<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 29日
急速にアメリカの覇権が衰退してるようですね。
 今日というか昨日もアメリカで株が下げましたね。イラクも混迷したままです。共和・民主両党からマリキ首相を変えろという声が出ているようですけど、この期におよんでイラク側のせいにしてどうする?って感じです(笑)。そもそも傀儡として扱いやすい人物ということでマリキを押したのはアメリカだったんじゃないんですかね?(>_<) しかも粛清しちゃったり、戦争を嫌って国外に逃げてしまったりと、まともな人材がイラクに残ってないんじゃないすか。小泉前首相が後先考えず、自分と意見の違う人材を潰しまくって今頃になって困ってる自民党と瓜二つですね(笑)。

 1,2年前までは、イラク、イラン、中国を攻撃してアメリカの覇権を維持していく、というシナリオで進んでいたようですけど、ここんとこ1年で形勢が逆転してしまったようですね。アメリカの覇権崩壊はほぼ確実、という情勢になりつつあるようです。

 下記のようなニュースもありました。

「中国、太平洋の東西分割提案か 米軍は拒否」(Sankei web)

 別に中国を応援してるわけではありませんが、こんな話が出てきてるくらいアメリカの力が弱体化してるってことでしょう。小泉政権下の頃、中国を小バカにしてたウヨの皆さんはどう思ってるのでしょうか? アメリカ側が「拒否」と言いつつこんな情報がリークされてるということは、火の無いところに煙は立たないともとれるですが…。

 アメリカの覇権崩壊について書くブロガーさんたちも、目だってきたように思います。またいずれも成る程な、って内容で、実にここのところの状況の変化の速さには驚くばかりです。

「米国発世界恐慌の後に起きることは何か?」

「帝国以後の世界をどう構築するのか」



 政治経済のサイクルはほぼ60年周期で回っており、1945年からちょうど60年後の2005年に日本に再び大きな崩落的現象が起きるだろう、というラビ・バトラ氏の「サーカーの予言」での予測が、9.11小泉郵政選挙とその後の郵政民営化法案成立(=日本の金融資産を狙ってきた外資の勝利)という「第二の敗戦」だったのかもしれません。そう考えると今年は敗戦後2年、60年前で考えると昭和22年頃ということになるんでしょうか。国内の混乱の中、ちょうど東京裁判が行われていた頃ですね。当時とは物質的な面での状況が全く違いますが、一つの目安として参考になるかもしれませんね。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-29 20:52 | 世界情勢
2007年 08月 24日
「価値観を共有する日米関係」の欺瞞-本論-2
「『価値観を共有する日米関係』の欺瞞-本論-1」からの続きです。

タイミングよく下記のようなメルマガ記事がありました。

ロシア政治経済ジャーナル No.473 「★反米の砦・上海協力機構の求心力」より

つまり、SCO(上海協力機構)には、無神論・キリスト教・イスラム教・仏教の国々がいる。

要するに「宗教はどうでもいいです」ということでしょう。

SCOの理念を一言でいえば、



「多様性を容認し、実利に基づいて共生していきましょう」(^▽^)



となる。

なんか、中国とロシアがいうとウソっぽいですが。。。

両国がすばらしいからこうなったのではありません。

アメリカに対抗する思想として、自然に出てきたのです。



「大王(劉邦)は要するに項王(項羽)と反対のことをなさればよいのです。

天下に武に長けた者があればどんどん任用されよ。功をたてれば、惜し
みなく天下の町をおあたえなされ。

さすれば、項王の悍強はついにみずから折れざるをえません」

(司馬遼太郎 「項羽と劉邦」←(北野10回読んだ傑作です。)
上 http://tinyurl.com/9wwpg
中 http://tinyurl.com/cwfg7
下 http://tinyurl.com/dadzs
軍事の天才韓信が劉邦に献策した言葉)




こういう中国とロシアの外交が着々と成果をあげていること、SCOの影響力拡大からもご理解いただけるでしょう。

一方、(項羽のように)軍事力に頼るアメリカの威信は失墜してきています。



「ブッシュ大統領は世界の脅威2位」英紙の世論調査

(中略)

(読売新聞) -06年11月4日」



調査が実施されたのは、英国・カナダ・イスラエル・メキシコで親米国家。

それでこの結果ですから、他の国で調査されればどうなることやら。

ちなみに、日本はアメリカの真似をして、「『自由』や『民主主義』など『普遍的価値』をひろげる」のが外交の基本方針になっていますね。

(中略)

日本の対中国ODAは民主主義をひろげるため?

日本の対北朝鮮コメ支援は民主主義をひろげるため?

日本が独裁の中東産油国と仲良しなのは、民主主義をひろげるため?

事実をいえば、日本は中ロよりも早く、「政治・経済体制にかかわりなく、すべての国と仲良くし、支援する」という共生外交を展開していた。

中ロは、日本のすばらしい外交方針をパクったともいえるのです。

当の日本は今になって、世界一嫌われているアメリカの外交方針をマネしようとしている。


皆さんこの点どう思われますか?
(太字=引用者)

 過去の実利を元にした柔軟な外交が実は世界の安定、日本の経済のためには役立っていたということでしょうね。またそれを可能にする多様性への対応が出来る価値観というか文化的伝統が日本にあった、ということでしょう。
 ところが、90年代以降の経済の混乱から来る自己反省と、アメリカ礼賛に洗脳された方々が日本のトップを占めることで、そのような日本の外交、経済姿勢を悪とするコンセンサスが出来上がってきてしまったんですよね。ま、そのへんの変わり身の速さも日本的っちゃあ日本的なんですけどね(笑)。

 日本よ、アメリカと一蓮托生で破滅の道に向かう無かれ、であります。
 2010年頃に起こるであろうドル暴落とそれに続く政治経済の混乱によって、アメリカはヘタすると連邦制が崩壊して一部の州が独立(例えばハワイとかカリフォルニアとか)なんて事態も起こり得ると個人的には妄想をしておるのですが…(^^ゞ

「価値観を共有する日米関係」の欺瞞-本論-3」に続けます。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-24 13:03 | 日米関係
2007年 08月 22日
小泉、竹中両氏の逮捕も現実味を帯びつつあるとか…
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2007/08/200721_5251.html
(藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2007年8月21日 追い詰められる日本のリーダーシップ)

 上記、インターネットラジオなんですけど。なかなか面白かったです。

 先の参院選敗北で、コイズミ氏の直系の“子分”である安倍氏の力が弱まったことで、小泉、竹中の両氏の逮捕に向けて検察が動き始めているとか。国民の虎の子である郵貯・簡保“民営化”→アメリカ系国際金融資本への売り渡し、の見返りにアメリカのファンドから多額のご褒美(小泉氏=1兆円、竹中氏=2兆円)をもらっているそうですからナー。

 郵貯・簡保の340兆円のうち、20兆円が既にゴールドマン・サックスに渡っていて中国で運用されてるそうです←副島隆彦氏「ドル覇権の崩壊」による(そういえば今回の世界での株暴落で中国だけはキズが小さかったようですから…)。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-22 00:37 | お金、政治
2007年 08月 19日
「価値観を共有する日米関係」の欺瞞-本論-1
a0054997_162398.jpg


 先だってちょっと触れました「『価値観を共有する日米関係』の欺瞞」の本論を書き始めたいと思います。

 今回は「ぼくらに英語がわからない本当の理由」という本の引用を中心に書かせていただきます。

 著者である岩谷宏氏は、英語の翻訳のお仕事をされてる中で、英語と日本語の間にある大きな溝、いうなればそれぞれの文化が持つ物事の価値観の大きな差に気が付かれたかれたそうです。

 モノや人との関係がお互いが不可分で影響し合い、変化、生成していくことを前提にしたあり方を「事(こと)」と呼び、反対にモノや人が、無であるところの空間に独立して存立することで、相互作用や変化を認めないあり方を「物」としておられます。前者が日本語のバックにある価値観・世界観であり、後者を英語のバックにあるそれらであると喝破しておられます。

 以下紹介させていただく氏の著書の中で、日本は元来、「事」を前提とした世界観を持っており、逆にアメリカも含めた欧米では「物」としての世界観を持っていて、そこには大きな価値観の断絶というか矛盾があると、氏の専門である言葉を媒介に自論を展開しておられます。

「ぼくらに英語がわからない本当の理由」 岩谷宏著 P13~14より引用(太字=引用者)
 なぜI am boy. ではいけないのか。日本語では当然「ぼくは少年です」でよい。

 I といえば(We ではないのだから)単数に決まっている。それなのに、なぜわざわざ、a という“ことわり書き”を boy の前につけるのか。さて、以下が本論。

 英語の名詞は物を指示する。

  ※「物」という言葉を「存在物全般」という意味で使う。

 日本語の名詞は、単数であることの暗黙の前提としているところが英語と違うだけで、本質は英語と同じく物の指示詞か、といえばそれも違う。日本語では「……たち」、「……ども」等を使わなくては複数を示せないのと同様、英語でも boys としなければならないのだから。

 ゆえに、またぞろ、「boy は単数やんけ。なんでわざわざ a をつける必要あるんや」と言いたくなってくる。

 英語の名詞は、a, the, s 等が付くことによって、物の指示詞として完成するのである。a は日本語では、「あ、ちょっと…」とか、「あ、これこれ、これよォ!」とかの「あ」、つまり、ものごとの特定点への注意を促す「あ」にほぼ相当するようにも思われる。

 日本語の名詞は、物の指示詞ではない。事の指示詞である。「少年」は、「少年というもの」を指示するのではなく「少年ということ」を指示するのである。ゆえに、主語が複数となっても「少年」でよい。例「おまえらは少年だ」

 引き続き同書 p15~16より引用します(太字=引用者)。
 で、じゃあ、日本語で(事ではなく)物を指示したい、という不心得物がおったら、そいつはどうすればええか。驚異的な発見であるが、日本語ではそれは不可能なのである。

 逆に英語で事を指示したいと思ったら、being a boy とか、to be a boy とか、ややこしくなるし、そもそも、I am a being a boy などとやると、それすら再び物の指示詞になってしまう。どもならんのォ、である。

 日本語では事(コト)は言(コト)であり、音声や文字を用いてカタチとなった言(コト)は、したがって、コトバ<--コトのハであって、けしてモノバではない。これはこの本全体の基本テーマであるので、ここでは簡単にのみ触れておく。
(ついでに、この本全体への注として:アル・ナイ(=在る・無い/引用者注)の成り立つのを「物」、アルしか成り立たないのを「事」と呼ぶことにする。くわしくは No,Not の項を。)


 最後に出版社のサイトにある、この本の推薦文から引用します。

「ON BOOK」サイト内
■本書を推薦します
「日本人必読の名著、25年ぶりの復刻を心から慶びたい」
金谷武洋/モントリオール大学東アジア研究所日本語科科長

より引用(太字=引用者)
 本書は、英語と日本語の根っこを支えている発想がいかに違っているか、そしていかにその違いが指摘されないできたかを訴える力作である。その発想の違いこそが「僕らに英語が分からない理由」なのだ。全体として秀逸な「英語を鏡としての日本文化論」になっている。絶版になって久しかった名著が25年を経て復刻されることを心から慶びたい。
 「a」から「Wild」までABC順に様々なキーワードごとに日本文化と英語文化が「腑分け」されていくのだが、そのトップバッター「a」がいきなり場外ホームランだ。僕がこの本に一番啓発されたのは、ここで展開されるコトとモノの区別である。岩谷氏は「I am aboy」の「a boy」はモノだが、「僕は少年だ」の「少年」はコトだと喝破するのだ。モノだから「a」と数えられる。一方、「少年」は「少年であるモノ」ではなく「少年であるコト」を指すのだ。だから複数でも「僕らは少年だ」と言える。
 こう岩谷氏に説明されると、数量表現が英語と日本語で違うことに気付く。「Three boys came」と「少年が3人来た」を比べてみよう。Threeの方はモノを数えるだけだから形容詞的にboysの前に来るが、「3人」は「少年が」の前でも後ろでもいい。こっちは「少年が来た」というコトにかかる副詞だからだ。誠に、日本語の事(コト)は言(コト)なのである。そこから「コト+ハ=言葉」が生まれ、「私のコト、好き?」とも言えるわけだ。安易な「英語公用語化論」や英会話学校の氾濫する今日の日本だが、その発想が日本語とどう違うのかを明快に解く本書は、初版から四半世紀たった今なお日本人の必読書である。

[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-19 15:55 | 日米関係
2007年 08月 18日
呪術としての音楽、そして言葉。
a0054997_1639459.jpg

 以下、某所で書いたイギリスのレゲエ・ミュージックのアルバム「Reggae Fever (Caught You) 」 by
Steel Pulse
の内容に関する感想を中心に書かせていただきました。

 どうしようもない圧倒的な現実の前に立ち尽くした時、空を見上げ溜め息をつくしかないのでしょうか?

 西欧キリスト教文化圏では、主客二分化した上で、客体としての現実を合理思想と力でねじふせようとし、近現代にそれがある程度成功した、かに見えました。

 がしかし、21世紀になる今、現実からのしっぺ返しを受けつつあり、自らの力を過信することへの懐疑が生まれつつある・のかな?
 そんな自らの力への懐疑を前にしたとき、「神は死んだ」という言葉を残して自らの命を絶つしかないのでしょうか?

 いっぽう、アフロ系の文化は、ヨーロッパ的進歩史観から見ると時代遅れで非科学的であり駆逐されるもの、として片付けられてきたよう、ですけど、

 しかし。

 アフリカの圧倒的な自然の猛威と恵みの中で育まれたであろう共存の思想と呪術のテクニック。

 例えばM1での
♪オレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがってオレの時間を無駄にしやがって♪

 M5の
♪奴らに血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を血を♪

 とか…

 目の前の圧倒的な現実を力でねじふせるのではなく、呪術を用いて自他を納得させるやり方です(ピカソはアフリカ美術からその手法を盗み、愛用したわけだけど…)。

 このアルバムには、そんな実践として呪術が音楽としてつまってます。それは世界が混乱する今、まさに必要にされている新しい「科学」なのかもしれませぬ……


 ということで、欧米合理思想やその一つの究極としてのアメリカという国家、またそれに追随しようとひたすら自らの伝統や価値観を否定する今の日本に対して、懐疑的な立場に自分は立ちます。

 といいつつも近代国家としての日本に住んでいる以上、自らの中にも矛盾はあるんですけどね(苦笑)。

 だいぶ前=湾岸戦争時にジャメイカに旅に行ったときに、現地の若者に、アメリカは人を殺したりネガティブなさせるものを沢山作っているが、日本は写真やクルマといった人々をハッピーにさせたり結び付けるものを作っていて素晴らしい、と言われました。
 でもけっこうストレスの多い社会ですよ、と返したら、それでも世界に貢献できるものを作っているんだから素晴らしいじゃないか、と返されましたけどね。

(下記と同じようなことを実際に耳にしたわけあります)
「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」
[599]いよいよ「ドル暴落」が始まるだろう。 投稿者:副島隆彦
より
 日本はアメリカに支配され、国民の金融資産を奪い取られ、いじめられる一方であるが、それでも、世界に対して、地道に、優れた工業製品(民生品、兵器ではない)を作って売ってきた、と言う点で、何も悪いことをしていないし、世界の平和のために尽くしてきた。だから、日本国民は、貧乏に耐えながら、健気(けなげ)に生きてきた、と言えるのだ。こういう国民には、天罰は落ちない。私たちは、頭上で吹き荒れる、世界の嵐を耐え抜くことが出来る。

 かように世界中で見ている人は見ているんですから、アメリカのやり方に追随することが世界に貢献するいいことだ、とマスメディア上で言ってはばからない(おバカな)政治家、御用評論家、御用学者の方々には、もっとアメリカ以外の世界に対して目や耳を見開いて謙虚に接すべき、と考えます。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-18 16:54 | いろいろ感想文
2007年 08月 08日
首相の座に居座る安倍氏への雑感。
 これは、もう色んなとこから声があがっていて今更、なことではあるんですけど。

 本人も本人なら、党を割る覚悟ででも諌めようとする議員のいない自民党の体たらくにもあきれます。しかもその理由が次期改造内閣でのポスト欲しさだそうですし…(ーー;)

 死体となった自民党の死に顔を広く多くの人々に知らしめる、というのがアベ首相のお役目かもしれませんな。



 小沢民主党代表のイラク特措法に関しての自主外交路線への表明には大いに支持したいと思います。
 それに関してのシーファー駐日大使の日本への内政干渉や、前原前代表によるマスメディア上での媚米発言はすぐさま引っ込めと言いたい。ついでに、国政調査権や証人尋問等の手を駆使していただいて野党の皆さんには、小泉、竹中、オリックス宮内三氏の売国トリオの悪事の数々も国会内外でバラしてってほしいです。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-08 13:33 | お金、政治
2007年 08月 07日
参院選公明惨敗の理由?
 先日、当方にこんな情報が寄せられました。中部地方で建築関係のお仕事をされてる方からです。
業界関係のリホーム・お掃除屋さんは不動産業さんから夜逃げ・売り家系の仕事を請け負うと、かなり多くの家屋・アパートから『特異な仏壇』が見受けられるそうです。仏壇は置いてっても中身は持ってくのが定番なのに、中身も残ってるといいます。業者さんは「こんなこと無かった」って。

元々富裕な層よか社会的にも経済的にも切ない層を組織していった瓦解です。強固な宗教的絆すらコイズミ改革(爆)で崩れ去っていった証左ではないかと思います。選挙で遊んでいる余裕がない、上はともかくね。

 ううむ、関係者でないとうかがい知れないようななかなかリアルなお話ですよね。厚きお布施&信心をしても救われなかった、とくりゃあ仏壇も置いていくわな(笑)。

 アメリカや中国での信者獲得-->世界宗教化への野望にかられたイケダカイチョさん、そのために国を売ることも厭わず売国行為にせっせと加担してるうちに足元が崩れてきちゃった(笑)というわけでしょうか。実際、こちら(「藤原直哉の『日本と世界にひとこと』 2007年7月31日 内はドロドロ・外はボロボロ」)によれば、2001年以降にアメリカがCIAの工作によって学会幹部とTヨタ奥田会長を押さえたことで(=丸め込んだことで)、コイズミ売国路線が決定的になった、とのことです。
 素人考え的には、欲に走ればそれなりの応報があることは、仏教を勉強すれば理解できる筈だと思うのですが…。ただ幹部の方々にとっては仏教の一派というより「イケダ教」という全く新しい宗派だ、ってことなのかもしれませんが…。
 いずれにせよ、自民党と同じく、東京にいるトップの方々と地方の末端の方々との意識の乖離が広がってきたことが、今回の参院選での公明=学会票減少の原因なのかもしれません。
 しかし、新自由主義的格差拡大というのは、恩恵を受ける一部の人たちには、自らの組織の瓦解を招いてることすら見えなくするほどのオイシイ果実がある、ってことなんでしょうかね。
恐るべしマモンによる魔の誘惑、であります。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-07 11:52 | お金、政治
2007年 08月 04日
「価値観を共有する日米関係」の欺瞞
 2005.9.11の衆院選での小泉自民党の圧勝と、それに続く従米売国派前原党首の下でオカシクなった民主党と、ここ1~2年の日本の政治状況はまったく困った状態でしたが、今回の参院選で、どうにか最悪の状態からは脱したかのように見えます。

 首相に居座ったままの空気の読めないブザマな安倍首相ですが、これもひとえに小泉首相による自民&日本破壊の結果であるという立花隆氏のご意見に納得してしまいました(立花氏は時々ピント外れなことをのたまって疑問を感じることもあるんですが(笑)、今回のご意見には納得できました)。

 そんな安倍首相が良く口にする「価値観を共有する日米関係」の欺瞞について、検証をしていきたいと思っておりますが、あれこれ多忙で仕事が一段落した時点でちゃんと書かせていただきたいと思ってます。

 80年代の中曽根内閣から本格化し始めた売国新自由主義化路線、ここに極まれリな今日この頃ですが、日本の政治状況をおかしくしている大きな原因の一つである(共産党宮本氏もその一人だと思ってましたが、今回の氏のご逝去で今後共産党が市民レベルでマトモな物事の判断をしていただける党になってくれるといいんですけど…)中曽根“長老”の一日も早い影響力低下の日を、個人的に望むものであります…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2007-08-04 17:46 | 日米関係