<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 23日
しかし誰が味方で誰が敵なのかよーわからん展開 w=ウイークリー日記-2009/11/17~11/23
11月17日
●──財務省主導しかも目先のゼニ勘定しか見ない市場原理主義に染まった事業仕分けに「NO!」の声を! 文科省“反論”募集HP http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

●──しかし誰が味方で誰が敵なのかよーわからん展開 w それも又楽しい激動期かな。しかし当面の敵ははっきりしてる。
 与党とその周辺、特に事業仕分けに巣くう市場原理主義者と彼らを応援するマスコミ。

●──右大いに頷く→「(事業仕分けでは)環境や温暖化の予算をそのままにして、他の研究分野のほとんどを大削減しています。これでは民主党案は亡国の謀です。基礎科学分野の予算は驚くほどの勢いで、しかも驚くほどの金額を削って行っています。これでは大規模な頭脳流出は避けられそうもありません。」
 そして「日本のような国は人材を育てずして、一体、何によって立っていこうとしているのでしょうか?」と。まったくおっしゃる通りでは。
 以上二つは以下URLのみかんちゃんさんのコメントからです。対談 「日本再生待ったなし 第1回」 2009年11月11日 高橋昭一代議士 vs 藤原直哉

11月18日
●──民主党はマニフェスト自家中毒。ナゼ自分達が先の総選挙で選ばれたのか全く見えていないようで。小泉カイカク的なものを否定してほしくて選んだら、ゾンビのように小泉政治の亡霊が甦ってしまったというわけ。

 前原大臣とか枝野議員とか都会育ちの偏差値世代オボッチャンは(ってオレもか?w)、先の総選挙の大勝で舞い上がっちゃってんだろ。ちょっとアタマ冷やせよって感じ。

 小泉元首相はメルマガ発行で「新しさ」を装い、民主党はネットによる双方向のやりとりという「新しさ」をアピールしてる。基本的手法はどちらもよく似ていて、実際に政治の現場でやってることは日本弱体化と「効率化」「民営化」という名の公共インフラのパルクセール。

●──「効率」と「ムダ」を対立的にとらえる視点って20世紀っぽい。「官」と「民」もそう。

●──そういえば一昨日小野洋子氏がNHKテレビの「スタジオパークから」インタビューで日本の空気について触れていた。
 湿気を多く含んだ曖昧さ--欧米の強固な自我を体験してきた人達にはそれがまだるっこかったり、反対にほっとしたりするみたい。

11月19日
●──拝啓藤井財務相サマ。9月末、外貨準備高が過去最高になったそうで、これって紙切れになりつつあるドルに日本人が稼いだカネを貢いだってことでしょ。財務省ともども日本国民ではなくアメリカのしもべなんですね。

●──社会の工業化・情報化が進んでいくと人々の個々の要求に応えていかないとモノは売れなくなる。効率重視のマス生産ではダメ。民主党の前原氏や枝野氏らはそこが見えてない20世紀型の古い政治家だろ。
 社会全体として少数者(障害者や難病の患者さん等)をフォローせざるを得なくなる。そこが民主党の偏差値世代議員さんたちには見えていないのでは。

●──今回事業を仕分けられる側にまわった元宇宙飛行士毛利さんが、官僚的な上から目線や、財務省主導が明らかな事業仕分けのやり口を告発されていた。もしかしたら意識的に取り上げられた自民党寄りの発言だったのかもしれませんが、それでも毛利さんと報道したNHKに拍手。

●──しかし民主党の偏差値世代議員と仙石大臣の勘違いがはなはだしい。ところで「郵政米営化」という鋭い言葉を発明された小林興起議員が最近表に姿を現しませんが、どうしちゃったんだ?
 報道ステーションつかテレ朝は郵政民営化見直し法案をよっぽど通させたくないようだな。しかし時事通信の田崎氏ってなんなんだ?

11月20日
●──デフレに金融政策で対処しようとしてる菅大臣。そういうマネタリスト的発想はもはや時代遅れ。株価も反応してるじゃないの。誰が経済の指南をやってるんだ?

●──「アセンション」って神や宇宙人による外的なものでなく、我々の中にあるエゴイズムの問題。

11月21日
●──政権変わってからもまた強行採決って、やっぱ小選挙区制は改めたほうがよろしいのでは。

●──地球や物質的富(お金)の有限性が多くの地球人に明らかな2009年だからこそ… RT @metakit Twitterが示しているのは「ストックからフローへ」という大きな流れだろう。「アルゴからライブへ」という。 #深呼吸_
 モノよりコト重視の時代へ。もしかしたらこれは他者との関係性を重んじる日本人の得意分野ではありませんか?

11月23日
●──RT @metakit 「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」が来た。「11月11日(水)の行政刷新会議事業仕分け作業の結果、一般用薬類似医薬品(OTC類似薬)(漢方・ビタミン・湿布薬)を保険給付からはずすという財務省案にワーキング・グループ15名のうち11名が賛成」

●──強く同意→「そもそも、今は予算カットではなく、大規模な景気対策をやるときなのだ。デフレの恐ろしさを知っていたら一時の猶予も許されない。放置すれば少なくとも年間数千人もの人を経済苦で自殺に追いやってしまう。」
日本経済は鳩山デフレに突入(小野盛司): 神州の泉より

●──昨夜フジテレビ特番でたけしが珍しくまっとうな事を言ってた。
 今まで酷かったんで新しいの選んだらそれもまた酷くて、国民は二つあるうちどっち支持して良いんだかわからなくなってるのが今だ、と。
 同じ番組内で爆笑問題太田が橋下大阪府知事に、有権者が悪いとかお前に言われたくねー、と半分マジで噛み付いてたのにはわろたw。

 以上ここ1週間のtwitterでの書き込みを転載。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-11-23 00:06 | ウイークリー日記
2009年 11月 22日
行政刷新会議「事業仕分け」にはイライラさせられた。酷いもんだな。=ウイークリー日記-2009/11/10~11/16
11月12日
●──役人責めるのも良いが、削減された予算と一緒に削られれであろう雇用について充分なフォローが必要では。
 小泉改革の時と同じように財務省の権限の強化で終わることの無きよう。財務省こそ霞ヶ関の本丸。
 行政刷新会議もしくは政府には特に地方の雇用について充分なフォローを。

11月14日
●──行政刷新会議が注目されて財務省は万々歳かも。目先のゼニ勘定の数字合わせばかりで、戦略無き国家は衰退するのみです。

11月15日
●──普天間の問題は、これまでのようなアメリカによる高飛車な要求に対し、日本側からモノが言える大きなチャンスになるようです。マスメディアを使って日本にある種の脅しをかけてきてるのは、そのことをアメリカが恐れているかららしい(天木さんメルマガより)。
 「属国日本」という役柄は国際政治の立場上止むを得ないかもしらんが、ご主人様(アメリカ)に媚びへつらい過ぎだったこれまでの日本。

●──激しく同意。 RT @ Haba_nero RT @Takashi_H: 官僚が悪者扱いされてますが、責められるべきは悪しき官僚主義ではないでしょうか。なんか間違えてる。

11月16日
●──激しく同意。「(事業仕分けという)協議の場を動画で国民に晒し、悪者を仕立て上げる手法は、郵政民営化選挙の際に小泉政権が用いた「劇場型政治」の手法である。 予算費目の厳密な吟味について、地に足をつけた堅実な手法を模索する必要があると考えられる。」財務省利権への切り込みが脱官僚政策の原点: 植草一秀の『知られざる真実』

●──官僚イジメを声高に報道し、それに拍手喝さいをしてる人たちを観てると、小泉政権時のヒステリックなマスコミやそれに拍手喝さいを送る所謂B層有権者の熱狂を思い出してしまうのは自分だけだろうか?
 確かに天下り官僚への法外な報酬は問題だが、予算の全額が報酬にまわってるわけではないのでは。そこを見間違うと日本の経済規模は益々縮小均衡に向かい、税収も減り、その分の増税が待ってるはずです。
 あんまエラソなこと言えた立場じゃねーが、マスコミのバカぶりは商売だからやむをえない面もあるだろうが、有権者も政治家ももっとマクロ経済を学ぶ必要があるのでは? 特に与党議員とその支持者の皆さん。
 マクロ経済について、小野善康氏やリチャード・クー氏の著作を個人的にはお薦めします。

●──これも正論では→「いま実施中の補正予算は、国権の最高機関である国会が正式に決定したものである。この予算の執行停止や一部取り上げ(組み替え)は、国会において行われなければならない。国会が決定したことを、行政府が勝手に変更することは重大な越権行為である。」(2009.11.15(その3)森田実の言わねばならぬ【901】平和・自立・調和の日本をつくるために[896]《新・森田実の政治日誌》[あえて鳩山内閣にもの申す]民主党マニフェスト・ファシズム批判・問われているのは議会制民主主義の問題である/実施中の補正予算を国会の議を経ずに行政府によって執行を停止したり内容を変更するのは、国会をないがしろにするものであり、憲法上疑義がある )

●──小泉内閣の経済財政諮問会議とか総合規制改革会議あたりから、民間の利益享受者が直接政府の政策決定の場に入ってくるようになって、政策決定のプロセスがおかしくなった。民主党は悪い意味で小泉政治の正統な継承者ってことか。

●──右にも強く同意→「事業仕分け:スパコン「事実上凍結」…世界一でなくていい - 毎日jp(毎日新聞) わざわざ政治主導で、日本の強味である先端技術を手放すんですか? 教育分野の金を減らして、日本の将来を担う世代の育成を放棄するんですか! ふざけるのもいい加減にしろ。」このページ(対談 「日本再生待ったなし 第1回」 2009年11月11日 高橋昭一代議士 vs 藤原直哉)のコメント欄の奇兵隊さん書き込みより

●──日本人の自虐的な洗脳加減が現れているようで落ち込む。 RT @miro_cherry 日テレ世論調査では、財務省主導の事業仕分けを72.2%が支持してるそうで…(驚)内閣支持率66.3%~日本テレビ世論調査 | 日テレNEWS24

※アップが遅れてすいません。先週末体調を崩しましてヘロヘロになってしまいました。皆様もご自愛ください。
全然関係ありませんが、皆様に幸あれの意味を込めましてオマケ音楽動画。

Buzzcocks- "Evrybody´s Happy Nowadays"

[PR]

by darsana-te2ha | 2009-11-22 23:47 | ウイークリー日記
2009年 11月 10日
民主党小沢さん、父子家庭児童手当て、財務省による「脅迫」の事など… =ウイークリー日記-2009/11/10 
 以下ここ1週間のtwitterでの書き込みを転載。

11月5日
●──反小泉・竹中で意見の一致してた方々、政権交代後の小沢氏への評価が人によってまるで正反対。僕個人的にも判断難しい。小沢さんの選挙職人としての技術については大いに評価してますが…。

11月8日
●──「SIGHT」最新号で内田樹氏と高橋源一郎氏が、自民党ってのは家父長の政党で、民主党ってのは鳩山さんや管さん見ればわかるように「夫婦共和制」の政党だと。
 何かっていうと、これからの時代は女房に尻敷かれてる奴が政治をやるべきだ、ということだそうです(笑)。
 そうすっと、家父長的な匂いを大いに残す小沢氏の今後ってけっこう微妙かも(笑)。

●──父子家庭への児童扶養手当について藤井財務大臣が難色を示したとか。財務省のお役人に言いたい。一週間で良い、家事と仕事の両方をやってみてくださいよ、と。
 この急激な雇用流動化の情勢下、男女関係無く大変なんですよ。しかも父子家庭の場合、子育てを優先して仕事が制限されることも多い。ステレオタイプな「オトコ=強者」みたいな見方をすなっ! 父子家庭の子どもの目線を想像できるアタマを持てっ!
(父子家庭当事者として、つい熱くなってしまった。)

11月9日
●──さっきやってたNHKの「秘録 日朝関係」、小泉氏や外務省、自民党のヨイショ番組か? ブッシュ元大統領の来日にほぼ合わせたタイミングでの放送に、いろいろ勘繰ってしまう(天木さんがメルマガでそんなふうな読みをされてまして、なるほどと思った次第です)。

11月10日
●──財務省による自らの権限を維持したいがための醜い国民への「脅迫」再び。粗債務じゃなくて貸した金で相殺された純債務を発表しなさいよ。日銀も財務省もここ10年余日本国内のお金の流れを悪くさせることばかりやってる。結局国民のことより自分達の権益を守ることばかり。民主党さん、お役人のこういう狡さを是非暴いていただきたいものです。
国の借金が864兆円と過去最大 1人当たり678万円  (共同通信) | エキサイトニュース


 他に先週気になったニュースをちょっとだけ。

2009年11月02日 4:09 pm JST 白川総裁が指摘した経済現象 投稿者 田巻一彦  | ブログ | Reuters.co.jpより
白川総裁は、世界経済の先行きに関する質問に答えた中で「先進国の金融緩和で供給された資金やリスクテークの能力が、(中略)新興国の経済を押し上げている」「したがって先進国と新興国を結ぶ1つの大きなリンクは、先進国の金融緩和が、染み出したという言葉がいいのか悪いのかわからないが、影響していることだと思う」と指摘した。

先進国の金融緩和が、新興国の経済上振れに影響を与えているとの指摘だ。

 いわゆる円キャリーだのドルキャリーって当たり前にある事実かと思ってましたが、中央銀行のトップが認めてはいけない事象らしいですな…。


プーチン露首相、米GMのオペル売却撤回を「見下した態度」と非難| マネーニュース| 最新経済ニュース 2009年 11月 6日 09:07 JST | Reutersより
[モスクワ/リュッセルスハイム(ドイツ) 5日 ロイター] 米ゼネラル・モーターズ(GM)[GM.UL]が独オペル売却を撤回したことについて、ロシアのプーチン首相は5日、米国が欧州を見下していることの表れだと非難した。GMは加マグナ(MGa.TO: 株価, 企業情報, レポート)とロシアのズベルバンク(SBER03.MM: 株価, 企業情報, レポート)へのオペル売却を決定していたが、3日に撤回を発表した。

 プーチン首相は「すべての合意が成立し、契約調印も済ませていたにも関わらず」GMは決定を撤回したとし「こうしたやり口があることを、肝に銘じなければならない。これは良い教訓になった」と述べた。

 アメリカによる東欧のミサイル配備見直しでよくなりつつある米露関係かと思ってましたが、上記を読むと裏で情報戦があるようですねw。


 以上ここ1週間のtwitterでの書き込みの転載を中心に…。
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-11-10 23:58 | ウイークリー日記
2009年 11月 03日
政府もマスコミも「無駄、無駄」って目先のゼニのことばかり。=ウイークリー日記-2009/11/2 
10月26日
●ー下記柳井氏ですが成功者として持ち上げられてるけど、自分の会社さえ勝ち残れたらあとは敗者でありどうなっても良いという、ある意味反社会的な発言に聞こえてしまうのですが…。金儲けという大義名分があればなんでも許されると言うネオリベ思想の体現者ということか。
 この不況のせいで低価格路線での売り上げが伸びたのかもしれませんが、消費者の本当のニーズは価格だけではないと思うのですよね…。景気が回復したときが勝負になるのでは?

ファストリ柳井会長「閉じた社会、未来ない」 世界経営者会議が開幕 NIKKEI NET
より
グローバル競争では「世界規模で1強100弱の時代になるため、世界一にならなければ生き残れない」と指摘。経営者は逆境を嘆くのではなく、画期的な製品、革新的な企業をつくるなど抜本的な改革に取り組んで「世界中で勝とうとすべき」だと強調した。


10月28日
●ー「無駄撲滅」と称し、政府が率先して競争入札を導入してるんだけど、結局「安かろう悪かろう」を世の中に広めているだけでは。
 耐震偽装みたいなコスト優先が産んだ悪弊が色んな業界に蔓延しちゃってる。現場無視の大手マスコミや内閣府、財務省には猛省を求めたい。いわゆる「官製ワーキングプア」というのもこれに含まれてくるでしょうね。
 ホリエモンや村上ファンドのような一攫千金を褒めそやすようなおかしな価値観がはびこったせいもあるんでしょうが、結局コスト削減によるデフレで、一般国民は疲弊して行き、金持ちや大企業の大株主さんだけがトクをしてるだけでは。


10月31日
 地球上の有限の資源を分け合うということでは、今後世界の「自由」は制限せざるを得ないと思います。生物学的な「棲み分け」が人類にも必要ではないかと。弱肉強食では長い目で見た場合、内部崩壊が必然だと思います。
 ただこういう混乱に乗じて恐怖を煽って人の心をコントロールしようとしたり、金儲けを企む輩には充分注意が必要だと思います。


11月1日
●ーそうかもう20年も経つのか。今日のグローバリゼーション化の荒波のスタート地点だったか。

ベルリンの壁崩壊から20年で記念式典、米独ソの元首脳が出席| Reuters 2009年 11月 1日 14:17 JST



●ー仙谷行政刷新相は、行政刷新会議の「事業仕分け人」にモルガンスタンレーのロバート・フェルドマン氏(竹中氏のお仲間。テレ東で日本は改革がまだ足りないという発言を繰り返してる方)を起用する方針とか。中田横浜前市長の総務省顧問入りとか、構造改革派(=日本弱体化&破壊派)を数多く起用する民主党政権は一体何を考えておるのか?

事業仕分け人 川本裕子早大院教授を起用 2009年10月29日18時22分 asahi.com(朝日新聞社)より
仙谷由人行政刷新相は29日、来年度予算の無駄削減に取り組む行政刷新会議の「事業仕分け人」に、川本裕子・早稲田大学大学院教授を起用する方針を固めた。モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン経済調査部長も起用する方向だ。


●ー政府もマスコミも「無駄、無駄」って目先のゼニのことばかり。たとえば失業者と言う人的資源の無駄には言及しない。過剰貯蓄というムダにも言及しない。
 中長期的な経済戦略が無くて、ムダさえ省けば経済が良くなると思ってるご様子。なんとかならんか。
 植草さんがご指摘されてるように、中長期の経済政策についてよく理解されたマクロ経済の司令塔が鳩山政権には必要かもしれませんね。
 
 国債発行枠44兆円とか国会で首相が答弁してましたが、このままだと来年は日本発の経済恐慌もあり得る。マトモなこと言ってるの亀井大臣だけだな。仙石大臣を早くクビにしてほしい。
 1945年といっしょで、落ちるとこまで落ちないと目が醒めないニッポン人なのか…。

(このウイークリー日記はこちらのtwitterに日々書き込んだネタを転載加筆してます。)
[PR]

by darsana-te2ha | 2009-11-03 00:26 | ウイークリー日記