財務省証券を購入する以上の収益となった。


 マイケル・ハドソン氏の著作からの引用から引用させていただきました。米国債本位制による巧妙な搾取について(搾取されているのは勿論我々日本人のほぼ全員も含まれてます)マイケル・ハドソン氏が書いた「Super Imperialism:Economic Strategy of American Empire」については、下記にわかりやすい解説が掲載されております。

「むしられ続ける日本」
上記サイトより以下引用させていただきます。
政府日銀が米国債を買う原資は日本国民の税金である。銀行、生保が買う原資は日本国民の預貯金や生保に払った金である。皆さんが、米国債を買ったつもりはないと言っても間接的に買っていたのだ。そして、その損失は日銀や民間金融機関の不良債権として日々増殖しているのである。そしてその損失の穴埋めは結局、増税という形で我々が払うことになるのだ。日本国民の大多数はアメリカに上納金を支払うことを了解した覚えなどないのにである。
 おそらく数年以内に増税の話が出てくるだろう。私の情報だと、現在の自民党中枢部は消費税の10%は容認したというのである。それから15%になるのは比較的早いと思われる。彼らは、日本の財政破綻を回避するため増税は仕方ないとか、安定した年金の確保の為に増税は必至であるという説明をするはずである。この文章を読んで、もしそんな政府関係者に質問をする機会のある人がいたら、ぜひ質問してほしいことがある。それは、

「国の財政が破綻寸前であるというのなら、何故今まで長期の米国債を買い続けてきたのか、又これからも買い続ける必要があるのか」

ということである。おそらく彼らはこれからも買い続けるだろう。


 そして当のアメリカ国民たちも、印刷代以外大した経費のかかってない紙切れである米国債の金利(年5%)を、発行元であるFRBという民間銀行に納税を通じて支払い続けているというわけです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-16 12:38 | 日米関係
2007年 07月 15日
近代の終わり?
 色々なところで語られ始めていますが、近代という時代が方向転換しないと立ち行かないところに今や我々は立たされているようです。これまで経済を回してきたシステムが、地球という有限資源に対して限界ぎりぎりまで膨張してしまい、これ以上実質的な富の増加は望めず「取るか取られるか」のゼロサムゲームか、実経済の裏打ちの無い通貨発行によって引き起こされたバブルによる見かけ上での利益の増大しか無い、というところまできてしまっているようです。

 先だっての緒方元長官の朝鮮総連がらみの詐欺事件での逮捕劇についての書き込みに対していただいたコメントを元に今回は書かせていただきました。

以下先日の拙ブログ、コメント欄中村さんとのやりとりより…
>(今回の緒方元長官の逮捕劇の裏に)「金融グローバリズム」があると考えている、ということなのでしょうか?

今回の(緒方長官の)逮捕劇の裏に国際金融資本やグローバル企業による具体的な動きがあったかどうかは、わかりかねますが、世の中がそういう動きに変わってきたというのは事実だと思うし、そういう意味でご指摘のブログが面白いと思ったまでです。

以前このブログにも書きましたが、国際金融資本(+ユダヤシオニスト)による世界戦略によって、貨幣経済からはじかれちゃったいわばスラム化した人々が発展途上国はじめ日本のような先進国(←あまり好きな言葉ではありませんが…)にも増えることで、逆に国際金融資本(+ユダヤシオニスト)による貨幣を媒介とした世界支配が今や崩れつつある、っていう山手国弘氏の意見とちょっとシンクロしたもので…
そのことに恐怖を感じた彼ら国際禁輸資本+ユダヤシオニストたちは新種の病原菌や“テロ戦争”(&”地球温暖化CO2原因説”←追記)を使って、貨幣支配から逃れつつある世界中の多数の人々を抹殺&支配しようとしてる、ってのが現下の状況のようです。

上記の山手氏による近現代のユダヤ(シオニスト)による世界戦略概観については拙ブログの下記ページに引用させていただきました。
http://darsana.exblog.jp/4080254
(上記より以下再引用しました。オリジナル=http://www.demeken.co.jp/tokiwa/meta/sougyo/12.html
資本主義にしても社会主義にしても、経済原理を操って、人間を上手く枠の中にはめてしまう。経済原理はだいたいユダヤ系が作ってますからね。はっきりわかることは、代々の有名な経済学者はほとんどユダヤ系です。ちょうど原子物理学ではユダヤ系がほとんどというのと似ているんですね。核を造り出したのもユダヤ系です。これははっきりいえます。核の理論から応用までほとんどユダヤ系がつくったものです。国際的にまたがってユダヤ人の“物理学一家”というのがありますが、それと同じように、代々の経済学者は、はっきりほとんどユダヤ人。それは当然のことで、もともとヨーロッパ人たちは経済には明るくなかった。というのは、貿易はほとんどユダヤ系が牛耳っていましたから。金貸しにしてもそうでしょ。それから、会社の起源となっている複式帳簿、あれもユダヤ系の連中が作ったんです。ですから、賃金、利子の原理、そして会社、マーケットの法則もほとんどユダヤ系が作った。ですからみんな知らずに……資本主義も社会主義もユダヤ系が作ってますからその枠の中で生きてきた。ほんの一握りのユダヤ人たちのコントロールの中で生きてきた。その世界戦略中枢にフリーメーソン、イルミナティがあるんです。あるいはその奥にまだ何かあるかも知れませんね。地球上はそういう構図なんです。


下記も参考になります。
「なぜ反ロスチャイルドなのか」
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-15 01:34 | 世界情勢
2007年 07月 13日
増税によっては国のプライマリーバランスは改善できない、そうです。
これまでも何度かここで書いてきましたけど、財務省や政府のプロバガンダに騙されてはいけません。
増税=(イコール)我々のお金が国庫にまわっていくことで、
・我々の日々の生活の中で回ってる生きているお金の絶対量が減る→
・景気が悪くなる→
・増税分より不景気による税金目減り分のほうが多くなる→

・税収が減る。


ってことになるそうです。
まずは官僚や政治家に回されてる巨額の無駄ガネを減らすことから始めないといけないようです(領収書を隠し続ける某大臣なんぞを見てると長い道のりになりそうですが。会計検査院の監査を政党助成金を受けてる政党・政治家やその政治団体にも広げるべきでは?)。

「ロシア経済ジャーナル」
より
(引用開始)
もうすぐ選挙です。

自民党が勝とうが民主党が勝とうが、忘れてはならないことがあります。


1、財政再建こそが国家の最重要課題である。

(皆さんもブログ・メルマガで忍耐強く騒ぎ続けてください)


2、財政再建を理由に増税を許してはならない。

(増税すると消費がおちこみ景気が悪化する)



3、財政再建のために政府はまず支出を抑制するべきである

(消費税倍にするなら、まず支出を最低20%くらいはカットして欲しいです
よね)


4、財政再建のために政府は減税するべきである

サッチャーさんもレーガンさんも減税により税収を増やしました。

(レーガンさんの場合、軍事費を大幅に増やしたため、税収は増えたが
財政赤字は増加した)

なぜ、減税すると税収が増えるのか?



減税→消費・投資増→生産・所得増→消費・投資増→スパイラル的波及
効果。
(引用以上)


(更なる増税をたくらんでいる財務省や政府は、日本の財政破綻を確信犯的に起こそうと考えているのでしょうか。)
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-13 01:53 | お金、政治
2007年 07月 10日
テレビキャスターさんたちよ、安倍首相に外交姿勢についてもっと聞くべきじゃないすか?
 ま、確かに国民の関心が高いのは年金問題かもしれません。しかし、小泉~安倍内閣の従米一筋外交によって日本の利益がどのくらい失われてしまったのか、安倍首相への単独インタビューで突っ込んでいただきたい、とも思いました。安倍首相も年金問題については突っ込まれるのあらかじめわかっているからそれなりに応酬できてしまうわけですし、ハラハラ感が乏しくて見てていまいち面白くないです(笑)。

 ここのところの北朝鮮を巡る急激な状況の変化もしかりです。今後十年、五十年単位で考えなければならない北東アジアでの政治経済でのイニシアチブをみすみす太平洋の向こう側のアメリカや、勿論ロシアや中国に利するためにやってるとしか思えない近視眼的な愚かな外交について、ジャーナリストと名を冠する方々は、思慮のうちに入れ安倍首相と対峙するべきでしょう。

 5年10年先に、この6~7年の間に失ったものの大きさが見えてくるはずです。ヘタすりゃその頃には直接手を下していた政治家も官僚も引退した後、しかもこの世にもいない、責任はとらずにトンズラなんてことになってるかもしれません…。

 パキスタンでのムシャラフ大統領による宗教施設襲撃も、バックにアメリカ政府からの強い要請があったのでは、という報道もありました。これもヘタすりゃパキスタンの軍部内の分裂を招いてクーデターってことになりかねませんよね。
 もしそうなった場合、アメリカの力にたよった外交に金魚の糞の如くついていき持ち上げる日本政府や御用学者どもは、どんな「ご託宣」をお述べになるのやら…。
 ま、イラクの大量破壊兵器が嘘であったことも未だにノラリクラリとそれらしいこと言って正当化してる方々ですからなあ。プラザ合意にまつわる国内経済の混乱を全て故宮澤氏のせいにしちゃって、「めぐり合わせだった」なんていけしゃーしゃーと平然と喋ってた当時の首相だった中曽根氏(@NHKの宮澤氏の追悼番組)の子分たちだから、しょうがないのかもですけど…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-10 22:56 | お金、政治
2007年 07月 08日
私個人的に下記に賛同しますが、皆さんにもご一考いただけると嬉しいです。
http://www.amakiblog.com/archives/2007/07/08/#000470
より

(引用開始)
緊急提案

 私のブログに読者から一つの提案が寄せられた。それは「原爆投下を正当化したジョセフ特使の発言に抗議する新聞広告をワシントンポストに掲載すべきではないか」という提案である。
 私は即座にこれを実行に移すべきだと思った。私のブログでも書いたが、日本政府はこの発言に抗議する意思はない。ならば国民が行なうしかない。今声をあげなければ日本は唯一の被爆国としての発言権を世界に失ってしまう。これはなんとしてでも防がなければならない。
(引用以上)


詳しいことは上記のURLをお読みになってみてください。

追記(7/10):天木さん選挙に集中するそうで、しばらくこの件はペンディングのようです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-08 23:03 | 日米関係
2007年 07月 05日
イノセ新副都知事の魂胆?
 道路公団民営化を、巧妙なプロパガンダで誘導し、外資に甘い汁を吸わせた張本人が現副都知事だそうです。都の持つ資産をデフレで地価の安い今、「民営化」と称して外資やその取り巻きに売り飛ばそうとしているようです。その後は身内ファンド間によるカラ売買やマスコミも使ったプロパガンダであおりまくって値を吊り上げてから売り逃げさせるつもりなのでしょーか(もしかしてオリンピック誘致や築地市場移転もその一貫か?)。

 水道等公共インフラの「民営化」という名の私物化だけは避けないとヤバイでしょう。かつて「NOと言える日本」で鳴らした石原都知事も、今春の選挙で裏取引でもあったのか、いよいよ売国奴の仲間に成り下がりつつあるようです。

 カネの流れを地方から東京に一極集中させ、次はその東京で外資をも巻き込んだバブルを形成し甘い汁を吸おうとしてる一群がバックにいるのかもしれません(マネーによる「東京大空襲」か)。野党会派の都議会議員さん方には厳しい目で監視をしていただきたくお願いしたいです。


「エクソダス2005《脱米救国》国民運動」コメント欄より引用
(引用開始)
先日、デマゴギーを振りまいて道路公団を民営化(私有化)させた、デマゴーグ猪瀬直樹が副知事に就任してしまった。
これは、地方の公共資産をデマゴギーを振りまいて民営化(私有化)させようとする策謀だろうと思います。

例えば、水道事業等のライフラインとかをウォーター・バロンに売却するとか。

いま、道州制議論が活発になっているとか言われていますが、私はこれは道州制導入によって、地方政治を「寡頭政治化」してどんなに反対があろうとも公共資産を外資にバーゲンセールをする為だと思います。
(引用以上)


「国際評論家小野寺光一の『政治経済の真実』」より
(引用開始)
日本の高速道路は、その利益分(約一兆円の黒字分)

を、新たな建設に使うのではなく、単に、「外資の株主」に差し出される方向

でいるという。

つまり、株さえ取得してしまえば、外資の株主は、

この高速道路から出る毎年1兆円余りの収益分を、すべて、

自分たちのものにできるのである。それに比べたら、

お金を今現在なんに使うのも「無駄」と外資がいっていたのもわかる。

この恐ろしい仕組みを作り上げたのが、外資から「人には言えないもの」

をそっともらっているイノセと、同じく「人には言えないもの」を外資から

もらいまくっている首相官邸の主である。コイズミ政権のときの官邸サイド

の「主」である。お馬鹿な一般大衆は、「がんばれイノセ 官僚に負けるな」

と応援していたが、その結果、「恐ろしい渋滞の朝の高速道路」と

民営化の結果、コスト削減のためのまず~いお茶」「一斉無料開放が確実だったのを

、だまされて、永久有料化に知らないうちにされてしまった」ことで、

ことのほか喜んでいるのだろうか。

(引用以上)

[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-05 22:25 | お金、政治
2007年 07月 04日
すごく面白かった。
 下記のビデオ対談、すっごく面白かった。ちょっと長いんですけど、皆さんにも是非見ていただきたいです。

http://www.videonews.com/on-demand/321330/001103.php

マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日)
5金スペシャル
右翼も左翼も束になってかかってこい
ゲスト:小林よしのり氏(漫画家)、萱野稔人氏(津田塾大学准教授)

 この二人にレギュラーの宮台真司氏の3人で対談してます。

 PART1、PART2あり。どちらも面白いけどPART2のほうが今の表立った経済問題等について話し合ってて取っ付きやすいかもです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-04 00:19 | いろいろ感想文
2007年 07月 01日
化けの皮はがれつつ。レベルの低い洗脳番組「サンデープロジェクト」
http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/384.htmlより

「もう小泉や安倍が『改革』だの『抵抗勢力』だの『北朝鮮のミサイル』だのとと言っても国民は踊りません。」

だそうです。まったくおっしゃるとおりじゃないんでしょうか。

 マスコミを使った情報操作の化けの皮がはがれつつあるのでしょう。一部の「勝ち組」をのぞいて、ここまで国民生活をしめつけられれば、いやでも「おかしい」と思わざるを得ないと思います。しかもコムスンの親会社グッドウィルやミートホープの社長なんか見てもわかるように、社員の給料を搾取しまくり、お客を騙しまくった末の「勝ち組」ですからね。困ったものです。

 テレ朝の日曜朝の御用キャスター田原某氏による洗脳番組「サンデープロジェクト」。今回も安倍ヨイショで盛り上がるんでしょうか。こういう正義漢を気取った体制の提灯持ちが高額ギャラをもらってたりするんでしょう。平日朝の、みの某氏による「朝ナントカ!」も同じような洗脳番組らしいですね(見たことありませんが)。


追記:緒方元長官の逮捕や松岡大臣の謎の自殺等、公にバラされると困ることを沢山かかえてしまった安倍首相は、益々首相の座にしがみつくのかもしれません。日本の明るい未来の為にも、体制内の皆さんにはバラすべきはバラしてほしいですが…。国民の側から直接圧力をかけていきたいですけどね。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-07-01 01:54 | お金、政治