2008年 04月 16日
官僚さんたちの悪事の本丸は財務省。
国交省も厚労省も確かにヒドイ。しかし、マスコミの攻撃から巧妙に逃げおおせてる財務省、あんたらが一番悪い
予算の配分を決めることができる財務省こそが、今の日本のマクロな経済の大きな方向性をコントロールできる立場にあるわけで。
で、財務省が実際にやってるのは国内経済の縮小化、弱体化。現場無視の頭でっかち。

財政危機を煽ることで人々に恐怖心を植え付け、自らの権力を維持しようとしてる非常に姑息なやり方ではないんですか? 巧妙な恐怖統治でしょう。
自分の省の権限・権力さえ守れれば国や国民がどうなっても良いとしか思えません。
しかも、そのことで相対的に景気の良いor金利の高いアメリカに資金が流れる仕組みがより強固になり、親分アメリカ様(&国際金融資本)から誉められ、自らの権力基盤の強化に役立っているわけで。

おまけに財務省寄りの清和会(町村派)が自民党で実権を握り、更に公取委を使ってマスコミの寡占状態を許す見返りにマスコミのコントロールを行い、ここ7~8年はわが世の春を謳歌してきた財務省のようですが、そのツケが国民広くに行き渡ることで、やがてその怒りの矛先は財務省にも向かうことでしょう。
驕る平家は久しからず。首を洗って待ってなさいw。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-04-16 00:48 | 世相


<< マスコミのバックで道路特定財源...      今回は毛色を変えて写真日記。未... >>