2009年 07月 15日
取り急ぎのご報告。「植草氏のブログ記事をめぐる不可解なURLフィルタリングについて。」その後。
 以前お伝えした「植草氏のブログ記事をめぐる不可解なURLフィルタリングについて。」の某WEBフィルタリングの植草氏のブログへの不可解なブロックですが、7月に入って解除されたようです。

 とりあえず私が閲覧させていただいてる某組織のPCではアクセスが可能になりました。今後植草氏の収監もあるようでちょっと心配ではありますが、フィルタリングに関してはひとまず良かったかなと思っています。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-07-15 15:25 | いろいろ感想文
2009年 07月 12日
遅ればせながらマイケル・ジャクソンの死について
(今回は趣味っぽい話に走りますが、ご容赦を…)

 最初マイケルの死のニュースを聞いてびっくりしました。ドラッグでか、もしくは自らの手でなんて考えてしまいましたが…。未だに原因が発表されず色々憶測を呼んでいるようですが…。
 噂の一つであるように整形の後遺症で痛みが絶えなかったのだとすると、マイケルのカネを目当てに「優秀な」美容整形外科がこの手術を行えば完璧ですよなんてうまいこと言って売り込みをかけ、不可逆的な手術を何度も行うことでとんでもないことになっていたのかもしれませんな(なんだかここ10年の日本経済とよく似てる気が…)。またそんな彼の華やかな私生活に隠された内面の孤独や絶望感を思うとやるせない気持ちになりました。そんな肉体を50歳にして捨てたマイケルは精神的に限界だったのかもしれませんし、突然の死はある意味幸せだったのかも…。

 ’80年にジョン・レノンが亡くなったときにマイケルのアルバム「OFF THE WALL
が流行っていて、あそこで一度時代が入れ替わったイメージがあるんですけど(白人のロックからヒップホップ等黒人音楽に時代の先端がシフトしたイメージ)、今回のマイケルの死でその時代も終わり次の時代が始まっているんだなって気がしちゃいましたね。
 多分これからはエンターテイメントの世界もアジアが中心になっていくような気が…。もしくは政治経済の世界と同じように多極化していくのかな。

 マイケルの死を伝えるニュースの街頭インタビューで、自分の青春時代が終わっちゃったって答えていたオジサンがいましたが、自分もそんな気持ちになりました。個人的には80年代にはプリンスを中心に聴いていたんですけどねw。



Michael Jackson - Rock With You
個人的にはクインシー・ジョーンズと組んでやっていたこの頃のマイケルが一番好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=7hK3Y1Ehv9c

Michael Jackson:Human Nature Music Video!
この曲はマイルス・デイビスもカバーしてましたね
http://www.youtube.com/watch?v=6BlKDXmdiUQ

Rockwell - Somebody's Watching Me: Relaid Audio
84年のヒット。ちょうど大統領予備選で黒人であるジェシー・ジャクソン師が出馬してた頃。マイケルがコーラスに参加。当時のアメリカ一般人の雰囲気が出てるかもしれないビデオかも(誰かから常に自分が監視されてる気がしてしょうがない恐怖心といった内容)。
http://www.youtube.com/watch?v=Uu1RP34FLXU

Janet Jackson "Got Till It's Gone" (Official)
妹ジャネットの97年のヒット曲。カナダ出身シンガーソングライター=ジョニ・ミッチェルをサンプリング。ビデオはレトロアフリカなイメージ(人種差別に対する抗議もメッセージされてますね)。兄マイケルには作り得なかった世界か。


(今日7月12日は都議選ですね。築地市場の金融系カネ儲けの下心ミエミエの強引な移転計画や、やはり利権がらみとしか思えないオリンピック招致とか、売国系副知事人選とかの石原都政にお灸をすえる投票をしたいなとは思いますが…)
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-07-12 02:32 | いろいろ感想文
2009年 07月 05日
陰謀論批判をからめつつ今後のヒト種の方向性などを考える。
 いわゆる陰謀論というのは、普段マスコミや学校教育などでオモテに出てきてない真実を知らせてくれる、という良い面もあるのですが、逆に真実を曇らせる要素も多分にあるように思います。あのオウム真理教が、ユダヤ陰謀論を信者達に教えていたことにもそのことが現れていたように思います。

 いわゆる陰謀論者の方々のご意見で一番問題だと個人的に思うのは、ダーウィニズム的な適者生存、弱肉強食的な世界観を無批判に前提としているところです。そして陰謀を告発している当人自身は、陰謀を図る当事者とは別の、霞を喰ってるがごとく安全地帯にいるといったような当事者意識の無さです。社会生活を営んでいる以上我々は、支配中枢の人々が画策する陰謀的なものに何らかの形での共謀関係として組み込まれてしまうのではないでしょうか。

 進化論においては、故今西錦司氏による「ホーリズム(wholism)」という考え方もあります。全面的にそれを支持するかどうかは別にして、個々の生物種にはマクロコスモス全体と連関した、それぞれの種としての役割が最初から内包されているという見方を僕は支持します。それを前提とすれば我々ヒト種にもそのような種としての役割があるはずです。

 18~19世紀以降の近現代世界において、物事の抽象化、軽量化、一般化がヒト種の物質的な力を増大させるのに有効だったのであり、そのためにはユダヤ人の持つ、『異なる文化的・言語的背景を持つ各協同体間の物質的な価値の相対化の手法』というのが、非常に有効だったんだと思います。

 そのことも含めた啓蒙的な合理主義によって、特に先進国と呼ばれる地域を中心に自然の影響から隔離された、これまでの人類史では考えられないような、自分達の生存を守る安定的な生活空間を得ることが出来ました。

 2009年におけるヒト種は、まさにその次のステップに移行しようとしているのだと思います。そこで重要になるのは『獲得した物質的に快適な空間をもとに、今後何をするために我々ヒト種がここにあるのか?』という問題です。究極にはその質問そのものの答えを出すため、ということになるんだろうと思いますが。

 で、一部では強固な管理社会への移行の危機も叫ばれていますが、強固な管理社会はヒトの種としての上記のような問題解決に向けた方向性には合致しませんから、いずれ自壊してしまうと思います。ただそのことで無駄な犠牲者が出てしまうことは人類のカルマ的にも大きな問題はあると思いますが…(「カルマ」なんていうとオカルト的にとらえられるかもしれませんが、「物質的及び心理的な原因と結果の法則」といた意味で使わせてもらってます)。

 そのような視点から鑑みれば、次の時代に向けて「陰謀」を企む勢力に必要になってくる知恵というのは、ヒト種の今後の方向性への理解なんだろうと思います。
 現在の世界のトップ中枢にいるであろう、個人の物質的な欲望にまみれた人物たちにはそのことが見えていると思えません。これからの時代の「陰謀」の中枢となるべき勢力は、現在のグローバル権力中枢とは別のところにその活動の軸足を置かざるを得なくなるはずです。
 もし今後愚かな勢力が力を持つことで、歴史の針を戻すようなスーパー管理社会化を無理に押し進めていくのであれば、先述したように無駄な犠牲者が生まれてしまうことでしょう。しかしそのことをもってしてもヒトの種としての進む方向というのは、誰にも変えることはできないでしょう。
 そしてその進化を推し進める役割の中心は、現在のアメリカの権力中枢のような、エゴの最大化を至上とする人々では絶対に無いはずです。

関連記事

私たち人類はどこに向かおうとしているのでしょうか?-1

私たち人類はどこに向かおうとしているのでしょうか?-2

私たち人類はどこに向かおうとしているのでしょうか?-3

2008年年頭に考える。これからの世界や人類の変化の方向性について。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-07-05 13:41 | 世界情勢
2009年 07月 01日
オネーチャン口説くのも国政進出も同じレベルかw
 東国原知事ですが、マスコミの「報道」にすっかりその気になってるようで、チャンスとあらばもう後が無いやとばかりガツガツしまくりでは…?

 淫行で逮捕されたときもそんなんじゃなかったのか?w ここで逃したらこんな若くて綺麗なネーチャンとは二度とおいしい思いが出来ない、なんて思い込んで突っ走ってヤバイことになったんだろうと想像しちゃいます。東国原氏はそのときと同じ轍を踏むつもりか。
 国民、宮崎県民は、軽薄なマスコミとは違ってあなたを冷静に見てますよ。

「今を逃すとチャンスない」東国原知事、国政に改めて意欲(読売新聞) 最終更新:7月1日21時10分 読売新聞 - Yahoo!ニュースより
 自民党から衆院選への出馬要請を受けている宮崎県の東国原英夫知事は1日、同県高千穂町で開かれた「県民フォーラム」で「今を逃すと、またチャンスが来ると確約できない」と述べ、国政転身への強い意欲を改めて示した。

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-07-01 23:40 | お金、政治
2009年 06月 28日
東国原・橋下両知事による新党構想
 今日は朝から二人を持ち上げる「報道」番組が目白押しだったようですね。

 個人的に妄想している範囲では、仕掛けているのは大連立を狙うナベツネや主要マスメディアと某巨大カルト宗教のように見受けられるのですが…。

 橋下知事のバックにはガッカイがついているらしいし、東国原のバックはナベツネとそこから通じたパイプてアメリカの日本班が付いているみたいで…。中国はどう動いているんですかね? 

 水面下で自民の反麻生派や外資族、民主党の一部なんかとあれこれやっていそうです。アメリカから強く圧力がかかっているのかもしれませんが、この現況下どこも資金のやりくりが大変そう…。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-06-28 15:17 | お金、政治
2009年 06月 22日
経済財政諮問会議を名指しで批判した自民尾辻参院議員に拍手。
 一部の輸出中心大企業ばかりを優遇し、日本国内の弱体化・売国政策をこれでもかと進めている経済財政諮問会議。麻生政権発足後かの新自由主義かぶれの八代尚宏教授ほか民間議員の数が減りましたが、基本的な方針はそのまま新自由主義的な日本弱体化売国政策のまま。このデフレ不況時に消費税12%表明とかいきなり何を考えておるのか?

 そんな経済財政諮問会議の傲慢さを名指しで批判されてた自民尾辻参院議員。2010年度も引き続き医療費2200億円削減を維持しようとする経済財政諮問会議と政府を批判。日本の社会保障制度や医療をずたずたにしたのは経済財政諮問会議であると断罪(!}。命をかけても阻止すると明言されておりました。
 その正論に大きな拍手です。また尾辻氏の発言を放映してくれたNHKニュースも今回は褒めたいと思いますw。
NHKニュース “2200億円抑制はダメ”

 尾辻氏は今年1月にも下記のような素晴らしいご発言を国会本会議でされておりましたものね

自民・尾辻氏が構造改革路線を全否定、下野の勧めも 代表質問 - MSN産経ニュース 2009.1.30 22:15
より
「政府の経済財政諮問会議が唱えてきた市場原理主義は間違いだった。規制改革会議も、多くの人を失業に追い込んだ。両会議を廃止すべきだ!」

 自民党の尾辻秀久参院議員会長は30日の参院本会議の代表質問で、構造改革路線の全否定を求めた。「首相!野に下ることは恥ずかしいことではない」と下野の勧めを説いたため、野党から喝采(かつさい)が起きた。
a0054997_321969.jpg


 そういえば今回の日本郵政がらみの厚生労働省の公文書偽造事件ですが、働きかけていた国会議員というのは、おととし某宗教団体と公明党のずぶずぶの関係を国会で追及された野党第一党の有力議員さんらしいです。
 選挙に影響が出るタイミングで又もや「傀儡」検察庁がリークしてくるんでしょうかね? 素人の勝手な妄想をさせてもらいますと、追い詰められた麻生首相や与党・某宗教団体の命を受け、某官房副長官あたりがマスコミや各省庁を現在水面下で調整中か?(笑)
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-06-22 03:05 | お金、政治
2009年 06月 16日
閑話休題:民需による経済貢献こそ日本が世界で生きていく道。ジャマイカの音楽をネタに。
 下記動画はの20年以上前の曲ですが、幸か不幸かそのメッセージは今でも通用するんですよね。ジャマイカのレゲエシンガー=マキシ・プリーストとべレス・ハモンドによる「How Can We Ease The Pain(我々はどうやって苦痛を和らげることが出来るのか?)」。

 ジャマイカはもともとアラワクインディアンの土地をコロンブスが「発見」し、スペイン人たちが武力と伝染病によってその土地を取り上げ、その後スペインに代わってイギリスが宗主国に。1962年に独立。サトウキビのプランテーションの労働力としてアフリカから連れてこられた人々が数多く暮らす英語圏の国で、アメリカからもそう遠くないカリブ海の小さな島国です。
 彼らの音を世界的に有名にしたのは、70年代のイギリス資本。地理的に近いこともありアメリカのR&Bからの影響を受け、訛りがあるものの歌詞は英語なので巨大マーケットであるアメリカでも受け入られ商売になるとふまれたのでしょう。ある意味ジャマイカ人は金銭的にはうまいこと搾取されてしまったわけですが、その「負け組」としての怒りのメッセージやベース音の効いた重たいノリは、一種のトロイの木馬として欧米資本のネットワークに乗って世界中に広まりました。

 白人やエリートユダヤ人たちによる騙しと脅しを使った世界支配が席巻したこの400年の間、ある意味犠牲となったいわば「負け組」であるアフリカ系の人たちの、他者や自然との接し方=いわば世界観が、今や行き詰まってしまった欧米ブルジョワジーたちによる強者の論理を越えるヒントを数多く持ってると思うのです。

 我々日本人の立ち位置というのは先進国的な「勝ち組」価値観と、今や「経済合理性」によって傷だらけになりつつもかろうじて命脈を保ってる、アフリカやアラブともどこかで通じ合えるであろう「負け組」的なものが混じりあったとこにあると思うのです…。
 戦争もせずに民需だけで経済発展してきた戦後の日本に対して(←ある意味漁夫の利だった面も大いにあるのですが)、現地ジャマイカ人たちはリスペクトしておりました。「日本には世界に対し軍事的貢献が必要だ」なんぞと大声でほざいているのは、日本とアメリカの軍需利権当事者たちだけでしょう。特に海外の事情をあまり知らない日本人には、マスコミのそれらしい言説に騙されないようにしてもらいたいと思うんですよね…。

Maxi Priest - How Can We Ease The Pain


 アフリカ、特にサハラ以南の音楽やオーラル(声)を使った、個ではなく集団的な情報伝達を重視した文化のエッセンスに対して無知な陰謀論者たちによる悲観論を、僕は断じて受け付けられません。
 人類の苦痛を和らげるのは軍事力ではありません。もっと別な形でこそ苦痛を和らげることが出来ると思うのです。

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-06-16 02:24 | 世界情勢
2009年 06月 14日
西川氏続投は構造改革推進派の財界人による圧力なんだそうです。
a0054997_427999.jpg


 城内実氏のブログに、今回の鳩山氏辞任は財界からの圧力だったとの記述がありました。それを裏付けるような新聞記事(ネット版)がありました(竹中嫌いのナベツネ氏がwバックで動かしているのか読売さん今回は頑張ってますね)。
 自民党の中川秀直氏や菅氏は単に財界のメッセンジャーだったってことなんでしょうか。で、竹中氏はアメリカのメッセンジャーで…。ここのとこの株高は、やはり衆院選をにらんでの財界による選挙資金作り兼自公政権応援の意味があるんですかね?

強気の西川社長、後ろ盾は「小泉人脈」有力財界人 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(2009年6月13日05時44分 読売新聞)より
財界には西川氏に批判的な声もあったが、小泉元首相に連なる人脈が動き、そうした声を「封じ込めた」(関係者)との見方がある。

 日本郵政の取締役人事を決める指名委員会には、委員長の牛尾治朗・ウシオ電機会長をはじめ、奥田碩・トヨタ自動車相談役、丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長という有力財界人3人が社外取締役として名を連ねる。


 牛尾、奥田の両氏は、小泉政権下の経済財政諮問会議で民間議員を務め、丹羽氏は安倍、福田の両政権で諮問会議の民間議員だった。いずれも郵政民営化などの「構造改革路線」を支える役目を果たし、小泉元首相と親しい。

 指名委員会は5月18日に西川社長の続投を決めた。実はそれ以前、西川氏の進退問題が浮上した今春に、財界の中枢で後任候補の人選が極秘裏に進んだことがある。

 しかし、リストに挙げられた候補者が相次いで固辞。さらに小泉元首相の人脈が「火消し」に動く一方、西川氏に対しては「自分から辞めると言わないことが、一番大事だ」と支え、後任探しはさたやみになった。

 その後、麻生首相や鳩山氏が後任探しに乗り出す場面もあったが、民間人が財界の後押しもなく「火中の栗を拾う」のは厳しい。「指名委員会が西川氏続投を決めた時点で、勝負はついていたのかもしれない」(財界関係者)。有力な後任を見つけられなかったことも、西川社長の続投やむなしとの判断につながった。

 売国に走る財界人というのは一体何をお考えなんでしょうか? 自分とこの商売さえ良ければあとは何だって良いのか? 消費税12%の話も同じような面々が強力にプッシュしてるんでしょう。スポンサーのご意向じゃ政治家もマスメディアも逆らえないというわけですか?

東京新聞:総務相辞任で決着も…  西川郵政続く難局:経済 2009年6月13日 朝刊(TOKYO Web)
より
「日本郵政は経営陣刷新で経営を安定させる好機を失った」

 郵政の内情に詳しい財界人の一人は鳩山総務相の辞任劇を見て、そう漏らした。


 春先から、総務省だけでなく官邸も複数の財界人に依頼する形で西川社長の後任探しに手をつけていた。候補には元郵政官僚からNTT元幹部、財界の重鎮らの名が浮かんでは消えた。

 その流れを止めたのは小泉純一郎元首相ら郵政民営化推進派の巻き返し攻勢だった。

 五月十八日の日本郵政の指名委員会の直前に、麻生太郎首相や日本郵政の社外取締役らに西川社長の再任を要請。「党内から西川社長を代えたら政局になるぞ、との圧力がものすごかった」と官邸関係者は振り返る。

 ということで財界も一枚岩では無いようですが、いかんせん資金力で輸出型大企業の声に押し切られてしまうんでしょうね。
 本当の売国奴は、政治家を盾にして表立って出てこないってことでしょうか?
 
 
 日本郵政の役員一覧によると、日本郵政の指名委員会のメンバーは
 牛尾治朗氏 ウシオ電機会長
 奥田碩氏 トヨタ自動車相談役
 丹羽宇一郎氏 伊藤忠商事会長
 それに大蔵官僚出身の高木祥吉日本郵政副社長
 西川善文氏ご本人

 というわけで売国奴的なお考えの方々に既に乗っ取られているのが今の日本郵政ってことなんですかね? 特に指名委員会ってのが明らかにお手盛りな人選で、ここが急所かもしれません。正攻法でいくのも必要ですが、同時並行的にここいらをうまく攻撃していかないと…。

追記(09.6.14.PM2:20)
 「一枚岩ではない財界」については「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」さんが鋭い分析を行っておられますね。
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : かんぽの宿騒動は、財務省とハゲタカの利権抗争という側面もある

 自分も日本郵政次期社長候補に西室氏という報道を読んだ時、なんだこれ?と思ったのですが、そういうことでしたか。
 まあ西室氏に限らず私企業は自らの利益の最大化を使命にしてるってことなんでしょうが、度が過ぎるとなんなのかなと思ってしまいます。「コンプライアンス」を守っていれば何やってもいいというのは、私のような日本人庶民の感覚からするとやや違和感を感じます…。また最近の報道を見ていて思うのですが、財務省の権限欲というか支配欲というのも、危機感の裏返しなのかもしれませんがちょっと異常ではありませんか?
(太字は全て引用者)

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-06-14 04:48 | お金、政治
2009年 06月 12日
国民政党としての自民党の死。
 本日をもちまして国民政党としての自民党はお亡くなりになりました。

 残っているのはアメリカの傀儡政党としての自民党だけ。さようなら日本売国党(←自民党改め)。


<鳩山総務相>辞表提出 後任は佐藤勉国家公安委員長が兼務 | エキサイトニュース 2009年6月12日 14時19分 ( 2009年6月12日 20時34分更新)より
 鳩山邦夫総務相は12日午後、日本郵政社長人事を巡る混乱の責任をとり、麻生太郎首相に辞表を提出、受理された。首相は同日午前に鳩山氏と会談した際、西川善文社長が鳩山氏に謝罪することで続投を認めるよう求めたが、鳩山氏が拒否。事実上首相が更迭した形となった。
(中略)
 鳩山氏は辞表提出後、首相官邸で記者団に「今の政治は正しいことを言っても認められないことがある。一時は辞任はしないと言っていたが、いずれ歴史が私の正しさを証明してくれる。自分が正しいと思ったことが通用しなかったので潔く去る」などと述べた。また「今回の首相の判断は間違っていると思う」としたが、自民党離党の可能性については「仲間たちと相談する」と語るにとどめた。
(中略)
 これに対し、自民党内では小泉純一郎元首相や菅義偉選対副委員長らが「(西川氏を交代させることは)郵政民営化の後退」などと反発。首相に早期の事態収拾を求める意見が強まっていた。

 郵政民営化に実は反対だったとご発言され、またマクロ経済における需要の重要性をご理解されてるふうだった麻生さんに期待してる部分もあったのですが、残念です。中川昭一氏に引き続き鳩山氏まで。二人の盟友を失い麻生さんの麻生さんたる立ち位置ももはや風前の灯火か…(中川秀直や小泉、菅といったA級戦犯各氏は竹中氏や西川氏ともども、政権交代後に塀の中に入ってほしい)。

妄想追記:中川秀直氏らの脅しに麻生首相が屈した形ですが、総選挙での資金の蛇口を中川氏が握っているのでしょうか。ここのとこの急激な原油高も、近々に実施される与党の総選挙資金調達のためGSかメリル、AIGあたりの外資系金融機関が裏で集中的に資金をNYの原油先物市場に集めて吊り上げているのでは。日本の株高も経団連あたりが仕掛けて選挙資金作りしてんのかも。またマスコミもB層洗脳工作のネタ仕込みを始めている頃か。
 ここは相手の態勢が整わぬ前に仕掛けるってのも手かと思うのですが、どうですか小沢さん?w

妄想追記2:鳩山さん2年ほど前の法務大臣の時、そこで何かを掴んでいたとか。もしそうだとしたら今回西川続投を支持した面々は、今後もびくびくする日々が続くのでしょう。
[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-06-12 21:48 | お金、政治
2009年 06月 11日
今日6月11日に国会で憲法審査会規程を制定、だそうです。
 次期駐日大使就任の予定だったジョセフ・ナイは、集団的自衛権を可能とするための日本の憲法改正を確実にする任務があったんではないかと邪推してました。ナイが近々の憲法改正が難しいと見て駐日大使を辞退したのではないかと思っていたら、下記のニュースが…。

憲法審査会規程を制定| 国内 | Reuters 2009年 06月 11日 14:25 JSTより
憲法改正原案を審議する衆院憲法審査会の委員数や手続きを定める審査会規程が、11日午後の衆院本会議で与党の賛成多数により可決、制定された。民主、共産、社民、国民新の野党各党は反対。憲法審査会は07年、国民投票法の成立を受け衆参両院に設置されたが、休眠状態が続いてきた。

 「日米同盟の正体~迷走する安全保障」で孫崎 享氏がご指摘のように日米の軍事一体化、言い方を変えれば自衛隊の米軍傭兵化が、2005年以降日米両政府間の協定(日米同盟: 未来のための変革と再編)の合意によって、政府レベルで既定事実として進められているんですよね。国民にははっきりとわかりやすくそのことを伝えずに、です。
 国民の利益を省みずひたすらアメリカに追従するだけしかアタマに無い従米官僚と従米政治家ともども、近い将来行われるであろう総選挙においてその力を削がないといけませんね。
 与党の議席大幅減を予想して、政権交代後可決が滞るであろう法案を、与党が三分の二議席持つ今のうちにごり押し成立させようと必死なのでしょうか。西川氏の日本郵政社長続行やら経済財政諮問会議での消費税12%にアップ案ともどもまことにヒデエ話ではありますが…。消費税アップによって自動的に実現する輸出戻し税アップに期待する経団連企業のトップの意向ばかりが反映されているようで、更なる可処分所得の減少による需要不足で国内経済が悪くなろうが知ったこっちゃないってことなんですかね?

「2017年度に消費税率最大12%超必要」財政再建へ政府試算 - MSN産経ニュース 2009.6.9 23:38より
 試算によると、これら財政再建目標を達成するには、消費税率を11年度から毎年1%ずつ引き上げて15年度に10%にし、さらに引き上げることが必要。単純計算では17年度まで引き上げて税率を12%にすれば、すべての目標が達成されるとの見通しを示している。

[PR]

# by darsana-te2ha | 2009-06-11 23:50 | 憲法問題