<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 04月 26日
マスコミのバックで道路特定財源を悪の権化のように仕立ててる財務省にギモンを感じます。
a0054997_14455948.gif

 確かに国交省による、道路建設にかかわりの無い無駄な出費は困りますし改善すべきだと思いますが、道路特定財源そのものが悪のようにいうのはいかがなものかと思うわけです。
 たとえば今、京王線の調布駅付近の立体化工事に道路特定財源が使われています。京王線のラッシュ時の開かずの踏み切りでイライラした経験のある者としては、絶対必要な工事だと思ってます。

 今言われてる「一般財源化」というのは、つまるところ道路特定財源の財源の管理を国交省から財務省へ移管させる、ということでしょう。財務省はそのことをマスコミを通じた世論操作によって有利な形で進めようとしてるように見受けられます。そこんとこがミエミエなのにナゼ多くの人々が気が付かないのか歯痒いです。
 で、財務省のこれまでやってることを見てると「一般財源化」の名のもとに、たとえば今後起こるかもしれないアメリカのイラン攻撃や、米軍再編などに流用されてしまうかもしれません。そんなものに回されるくらいなら、その殆どが日本国内の実体経済に還流させられる現状の国交省主導の使われ方のほうが、ずっとマシだと思われるのですが(しかし、この大変な時期に省庁の縄張り争いに国中が巻き込まれてる事態そのものが、ヤバイと言わざるを得ませんが(苦笑))。

 道路特定財源が本当に無駄があれば、その分税率を下げるというのがまっとうなやり方だと思われます(そこのとこは財務省を有利にさせてるだけの、民主党による単純な国交省攻撃に対してもちょっと疑問を感じてます)。
 「一般財源化」って結局、国民の意志の介在しないところで行われる財務省のご都合主義による実質増税にほかならないでしょう。“踏みつけられてもアメリカについてく下駄の雪”たるw財務省や大手広告代理店のコントロール下にある大手マスコミによる「一般財源化イコール善」というプロパカンダに、多くの国民が騙されないようしてほしいと思う今日この頃です。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-26 14:42 | お金、政治
2008年 04月 16日
官僚さんたちの悪事の本丸は財務省。
国交省も厚労省も確かにヒドイ。しかし、マスコミの攻撃から巧妙に逃げおおせてる財務省、あんたらが一番悪い
予算の配分を決めることができる財務省こそが、今の日本のマクロな経済の大きな方向性をコントロールできる立場にあるわけで。
で、財務省が実際にやってるのは国内経済の縮小化、弱体化。現場無視の頭でっかち。

財政危機を煽ることで人々に恐怖心を植え付け、自らの権力を維持しようとしてる非常に姑息なやり方ではないんですか? 巧妙な恐怖統治でしょう。
自分の省の権限・権力さえ守れれば国や国民がどうなっても良いとしか思えません。
しかも、そのことで相対的に景気の良いor金利の高いアメリカに資金が流れる仕組みがより強固になり、親分アメリカ様(&国際金融資本)から誉められ、自らの権力基盤の強化に役立っているわけで。

おまけに財務省寄りの清和会(町村派)が自民党で実権を握り、更に公取委を使ってマスコミの寡占状態を許す見返りにマスコミのコントロールを行い、ここ7~8年はわが世の春を謳歌してきた財務省のようですが、そのツケが国民広くに行き渡ることで、やがてその怒りの矛先は財務省にも向かうことでしょう。
驕る平家は久しからず。首を洗って待ってなさいw。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-16 00:48 | 世相
2008年 04月 15日
今回は毛色を変えて写真日記。未だ米軍による日本占領は終わらず。
a0054997_0173082.jpg

a0054997_0301187.jpg

 先だって日刊ゲンダイで取り上げられていた、米軍のゴルフ場。看板にあるとおり施設の正式区分は「在日米軍基地」ということらしいです。こんな看板を見ると、戦後63年経つも首都近郊に、広大な敷地を擁するこんな施設があるなんて、日本の占領がまだ続いていることがよくわかりますね。

参考記事:
フザケるな!「思いやり予算」から米兵のゴルフに年3億円
4月13日10時0分配信 日刊ゲンダイ
より
民主党の武正公一衆院議員(埼玉1区)が提出した質問主意書に対する政府答弁によると、在日米軍基地や区域内には10カ所のゴルフ場があるという。

「三沢にはゴーサメモリアルGC、多摩には多摩ヒルズGC、キャンプ座間にはキャンプ座間GC、岩国にはトリイパインズGCなど、在日米軍関連のゴルフ場は手入れが行き届いた立派なコースが多い。一般の日本人がプレーできるゴルフ場もあります。利用料はビジターで平日8500円から。週末でも最高1万 3000円だから格安。当然、“会員”の米兵はタダ同然です」(政界関係者)

 米兵のゴルフ場まで税金で面倒見ているなんてフザケた話だが、許せないのは「会員証」が日本の防衛省職員らにもバラまかれていたことだ。


a0054997_0174345.jpg

 もう一枚はこれ。東京近郊の中でも特にリベラル系な市ですが、目抜き通りでこんな看板を目にしてしまいました。この設備の区分けは、英語だと「temple」ってことになるそうで、法律的なところは不明ですがやはり宗教施設ってことになるんでしょうか。近所に某新興宗教の「文化会館」もございますw。
 そういえば、関係あるのか無いのか、かの竹中元大臣もこの市内にある某国立大学ご出身なんすよねw。

参考記事:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 「フリーメイソン」
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-15 00:26 | いろいろ感想文
2008年 04月 08日
いよいよ崩壊本格化か。さらばグローバリズム&新自由主義・カジノ資本主義。
a0054997_23462498.gif

 複数のネットの情報によると、今は一服感のあるアメリカの株ですが、4月中に暴落する見方があるようです。バブルが完璧にはじけるようですね。

【RPE】米ロ新冷戦終わらず [まぐまぐ!]より
アメリカについて。

最近、新車販売の大幅な落ち込み、失業者の増加などネガティブな情報が出ているにもかかわらず、株が底堅く推移しています。

これをもって、「アメリカ経済は大丈夫」などと思ってはいけません。

はやくても4月中に、アメリカと世界の希望を打ち砕く事件(たとえばダウ暴落)などが起こるでしょう。

今は、「台風の目」に入っただけなのです。

松藤民輔の部屋 | 経済 : 「ワーニング」より
4月17日、全ての市場が大きな転換点になります。

 暴落が現実になると、アメリカに大量のお金を貸してる日本にも影響が及ぶのでしょう。ドル投資している生保や年金の資金が毀損する恐れもありそうですね。


 下記のニュースは笑った、つかザマア見ろって気になりましたw。悪事の報いがやってきたのでは? いわゆる「ワシントンコンセンサス」に則って、南米やアジアで新自由主義化を推し進め格差社会化に貢献してきたIMFが規模縮小だそうです。しかも保有のゴールドを400トン以上売りに出すとか。
 IMFから金(カネ)を借りた国々がその後、アメリカや国際金融資本の半植民地になってしまった反省から、南米ではベネゼエラを中心にIMFに代わる域内での資金調達の仕組みを作る動きも出てきてますし(南米7か国が独自の開発銀行創設、世銀・IMFからの脱却目指す 国際ニュース : AFPBB News 2007年12月10日)、アジア通貨危機の際に痛い目にあったタイ等ASEAN諸国や韓国も外貨を積み上げて二度とIMFの「お世話」にならないように、この10年努力してるようですからね。

IMFが財政健全化策、保有金の一部売却・歳出削減など盛る 2008年 04月 8日 13:53 JST | Reutersより
 1990年代にアジアや中南米への経済支援で中心的役割を果たしたIMFは、貸し出しによる収入を運営原資としているが、ここ数年はIMFの介入が必要になる経済危機が減少したため収入が減り、赤字が拡大する状況となっている。


 また、先月のアメリカの新車販売台数が-10%だそうで(米 買い控えで新車販売低調 )、これってかなりヤバイことだとか。
 アメリカというおいしいマーケットがあるから、日本の企業はアメリカの言いなりになってきたようですが、マーケットとしての力が弱ってきてるってことのようです。経団連はそのへんを気付きはじめてるようですが、外資のオコボレでやりくりしてる企業の多い経済同友会はダメですね。未だに「日本は改革が不十分だ」とかバカなこと言っとるし‥。

NIKKEI NET(日経ネット):経済ニュース 海外からの単純労働者受け入れ推進を、同友会が提言より
金融市場でも「外国人投資家を黒船や破壊者のごとく過度に警戒してはいけない」とし、活性化には積極的な受け入れが不可欠とした。

 また、過去にも類似の提言が各方面から出ているが実現していないことについて「我々ひとりひとりが変革の実行者になる覚悟を持てきれなかった」と分析。「グローバル化の流れに食らいついていくという覚悟を持って、自らの『意識改革』を図るべきだ」と強い調子で改革を求めている。(06日 20:35)

(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-08 23:36 | 世界情勢
2008年 04月 06日
団塊世代左翼出身者を憂う(~o~)。まったくおっしゃる通りだよな~@ネットにて。
a0054997_17252315.jpg


「猪名野の原の笹枕  ネオリベ論争は、従来の「左翼」VS「保守」の枠組みを崩壊させつつある」より
特に左派のネオリベ論者は、「日本人いじめがしたいだけ」です(嘲)。

 従来から、日本が嫌いで嫌いで仕方のない彼らは、アメリカから、日本が「ああだ」「こうだ」とつつかれるのが面白くて仕方がないのでしょう。自分たちもそれに便乗して、「正義の使者」を気取って日本を責め立てています。
彼らは、嫌米だけど、それ以上に嫌日なのでしょう。あるいは、彼らは、軍事において嫌米だけど、それ以外はアメリカ大好き人間なのかもしれません。

 上記まったくおっしゃる通りで、『我が意を得たり』です。拍手w。更に下記も頷いてしまいました。

「世代間闘争論、あるいは団塊の世代の精神的病理について - 代替案」より
 全共闘の人々が犯罪的だと思うのは、彼らがバカげた運動をしたせいで、その後の日本人の大多数が社会運動そのものに決定的にネガティブなイメージを持つようになってしまったこと。そして民衆が歴史を動かすという具体的イメージを日本社会が失ってしまったことです。学生運動が実際に社会を動かしてきたフランスや韓国などの活力比べて、日本がここまで硬直してどうしようもなくなっているのも一重に全共闘運動の責任だと思うのです。すでにして彼らは、こうして後の世代に多大な負債を残しているというのに、あろうことかこの期に及んで、貧困に苦しむ若い世代の新しい運動に対して、「自己責任」と罵倒しながら冷水を浴びせかけるなんて、私には断じて許せない。彼・彼女らに対しては断固として闘わねばならないと思います。

 上記のご意見に対するコメントとして下記のようなものもありました。
あえて疑いも (Chic Stone)より
今の日本で、特に若者の社会運動が弱いことに、全共闘のあさま山荘にいたる失敗があったことは確かです。
でもその失敗は、運動した側だけの責任でしょうか?
日本の公安・機動隊などがずっと上手だったからというのもあるのでは?人権侵害極悪非道という負の面と、見事治安を守り通したという正の面両面で。
またその失敗が全共闘世代だけの責任かどうか…彼らがちゃんと小中学生時代に、正しい情報に基づいたアメリカ・フランス・ロシア・辛亥・明治維新各革命を学んでその成功と失敗を理解していたらどうだったでしょう?

団塊ジュニアは、ほとんど生まれながらに立ち上がれないほど叩きのめされている感じがします。
それをどうすればいいのか…怒りは理解できますが、誰かのせいにする思考法ではなく、ひたすら突破法を探していきたいです。

 自分もね、左翼出身の団塊世代=猪瀬副都知事やテリー伊藤あたりの物言いというか立ち位置に大きな不快感を覚えるのですがw。また実際にネット上で、過去の日本の良さを誉めようものなら、複数の団塊世代運動家ご出身の方々から頭ごなしに批判的な書き込みをされた経験もありました(先だっても書かせていただきましたが、自分は過去に'60~'70年代ロックを聴き込んだ、どちらかというとリベラルな志向性を持つ者でございましたが…)。
 空間軸における日本という土地と自分とのつながり、そして時間軸における過去の自分の親や祖先とのつながりに対して全く無自覚で、突然変異的にこの日本に生まれて来た特別な存在と自己認識されているとしか思えない言動の数々なんですよね。霞を食って生きてるが如き当事者意識の無いスタンスでの批判のための批判(しかも日本的なものを否定することが正しいと思ってる)をやっているところがジツに不快なんですけどね。
 また、運動のせいで国家権力によって逮捕されたというご体験も、大変なことだったろうとご推察しますが、ただそういう体験談を聞くと、かつて団塊世代の皆さんが自分たちの親の世代に対して、『戦争体験がそんなに偉いのか?』と異議申し立てを行ったのと同じ感情を、団塊世代の運動体験者の方々に対して抱いてしまいます。

 しかし、上記のような若い方の大人なご意見に接すると共鳴と反省が生まれますね。

 また下記のご意見もジツに納得できちゃうんですけどね。敵と味方を見誤ることは、「彼ら」(国際金融資本とそのエージェント)の「分断して統治せよ」の罠にまんまと嵌ることになりますから、注意が必要かもしれませぬ。
喜八ログ: 鈴木邦男さんの「内ゲバ」論より
鈴木邦男さんも上の文章中で述べられているように「人間はもともと好戦的な動物なのだろう」。その点は「右」も「左」もおなじことなのだと思います。しかし、どちらかと言えば「左」のほうが凄惨な内ゲバに陥りやすいとは言えるのではないでしょうか。もちろん、ここで「左翼は駄目で、右翼はいい」なんて主張をするつもりはありません。右には右の良さ、左には左の良さがあり、両者の長所を活用していくべきです。

(太字は全て引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-06 16:53 | いろいろ感想文
2008年 04月 05日
こういう迷惑な犯罪者集団は早く日本から退去してほしい。ヤクザ国家アメリカ。
 先日の横須賀のタクシー運転手刺殺事件に引き続き、この事件。
時事ドットコム:憲兵も関与か、事情聴く=米兵家族の少年2人逮捕-タクシー強盗・沖縄県警

a0054997_1546636.jpg しかも、「思いやり予算」という名の巨額のお金を(米兵一人当たり1300万円だとか!)我々日本人の税金から搾り取ってる上に、米軍再編費と称し上乗せしようてんだから(総額3兆円になるとか)、まったく借金まみれのヤクザ国家のやることは滅茶苦茶。アメリカ大好きのバカマスコミやバカ御用評論家、“外資族”政治家、アメリカかぶれ官僚も早いトコ引っ込めといいたいです。


 関連して下記。アメリカ政府が日本に行ってることが犯罪的なんですから、下々が犯罪的になるのもやむを得ないんでしょうか。“他人のモノはオレのモノ、そもそもだまされるヤツが悪い”ってのが彼らの本音なんでしょうから(アングロサクソン、ユダヤの経験主義・合理主義の当然の帰結なんでしょう)。シーファー駐日大使もどこまで本気で謝ってんだか。

長周新聞 「大増税し米軍再編に1兆円」より
日本政府はドル暴落を食い止めるためにドルを買い支え、財政危機にあるアメリカの国債を買いこんで、アメリカ財政を支えている。日本の金をアメリカに流して、国内には回らなくしている。アメリカがアフガンやイラクで戦争をはじめれば金を出し、米軍再編といえば1兆円をこえる血税を出す。小泉政府は、あらゆる医療や教育、福祉などの社会的な支出を削減して生活を困難にし、そしてサラリーマン増税から消費税引き上げなどの大増税をやろうとしている。国民生活を破壊することによって、米軍の戦争に日本を縛りつけようとしているのである。


写真はYOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20080404-OYT8T00043.htm)より

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-05 15:42 | 日米関係
2008年 04月 03日
『<思いやり予算>参院は否決へ』だそうです。嗚呼良きことかな。
<思いやり予算>参院は否決へ 「ねじれ」日米同盟にも影響
4月2日20時24分配信 毎日新聞


a0054997_142720.jpg ヤクザ顔負けの恫喝で、日本にいいようにカネをせびる米軍サン。しかも今回の横須賀でのタクシー運転手刺殺事件のように、各地で日本人を蹂躙してる犯罪者集団にほいほいカネを払う必要はありません。
 ところで、ここんと急に目立ち始めた北の強硬姿勢は、思いやり予算や基地再編費を早いトコ日本に払わせたいアメリカが、陰で金ちゃんや北を動かしているんじゃないすか?w

 また、なんでもかんでも野党のせいにする日本政府やマスメディアの姿勢にも疑問を呈せざるを得ないのですが。昨年の参院選での民意の結果なんですから、国民主権をうたう憲法を擁する国家としては、その声を尊重するのが筋じゃないでしょうか? 「ねじれ」が、さも悪いことのように言ってるけど、そんなら早いトコ解散総選挙をすべきでしょ…。
 ガソリン値下げを喜ぶ国民をドロボーか強盗みたいに批判する、政府とマスコミの物言いにもハラが立ちますし。政治家も官僚もマスメディアの関係者も公用車を常用していて、テメーの財布でガソリン入れたこと無いんでねーのか、と思ってしまいます。

 これも記者クラブ制度や寡占状態のマスメディア業界に大いなる問題があるのでは。公正取引委員会なんてのも名ばかりで弱いトコばかりイジメてるだけやし。

今週の内外政治経済金融情勢の展望より
財務省は公正取引委員会委員長ポストを握り、新聞の再販価格維持制度の生殺与奪権を通じて新聞メディアを支配する立場にある。マスメディアは特ダネの入手、経営上の恩典を重視して権力迎合の姿勢を鮮明にしている。マスメディアの堕落が日本の真の構造改革実現を妨げている。
 唯一、東京新聞(中日新聞)だけが3月20日の社説で『日銀総裁問題 天下り慣行を見直せ』と正論を述べた。


[2008.03.31] ガソリン国会を正しく見抜く眼力 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログより
  福田首相も、さらにその前に既に一般財源化を唱えている小泉元首相も、所詮は財務官僚のシナリオに踊らされている。それを知ってか、知らずか、福田首相の提案をこぞって持ち上げて、今度は民主党に譲歩を迫る大手新聞もまた、皆、官僚たちのお友達なのだ。
(中略)
 一般国民は気づかなくてはいけない。ガソリン国会を巡る与野党の攻防の本質は、ただ一点。官僚支配を突き崩せるかどうかだ。戦後の政治を貫いてきた、自民党・官僚支配勢力と、その支配勢力に支配されてきた一般国民の、最終的なせめぎ合いなのである。

こちら↓のインターネットラジオもなかなか良いことおっしゃってます。
藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2008年4月1日 ガソリンが安くなった

 財政赤字をことさら煽って自らの権力を維持しようとしている財務省のやり口については、以前下記に書きました。よかったらご参考になさってください。
財務省(大蔵省)がナゼ財政赤字の危機をことさら煽るのか。-1
財務省(大蔵省)がナゼ財政赤字の危機をことさら煽るのか。-2


 財務省さん、そんなに大変だったら、いわゆる霞ヶ関埋蔵金やら、しこたま買い込んだアメリカの国債・地方債やらでヤリクリすりゃあいいじぇねーか、と思うんですけどね。まったく強いもの(アメリカ様)にへつらい、自分たちの利権を守ることに汲々として、ツケは全て国民(しかも庶民)持たせよーって、あぁた、おふざけにも程があります。

(太字=引用者)

[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-03 00:54 | 日米関係