<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 07日
最近のニュースから…。政権交代から早半年、いろいろありますが…
 お久しぶりです。忙しさにかまけてツイッターだけやっており、トラックバックもお返しせずに大変失礼いたしました。

********
 
 さて本題。最近読んだニュースで良かったなと思ったものを二つばかし…。政権交代で疑問もあれば(例:事業仕分けの大騒ぎ)、下記のような良い点もあり、今後とも注視してまいりたいと思います。


内閣府参与に小野阪大教授 経済政策を助言(NIKKEI NET(日経ネット))
より
経済財政政策を担当する菅直人副総理・財務相は5日、阪大の小野善康教授を内閣府参与に任命したことを明らかにした。小野教授は阪大と兼務しながら、必要に応じて菅副総理に経済政策を助言する。昨年末の成長戦略の策定では有識者としてヒアリングに呼ばれるなど、民主党政権との距離が近いとされる。

 小野教授は規制緩和など企業活力の向上を狙う政策は人員余剰につながると指摘。環境インフラへの財政支出などが需要を増やし日本経済を活性化させると訴えてきた。

 マクロ経済の需要と供給のバランスについてよくご存知の小野教授の採用。良きことなり(当ブログの「ライフログ」欄に加えさせていただいた「不況のメカニズム―ケインズ『一般理論』から新たな「不況動学」へ (中公新書)」の著者であられます)。
 良い意味での「無駄」の必要性をマクロ経済の視点からよくご理解されている小野教授なので、「無駄の削除」ばかり叫ぶ民主党の一部勢力に対して、経済の縮小均衡を加速させるようなアホなことをさせないよううまくけん制していただきたいものです。
 菅さんが経済の素人だという批判がありますが、逆にこれまでの政権やお役人では考えられないような大胆な発想も出来るではないかと良い面で期待したいと思います。


 もう一つが下記。これはもう早急にかつ確実に行っていただきたいものです。「構造改革」の名の下に行われた一部の勢力のみに利益を供与するような歪んだ行為を白日の下に晒していただきたし。

西川郵政のかんぽ宿売却に「重大な問題」 検証委委員長が見解 2010.2.25 18:42 - SankeiBiz(サンケイビズ)より
 日本郵政グループの西川善文前社長に決まり、白紙撤回された宿泊保養施設「かんぽの宿」の売却などをめぐり、同グループのガバナンス(企業統治)のあり方を検討する検証委員会は25日、開かれ、中間報告を行った。元東京地検特捜部検事で名城大教授の郷原信郎委員長は会合後の会見で、「途中経過の印象、感想だが、日本郵政のガバナンスには非常に重大な問題があったと見ざるを得ない」と述べた。

 同委員会では今後も、関係者からの聞き取りなどを行い、3月中をめどに調査報告書をまとめる。


(当ブログに比べマメに書き込んでるツイッターはこちらです。良かったらアクセス&フォローをよろしくでございます→https://twitter.com/te2ha
[PR]

by darsana-te2ha | 2010-03-07 19:50 | お金、政治