2009年 11月 10日
民主党小沢さん、父子家庭児童手当て、財務省による「脅迫」の事など… =ウイークリー日記-2009/11/10 
 以下ここ1週間のtwitterでの書き込みを転載。

11月5日
●──反小泉・竹中で意見の一致してた方々、政権交代後の小沢氏への評価が人によってまるで正反対。僕個人的にも判断難しい。小沢さんの選挙職人としての技術については大いに評価してますが…。

11月8日
●──「SIGHT」最新号で内田樹氏と高橋源一郎氏が、自民党ってのは家父長の政党で、民主党ってのは鳩山さんや管さん見ればわかるように「夫婦共和制」の政党だと。
 何かっていうと、これからの時代は女房に尻敷かれてる奴が政治をやるべきだ、ということだそうです(笑)。
 そうすっと、家父長的な匂いを大いに残す小沢氏の今後ってけっこう微妙かも(笑)。

●──父子家庭への児童扶養手当について藤井財務大臣が難色を示したとか。財務省のお役人に言いたい。一週間で良い、家事と仕事の両方をやってみてくださいよ、と。
 この急激な雇用流動化の情勢下、男女関係無く大変なんですよ。しかも父子家庭の場合、子育てを優先して仕事が制限されることも多い。ステレオタイプな「オトコ=強者」みたいな見方をすなっ! 父子家庭の子どもの目線を想像できるアタマを持てっ!
(父子家庭当事者として、つい熱くなってしまった。)

11月9日
●──さっきやってたNHKの「秘録 日朝関係」、小泉氏や外務省、自民党のヨイショ番組か? ブッシュ元大統領の来日にほぼ合わせたタイミングでの放送に、いろいろ勘繰ってしまう(天木さんがメルマガでそんなふうな読みをされてまして、なるほどと思った次第です)。

11月10日
●──財務省による自らの権限を維持したいがための醜い国民への「脅迫」再び。粗債務じゃなくて貸した金で相殺された純債務を発表しなさいよ。日銀も財務省もここ10年余日本国内のお金の流れを悪くさせることばかりやってる。結局国民のことより自分達の権益を守ることばかり。民主党さん、お役人のこういう狡さを是非暴いていただきたいものです。
国の借金が864兆円と過去最大 1人当たり678万円  (共同通信) | エキサイトニュース


 他に先週気になったニュースをちょっとだけ。

2009年11月02日 4:09 pm JST 白川総裁が指摘した経済現象 投稿者 田巻一彦  | ブログ | Reuters.co.jpより
白川総裁は、世界経済の先行きに関する質問に答えた中で「先進国の金融緩和で供給された資金やリスクテークの能力が、(中略)新興国の経済を押し上げている」「したがって先進国と新興国を結ぶ1つの大きなリンクは、先進国の金融緩和が、染み出したという言葉がいいのか悪いのかわからないが、影響していることだと思う」と指摘した。

先進国の金融緩和が、新興国の経済上振れに影響を与えているとの指摘だ。

 いわゆる円キャリーだのドルキャリーって当たり前にある事実かと思ってましたが、中央銀行のトップが認めてはいけない事象らしいですな…。


プーチン露首相、米GMのオペル売却撤回を「見下した態度」と非難| マネーニュース| 最新経済ニュース 2009年 11月 6日 09:07 JST | Reutersより
[モスクワ/リュッセルスハイム(ドイツ) 5日 ロイター] 米ゼネラル・モーターズ(GM)[GM.UL]が独オペル売却を撤回したことについて、ロシアのプーチン首相は5日、米国が欧州を見下していることの表れだと非難した。GMは加マグナ(MGa.TO: 株価, 企業情報, レポート)とロシアのズベルバンク(SBER03.MM: 株価, 企業情報, レポート)へのオペル売却を決定していたが、3日に撤回を発表した。

 プーチン首相は「すべての合意が成立し、契約調印も済ませていたにも関わらず」GMは決定を撤回したとし「こうしたやり口があることを、肝に銘じなければならない。これは良い教訓になった」と述べた。

 アメリカによる東欧のミサイル配備見直しでよくなりつつある米露関係かと思ってましたが、上記を読むと裏で情報戦があるようですねw。


 以上ここ1週間のtwitterでの書き込みの転載を中心に…。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-11-10 23:58 | ウイークリー日記
2009年 11月 03日
政府もマスコミも「無駄、無駄」って目先のゼニのことばかり。=ウイークリー日記-2009/11/2 
10月26日
●ー下記柳井氏ですが成功者として持ち上げられてるけど、自分の会社さえ勝ち残れたらあとは敗者でありどうなっても良いという、ある意味反社会的な発言に聞こえてしまうのですが…。金儲けという大義名分があればなんでも許されると言うネオリベ思想の体現者ということか。
 この不況のせいで低価格路線での売り上げが伸びたのかもしれませんが、消費者の本当のニーズは価格だけではないと思うのですよね…。景気が回復したときが勝負になるのでは?

ファストリ柳井会長「閉じた社会、未来ない」 世界経営者会議が開幕 NIKKEI NET
より
グローバル競争では「世界規模で1強100弱の時代になるため、世界一にならなければ生き残れない」と指摘。経営者は逆境を嘆くのではなく、画期的な製品、革新的な企業をつくるなど抜本的な改革に取り組んで「世界中で勝とうとすべき」だと強調した。


10月28日
●ー「無駄撲滅」と称し、政府が率先して競争入札を導入してるんだけど、結局「安かろう悪かろう」を世の中に広めているだけでは。
 耐震偽装みたいなコスト優先が産んだ悪弊が色んな業界に蔓延しちゃってる。現場無視の大手マスコミや内閣府、財務省には猛省を求めたい。いわゆる「官製ワーキングプア」というのもこれに含まれてくるでしょうね。
 ホリエモンや村上ファンドのような一攫千金を褒めそやすようなおかしな価値観がはびこったせいもあるんでしょうが、結局コスト削減によるデフレで、一般国民は疲弊して行き、金持ちや大企業の大株主さんだけがトクをしてるだけでは。


10月31日
 地球上の有限の資源を分け合うということでは、今後世界の「自由」は制限せざるを得ないと思います。生物学的な「棲み分け」が人類にも必要ではないかと。弱肉強食では長い目で見た場合、内部崩壊が必然だと思います。
 ただこういう混乱に乗じて恐怖を煽って人の心をコントロールしようとしたり、金儲けを企む輩には充分注意が必要だと思います。


11月1日
●ーそうかもう20年も経つのか。今日のグローバリゼーション化の荒波のスタート地点だったか。

ベルリンの壁崩壊から20年で記念式典、米独ソの元首脳が出席| Reuters 2009年 11月 1日 14:17 JST



●ー仙谷行政刷新相は、行政刷新会議の「事業仕分け人」にモルガンスタンレーのロバート・フェルドマン氏(竹中氏のお仲間。テレ東で日本は改革がまだ足りないという発言を繰り返してる方)を起用する方針とか。中田横浜前市長の総務省顧問入りとか、構造改革派(=日本弱体化&破壊派)を数多く起用する民主党政権は一体何を考えておるのか?

事業仕分け人 川本裕子早大院教授を起用 2009年10月29日18時22分 asahi.com(朝日新聞社)より
仙谷由人行政刷新相は29日、来年度予算の無駄削減に取り組む行政刷新会議の「事業仕分け人」に、川本裕子・早稲田大学大学院教授を起用する方針を固めた。モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン経済調査部長も起用する方向だ。


●ー政府もマスコミも「無駄、無駄」って目先のゼニのことばかり。たとえば失業者と言う人的資源の無駄には言及しない。過剰貯蓄というムダにも言及しない。
 中長期的な経済戦略が無くて、ムダさえ省けば経済が良くなると思ってるご様子。なんとかならんか。
 植草さんがご指摘されてるように、中長期の経済政策についてよく理解されたマクロ経済の司令塔が鳩山政権には必要かもしれませんね。
 
 国債発行枠44兆円とか国会で首相が答弁してましたが、このままだと来年は日本発の経済恐慌もあり得る。マトモなこと言ってるの亀井大臣だけだな。仙石大臣を早くクビにしてほしい。
 1945年といっしょで、落ちるとこまで落ちないと目が醒めないニッポン人なのか…。

(このウイークリー日記はこちらのtwitterに日々書き込んだネタを転載加筆してます。)
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-11-03 00:26 | ウイークリー日記
2009年 10月 25日
日米間でいろいろ動きあり。&成長戦略検討会議には要注意か。=ウイークリー日記-2009/10/26 
10月19日
>> 加藤和彦氏の死、常に時代を一歩先んじてた氏が選んだものが自死だった、ということに何か今という時代の重い空気を考えさせられざるを得ません。やはり鬱は入っていたんでしょうけど。合掌。


>> 貿易決済でのドル離れの動き再び…。
「中南米の反米左派各国、仮想通貨「スクレ」導入 10月19日19時19分配信 読売新聞」より
 【リオデジャネイロ=小寺以作】ベネズエラやキューバなど中南米・カリブの反米左派政権の国々が、2010年から相互の貿易決済に仮想通貨「スクレ」を導入することを決めた。ドル基軸体制に揺さぶりをかけるとともに、域内貿易を活発化させて米国への経済依存度を抑える狙いがある。

 スクレを導入するのは、エクアドル、ボリビア、ニカラグア、カリブ諸国など反米左派の経済協力協定「ボリバル代替統合構想」(ALBA)に加盟する9か国。16~17日にボリビアで開かれた首脳会議で合意し、ベネズエラのチャベス大統領は、「ドルの独裁から自由になるための重要な一歩だ」と強調した。

 当初は各国の通貨を一定比率で組み合わせた仮想通貨を中央銀行間の決済に使い、将来はユーロのような流通貨幣を目指すという。

(中略)

 一方で、南米ではアルゼンチンとブラジルが昨年から、2国間貿易を自国通貨で決済できるシステムを導入しており、実際の経済取引で緩やかな脱ドルの兆しも見られる。
(2009年10月20日 読売新聞)


>> そのまたバックにアメリカの諜報機関ありや?
「イラン大統領、自爆攻撃でパキスタンの関与示唆 | Reuters」より
[テヘラン 18日 ロイター] イランのアハマディネジャド大統領が18日、同国南東部で革命防衛隊の幹部など35人が死亡した自爆攻撃について、パキスタン治安機関の数人が関与していたとの情報を得ていると述べた。ファルス通信が伝えた。


>> 楽天球団って監督交代のたびに、なんでこうやってモメるんだろうね? 前の田尾さんの時もそうだったし。3木谷氏って監督人事にどこまでかかわってるのか?(←この書き込み内容、twitterだと、しばらくすると外向けの表示が削除されちゃうんですよね)。


>> 2年前からドル建て石油決済を中止してる筈だから、このタイミングでの発表はイラン攻撃がらみの情報戦か。
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報さん「イランが、石油取引でドルを排除か(テヘラン・タイムズ)」


10月20日
>> 祝・郵政民営化見直し。株式上場の直前に見直し出来て良かった。次は竹中氏や木村剛氏を国会に呼びましょう。
 と言いつつ、早く見直し法案を国会で通してもらわないとな。
 郵政民営化見直しに文句たれてるのは大手マスメディアと経済同友会、経団連くらいじゃないの。現場の声をもっとちゃんと聞けよ売国奴諸君、と言いたいとこだけど…。


10月21日
>> グッドアイデア!→「全銀ネット上のトランザクション(電子的決済)2500兆円に税率3%の一般取引税(電子的実取引税)を課することにより75兆円の歳入を得ることができる」
静かなる革命2009 : 静かなる革命パンフレット【第一弾】税制を変えれば政治が変わる:一般取引税を導入して夢のジパングへ


>> 全然関係無い流れから話が繋がる。やはり八ッ場ダムは国民的関心事。
http://www.magazine9.jp/interv/hosaka/index1.php


10月22日
>> 今日のNHKの9時のニュースで93年の細川内閣時にアメリカ依存からの脱却を目指した外交姿勢(樋口リポート)に苦言を呈したのがマイケル・グリーンだったと本人直々紹介されてたw。日本の自主外交は絶対に必要であると当時提言のまとめ役だった渡辺昭夫教授の言葉もしっかり紹介されてた。
 渡辺昭夫教授@NHKニュース:アメリカは日本に対して自主的、自立的になってほしいという思いがありながら、自分達のコントロールの効かない国になるのも困ると言う矛盾した二つの考えを持っていて、外から見るとアメリカ内部の考えが非常に掴みにくいので、その点が要注意だとおっしゃってました。
 今後鳩山内閣に対してマイケル・グリーンをはじめとした対日工作グループによる圧力が陰に陽にかかってくるんだろう。国民的世論の力で貴奴等を追い返そうではありませんか。


10月23日
>> 天木さんのメルマガによると、マイケル・グリーンは既にワシントンで鳩山政権の悪口を言い触らし恐怖感を煽ってるらしい。日米間で揉め事を作りたくてしょうがないんだろう。

 80年代の通商摩擦時の日本に対するアメリカのうるささは、最近の比じゃなかったすからね。アメリカのような国とは、こうやって揉め事があって普通なんでしょう。

 しかしそれにしても、自民党政権特に此処10年の清和会中心の自民党は、アメリカに擦り寄り過ぎと思ったら、清和会は、進駐軍に命を救われた岸信介氏の系譜だからということらしい。命と引き換えに裏でなんか約束でもあったか。


10月24日
>> 10/21に開催された経済産業省の第一回成長戦略検討会議、出席委員に朝日主筆舟橋洋一氏の名が。ロックフェラーのメッセンジャー兼情報収集係?w
 東芝会長も委員の一人で、政府の考える低炭素化の主要成長産業はやはり原子力のようだ。
成長戦略検討会議(第1回)-議事要旨

 原子力発電所の建設は、耐震性を重視するためゼネコンに大きな仕事が行くようになってるそうだし、建築基礎部分で製鉄会社にも利益があるそうだ。ダム工事を無くす代わりに原子力発電所ってことか。地域的には山沿いより海浜部中心になるんだろうな。既に中央ではそういうことで政官財が裏で手打ちしてたりして…。

 また、海外からの単純労働者の受け入れについて提案があったようです。3年の期限を設けるって言っても中国は人口が日本の10倍、一人当たりGDPが1/10ですからね、日本国内の賃金下げ圧力が凄く強まるでしょう、大丈夫かな。

 ということで成長戦略検討会って、主催が内閣府から経済産業省に移っただけで、規制改革会議や経済財政諮問会議と中身があんま変わってないような気がする。まだ一回目なので速断できませんが、グローバリズム、新自由主義的なスタンスが強いように思います。


>> 省庁での記者クラブ会見開放を容認したりと朝日新聞もちょっとスタンスを変えたようで、民主政権に変わって利権の変わり目で、それを狙ってマスメディアや産業界で色々動きがあるようですね。


>> 守屋事務次官接待事件でも名前の挙がった、日米防衛利権の扇の要と言われるジェームス・アワーが来日中。横浜での海賊船対策のシンポを報道するNHK夜のニュースにどアップでw。隣席には、テレビ上でよくアメリカ擁護のご発言をなさる森本拓大教授の姿も…。
海洋の安全保障シンポジウム:NHK神奈川動画ニュースより
(動画のみはこちら
a0054997_20202763.jpg



10月25日
>> 片山さつき氏がテレ朝「サンデースクランブル」で郵政の株上場は国民の利益のためです、とのたまってた。本当にそう信じてるのなら東大卒のその知能を疑ってしまうぞ。先の選挙での敗戦分析がまだ出来てないようですw
 「サンブロ」、「サンデースクランブル」と本日のテレ朝は郵政民営化見直し反対のブロパカンダが続きましたね。駄目押しに明日古館キャスターにも何か言わせるのかな?


10月26日
>> 藤井財務大臣が馬鹿なこと言い出してるぞ。このデフレ&失業者300万人の状況下、日本経済が崩壊しようが、失業者がさらに増えようが、税収が減ろうが、構わないらしい。このままだと2003年の二の舞だぞ。
国債発行44.1兆円以下にしなければ市場の信頼失う=財務相| 国内 | Reuters 2009年 10月 25日 13:05 JSTより
 [東京 25日 ロイター] 藤井裕久財務相は25日午前、フジテレビの番組に出演し、2010年度予算における新規国債の発行額について、2009年度補正後の44.1兆円以下にしなければ国債市場の信認は得られないとの認識を示した。

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-25 19:51 | ウイークリー日記
2009年 10月 19日
これぞ日本がアメリカのATMと言われる所以であり、米国による20~21世紀版植民地経営ってことでしょ。
 最近読んだ新聞関係のネット記事で下記が非常に面白かった。中国の外貨準備のことを話題にしながら、日本がいかにアメリカに自分達の資金を流出させているかが見える内容になってます。

 下記の引用記事にあるように日本の官民合わせた外貨準備6兆ドル(540兆円)のうち3分の2をドル建てにしてると仮定すると(実際はもっとドル建てが多そうですが)、360兆円がドルや米国債に化けてるっってことでしょう。無論日本国内でドルを使えるのは米軍基地内等ごく限られた場所のみです。ってことは360兆円分日本は自分たちでお金を使えないということでしょ。
 勤勉に働いてせっせと貯めたカネを自分達のために使わず、ドル建てにしてアメリカに「貸す」ことで、自分達はお金が足らなくなり、財政赤字だ税収不足だ格差社会だって大騒ぎしてるんですから、たまりません。
 これぞ日本がアメリカのATMと言われる所以であり20~21世紀版植民地経営ってことでしょ?
 「日米同盟」の意味って、そういう便利なATMとしての日本の強化永続化なのではないでしょうか。郵政民営化もその一環でしょう。民間にすることで政府の介入を止め、金利の良い外貨・特にドルへ郵貯資金を流すと言うのが目的の一つなんでしょう。またそんな日本資産流出のお先棒を担ぐ大手マスメディアの厚顔無恥には本当にハラが立ちます。

中国9月外貨準備、過去最高更新 米国債大量購入 強まる発言力
10月17日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
より
9月末時点の中国の外貨準備高が、前年同月末に比べて19・3%増の2兆2726億ドル(約204兆5340億円)となり、過去最高を更新した。2006年2月に日本を追い抜いて世界一となってからも膨張を続け、9月末の日本の1兆526億ドルに対し2倍以上の規模だ。輸出などで得た民間企業の外貨も金融当局が吸い上げる「外貨中央集中性」が背景にあり、その外貨で米国債を大量購入することで政治的な対米発言力の強化につなげている。

 15日付の中国紙、上海証券報によると、中国人民銀行の調べで9月末時点の外貨準備高は6月末比でも1410億ドル、6・6%増加している。

 中国の輸出入は11カ月連続で減り、貿易黒字も縮小傾向が続いているものの、金融当局による元売りドル買いの為替介入や成長が続く中国へのホットマネー(投機資金)の大量流入、さらに民間からの外貨の吸い上げ策などで「ドル箱」拡大が続いている。

 みずほ総研の鈴木貴元・上席主任研究員(中国駐在)の推計によると、日本の場合、民間が保有する外貨が政府保有の約5倍の約5兆ドルなのに対し、中国は2分の1の約1兆ドルしかないという。その1兆ドルの大半は国有の石油大手や商業銀行などの保有で、民間企業や個人保有は制限されている。国全体で総合した場合、日本の約6兆ドルに比べ、中国は約3兆ドルと日本の半分にとどまるわけだ。

 ただ、民間を含めた経済活動で得た外貨の大半を中央に集中させることで強大な政治パワーとなり、「国際市場の注目を集める」(鈴木氏)ことに成功したことは間違いない。

 外貨準備高のうち約8000億ドルを米国債で、約6000億ドルを米政府機関債で保有するなど、米国にとって中国は“世界最大のスポンサー”。巨額の対中貿易赤字を抱えつつ、オバマ政権が人民元の切り上げ要求をトーンダウンさせているのも、そのためだ。

 もっとも、米国にとって、同盟国の日本と異なる共産国家の中国が「世界一」であることは脅威となっている。中国が米国債を大量売却する意向を表明しただけで、米国債の暴落は避けられない。
(太字は引用者)

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-19 22:01 | 日米関係
2009年 10月 19日
前原国交相はやはりネオリベ思想を保持したままなのか?=ウイークリー日記-2009/10/19 
10月13日
 前原国交相も仙石行政刷新担当相も財務省や外資の走狗か?  予算削減で医療関係の予算も減らせなんざ小泉改革とちっとも変わらないじゃないか。こんなことじゃ参院補欠選挙では調子に乗りすぎの民主党には投票しないほうがよさそうだ。
 前原氏にはバックにKセラのI氏がついておられるようで、前原大臣の「お金の蛇口」的スタンスによって党内で発言力があるのかな? 自民党内の中川秀直氏のような立ち位置のようにお見受けするのですが如何でしょうか。
 千石大臣に関しては、小沢氏に近い元衆院議員H氏から「阿波のたぬき」と揶揄されてたように記憶します。

 話は変わりますが、「回りに流されない自己の確立」のために排他的になって(←多分)、殺人までおかしてしまった上の世代の人たちを見てきた自分のような者にとっては、「強固な自己」というのは批判の対象になったりする。
 とはいうものの、自己を空っぽにしようとして悪魔的な人物の虜になってしまったオウム信者みたいのも困り者だけど。ま、オウム信者と似たような部分が同世代として自分の中にもあるのかもしれないんですけど。
 幼少期に刷り込まれた手塚治虫や梶原一騎からは一生逃れられないのだらう。時々自分の無意識な言動や判断を見てそう思ってしまう今日この頃。

 前原大臣は世代的にどんなアニメに影響を受けたのでしょうか? やっぱ梶原一騎? アニメじゃないけど仮面ライダーはご覧になっていそうだな。建設業界全体がショッカーに見えておられるのかな…?


10月14日
 ダム見直しは必要なことかもしれないが、現地の雇用ということをもっと考えながらやってもらえないものか。都会の感覚で地方を一面的に見てバッサバッサとやるのはいかがなものかと思う。
 群馬県の現地を知る方によると、あのあたりはここのところずっと景気が悪いらしい。観光産業も道路事情がよくなったことで日帰り客が増え地元にお金が落ちないとか。潤うのは道路作ってる時だけで、公共事業による土木工事が来ないと経済的にやっていけないという構造自体にも問題ありそうですが…。もっと持続可能で自然破壊を極力抑えた公共工事なり農林業なりの形で地方へお金が流れていくシステムが出来ないものか…。


10月15日
 上記にも関連し、消費税上げしか財政再建の処方箋が無いと喧伝する財務省やマスコミの見方にも関連するのですが、グローバル金融市場というブラックホールから、実体経済にいかにお金を流すか(戻すか)が喫緊に必要なのでは。
 カネあまりでいつバブルが起きてもおかしくない国際金融市場と、お金の流れが弱まって貧血状態でぶっ倒れる寸前の実体経済という大いなる矛盾にもっと目を向けるべきでしょう。

 実体経済が需要不足でデフレ時に国債発行をしなかったら日本経済は深刻なことになって、更なる税収不足や失業者で大変なことになるぞ。マスコミに騙されるな、国民の皆さんっ!、そして与党の国会議員の皆さんっ!

植草一秀の『知られざる真実』 鳩山政権はマクロ政策運営の指令塔を確保せよ


10月17日
 マスメディアの前原ヨイショが気持ち悪い。松下政経塾出身でネオリベ思想の持ち主である前原氏を「民主党のコイズミ」にまつりあげるつもりか? 「無駄を排除」をしたって景気が良くなるどころか、ヘタすりゃ恐慌になってしまいますよ。
 貯蓄志向の強い日本では、民間で不足した分の投資を国債を発行して補わないと、経済規模が縮小し元本である預貯金の価値そのものが下がってしまうか、余剰資金が海外に流れ日本国内が益々貧しくなってしまうか、のどちらかです。国の財政と家計を一緒くたにするのは間違いです。
 無駄の排除を叫びながら、失業という人的資源の大いなる無駄に触れないマスメディアや政治家の愚かさよ。

森田実の言わねばならぬ【821】
平和・自立・調和の日本をつくるために[816]
《森田実の緊急アピール・1》鳩山政権が進める危険な政策への批判の声をあげよう! 鳩山政権は「不況下での緊縮政策」というきわめて危険な政策に向かって暴走し始めた/こんなことを許したら日本経済は破滅してしまう/「鳩山大恐慌」を止めよう
「危うきこと累卵のごとし」(『漢書』)




10月18日
 今日は山梨へ日帰り旅行。八ヶ岳が凄く綺麗だった。収穫直前の黄金色の田んぼといい、日本の田舎の良き風景は、減ってきているとはいえまだ残っていた。

(このウイークリー日記はこちらのネタを転載加筆してます。)

a0054997_23365157.jpg

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-19 00:22 | ウイークリー日記
2009年 10月 12日
政治ネタ中心に 。亀井大臣を応援します。=ウイークリー日記-2009/10/12 
10月6日
「人身事故」で電車遅れた。最近多いよな。新型インフルで大騒ぎしてるけど死者の数では圧倒的に自死のほうが多いんだよね。ここ十年以上年間3万すなわち一日80人以上もですよ。
後に橋本元首相は反省したらしいけど、10年前っちゃあ“金融ビッグバン”だ“規制緩和”だと政府やマスコミ大騒ぎしてた頃ですよね。その結果が今の世界的バブル崩壊による不況ってわけで…。

厚生労働省も具体的に動き始めたようですが、財務省や内閣含めた全体で政府日本の政策を考えていかないと、対症療法だけではダメでしょう。

そういう意味も含め亀井大臣のモラトリアム法案への意志表明というのは頼もしい。にもかかわらずというか、それゆえにというか、亀井大臣を悪者に仕立て上げようと、日本弱体化が嬉しくてしょうがないマスメディアが饒舌。


10月8日
11月12,13日にオバマ大統領来日決定だそうです。またそこらじゅうに警官が立って、交通規制も凄いんだろーな。


10月8日
新宿駅で号外を配っていて見出しに「オバマ大統領が…」とあって、すわ暗殺でもあったかと思ったらその後の文言が「ノーベル平和賞受賞」。
しかし支持率低下かと思たっら、いきなりノーベル平和賞受賞。世界権力中枢としては、オバマにまだまだやってもらわなきゃならん大事があるってことかな。
個人的には、イランの「核兵器開発」を阻止するための米イスラエルによるイランへの先制攻撃を正当化するための理由に平和賞が利用されないかちょっと心配です。

オバマのノーベル平和賞受賞は、なんだかかつてのゴルバチョフの姿と重なってしまう。
40歳以上の方ならご存知かとは思いますが、旧ソ連の連邦崩壊時の大統領(書記長)がゴルバチョフで、それまでの軍需中心の経済から民需の割合を増やそうとアレコレやってるうちに内部崩壊してしまったのがかつてのソ連でした…。
連邦制崩壊ということでは、アメリカ合衆国も「経済的利益」という接着剤無しだと一部の州の連邦からの離脱というのも有り得ませんか。


10月10日
先だっての「石油決済のドル以外の通貨への移行」というFTのリーク報道に引き続き、今度はロイターが、カリスマ投資家ジム・ロジャースによる「米国債はバブルであり近い将来バブルがはじけドルの金利が上昇しアメリカはハイパーインフレに見舞われるかもしれない」発言を掲載してた。イギリス勢によるドル弱体化報道が急に増えてきましたね。シティの裏では、何かがきっかけとなってアメリカをみくびる意志を固めつつあるのでしょうか? 日本のマスメディアは裏を読まない呑気な絶賛報道ばかりが目につきますが、オバマの平和賞受賞も皮肉が強いのかプレッシャーをかけているのか、へんなタイミングでの受賞では。

次にバブルが崩壊するのは米国債市場=ジム・ロジャーズ氏 | Reuters 2009年 10月 9日 11:36より
[ニューヨーク 8日 ロイター] 米著名投資家のジム・ロジャーズ氏は8日、借り入れ規模が持続不可能な水準に及んでいるとして、次にバブルが崩壊するのは米国債市場との見方を示すとともに、農作物、貴金属に投資妙味があると指摘した。
(中略)
同氏はまた、ロイターとのインタビューの後開催されたETFセキュリティーズ主催のセミナーで「次にバブルが形成されているのは、米国債市場だ。金利3─6%で米政府に30年間もお金を貸す人がいるなんて理解できない」と指摘。「いずれバブルははじける。米国債を保有している人がいたらひどく心配する。私なら手放すことを検討する」と述べた。
(中略)
また原油相場に関しては、枯渇懸念から強気相場の流れで、バレル当たり最大200ドルまで上昇する可能性があるとの見方を示した。

 ドルが下がって資源価格が上がれば、アメリカの覇権に挑戦中のロシアは、原油価格の上昇で息を吹き返し勢いづくでしょうね。そんな変化を後押しするようなロイターの報道です。


10月11日
NASAによる月面へのミサイル投下というのも、アメリカの覇権維持のために中国、日本、ロシア、EU等に対する脅しという面もあるのでしょうか?
しかし、どういう目的かにかかわらず、月の裏面にミサイル落とすなんざ、アメリカらしいガサツな行動だなーなんて思ってしまいましたけどね(笑)。

NASA:月の南極に無人探査機を衝突 水の有無観測へ - 毎日jp(毎日新聞) 2009年10月9日 21時01分(最終更新 10月10日 8時39分)より
月に水が存在するかどうかを確認する米航空宇宙局(NASA)の無人探査機が9日午後8時半過ぎ、月の南極付近に高速で激突した。激突の衝撃で舞い上がったちりを観測することで、水の有無を確認できる可能性がある。これまでの月探査機の観測で、水のもとになる分子の存在は確認されていたが、水そのものは観測されていなかった。

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-12 19:25 | ウイークリー日記
2009年 10月 08日
官僚を批判するマスコミ記者こそ官僚化していないか?
記者クラブに開放断られて 亀井氏「もうひとつの記者会見」断行 2009/10/ 6 20:02 : J-CASTニュースより
「外務省方式のようにすべての記者にオープンにすると、会見の円滑な運営に支障が出る恐れがあるため」

 上記は金融庁での記者クラブ主催会見を大手マスメディア以外にも参加を認めようという意向を示した亀井金融大臣に対する、反対意見です。
 しゃべったのは金融庁のお役人? 違うんです。記者クラブの幹事社である読売新聞の記者サンのお言葉だそーです。

 タイトルにあるようにマスコミ記者の官僚化こそ、日本のマスメディアの堕落の大きな要因じゃないんでしょうかね。
 記者クラブを解放した場合に混乱を招くといいますが、上記の記事によれば「具体的にどのような事態が想定されるのか。さらにたずねたが、明確な回答は得られなかった。」そうです。官僚バッシングのお好きな読売の記者サンのお言葉です(笑)。
 
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-08 23:27 | マスメディア
2009年 10月 07日
昨日の当ブログ記事の続き:噂をすればカゲ? 英米イスラエルの3ヶ国がらみのニュースが…
 ところでイスラエルがらみで一つニュース出てきましたね。新型インフルも蔓延しとるし妄想は更に膨らみ下記もなんか関係あるのか? この発見をどこの製薬会社が買い取る(買い取った)のでしょうね。
<ノーベル化学賞>英米イスラエルの3氏に (毎日新聞社) | エキサイトニュース
2009年10月7日 19時04分 ( 2009年10月7日 20時53分更新 )
より
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、09年のノーベル化学賞を、英MRC分子生物学研究所のベンカトラマン・ラマクリシュナン博士(57)と米エール大のトーマス・スタイツ教授(69)、イスラエルのワイツマン科学研究所のアダ・ヨナット博士(70)の3氏に授与すると発表した。

 授賞理由は、細胞内でたんぱく質を合成する小器官リボソームの構造と機能の解明。授賞式は、12月10日にストックホルムで開かれ、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億3200万円)が贈られる。

 3氏は、X線結晶解析の手法を使ってリボソームの構造を分子レベルで解明した。さらに、細菌のリボソームに抗生物質が結合するとその働きが阻害される様子を三次元で明らかにした。

 抗生物質は、繰り返して使っているうちに細菌が耐性を持つため、常に新しい薬剤を作る必要がある。3氏の研究により耐性を獲得する仕組みの理解が飛躍的に深まり、新タイプの抗生物質を簡単に設計できるようになった。人類の苦しみを減らし、多くの命を救ったと評価された。

 名前からすると英国人の方はインド系の方っぽいですね。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-07 23:17 | お金、政治
2009年 10月 06日
これも凄いニュースだなー。中ロ日仏による原油取引決済のドル外し協議について
 アメリカやイスラエルによるイラン攻撃準備ともからんでいるんでしょうけど、今このタイミングでこのニュースがイギリスからリークされた意味はなんなんでしょうか? やはりロスチャイルドがらみ?
 いずれにせよ、もし報道が事実とするならば、ドルの暴落に対するリスクヘッジが複数の政府レベルで具体的に始まってるってことでしょう。
 そういえば最近イスラエルがらみの大きなニュースを見ないのですが、僕が気がついていないだけなのかな? どうなってるんでしょうか?

原油取引でのドル利用停止協議との報道、ドルの地位低下を反映 | Reutersより
[シンガポール 6日 ロイター] 英インディペンデント紙が6日、アラブ湾岸諸国が原油取引でのドル利用を停止し、人民元などで構成する通貨バスケット建て取引に移行する案をロシア・中国・日本・フランスと極秘に協議していると報道、ドルの地位低下が裏付けられる形となった。

 同紙がアラブ諸国や中国の匿名の銀行筋の情報として伝えたところによると、ドルの代わりに使う通貨バスケットは、円・人民元・ユーロ・金のほか、サウジアラビア、アブダビ、クウェート、カタールなど湾岸協力会議(GCC)関係国が計画している統一通貨などで構成される。

(中略)

イランは2年前、アジアの顧客に対し、ドル以外の通貨での決済を要請。大半が同意した。しかしイランは依然として、輸出価格を決定する際、ドル建ての指標価格にリンクしたフォーミュラを参考にしている。

 イランは石油輸出国機構(OPEC)に対し、国際価格の算定にドルを使わないように要請しているが、今のところ支持は得られていない。


追記(10/7夜):ここでドルの空売りと金で一儲けしてイラン攻撃正当化プロパガンダの資金にでもすんのか?(笑)
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-06 20:21 | 世界情勢
2009年 10月 06日
昨年秋、福田首相が突然やめたのはこれが理由だたったのか…?&橋下知事の正体見たり。
 なるほど福田首相が突然辞めたのはこれが理由だったのか…。あえてわざと混乱を招き死んだフリした作戦、ということか…。
 しかし財務官僚の売国奴ぶり・アメリカ大好きぶりがよくわかる所業ではありますな(当時の渡辺喜美氏の言動などからすると、さもありなんな話ですね…。渡辺氏は勿論アメリカや財務省の意向を受けて動いておられたのでしょう)。
 民主政権には、旧政権時に行われた、こういった売国的事例を白日にもとにさらしていただきたいものです。使われようとしたカネは国民の税金だろ、おいっ(自民党というより財務官僚の悪徳ぶりってことでしょうか…)。

外貨準備:政府が米金融2社救済案 08年8月に支援検討 - 毎日jp(毎日新聞)
2009年10月6日 2時30分 更新:10月6日 3時7分
より
米政府系住宅金融機関2社が経営危機を迎えていた08年8月下旬、日本政府が外貨準備を使って両社の支援を検討していたことが5日、関係者への取材で分かった。入札不調に終わる懸念があった2社の社債数兆円を、日本政府が買い支える計画だった。世界的な金融危機に陥る瀬戸際とはいえ、公的資金で外国の金融機関を救おうとしたことは極めて異例で、経済的に密接不可分な日米関係の特殊性を明らかにする事実といえる。

(中略)

 両社の経営危機は08年7月に表面化。米政府は7月中旬に最大4000億ドル(36兆円)規模の出資枠の設定などの救済案を発表したが、市場は沈静化しなかった。両社は9月上旬に合計で200億ドル(約1.8兆円)規模の社債借り換えを控えていたが、信用不安から社債の買い手が現れない可能性が高く、資金繰り破綻の懸念があった。

 日本政府では、限られた財務省幹部が米財務省と緊密な連携をとりながら、外貨準備から数兆円を拠出して両社の社債を購入する救済策「レスキュー・オペレーション(救済作戦)」という名の計画を立案。通常は非公表の外貨準備の運用内容をあえて公表し、日本の支援姿勢を打ち出して両社の経営に対する不安をぬぐい去ることも検討した。

 しかし当時の伊吹文明財務相が慎重論を主張し、9月1日の福田康夫内閣の退陣表明で政府が機能不全に陥ったため、実現しなかったという。米政府は9月7日、公的資金を投入して両社を国有化し救済したが、同月15日には米リーマン・ブラザーズが破綻し、結局、金融危機の深刻化は防げなかった。

 伊吹元財務相は毎日新聞の取材に「大臣決裁の段階にはなかった。しかし、米国の経済危機が目前に迫る中、日本の外貨準備で損失が出かねない資産を購入すべきでないという当たり前の判断だ」と述べた。【斉藤望】


 もう一つ気になったニュースをば…。小泉首相や竹中大臣による緊縮財政政策で金融恐慌寸前までいった2003年春を思い出せばわかるように、この需要の収縮したデフレ不況時には、政府が国債発行して需要を作らないと日本の経済全体が崩壊し、それこそ税収は激減し失業による人的資源の損失は膨大になるのに、橋下知事はそんなマクロ経済の初歩も理解しておらん知的水準らしい。日本経済の弱体化と外資売りを画策する「偽装チェンジ勢力」の面目約如なり。

橋下知事が民主の方針転換批判 「赤字国債発行なら大うそつき」 - MSN産経ニュース
2009.10.6 11:51
より
橋下知事は「増税はないと言いながら、赤字国債を発行するのは大衆迎合だ」とし、「赤字国債を発行すれば、大うそつきになる」と民主党を批判。そのうえで、これまでは民主党政権に全面的に協力する考えがあったとしながらも、「赤字国債を発行するのであれば協力は考えられない」との意向を示した。

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-10-06 17:50 | お金、政治