2008年 06月 13日
徒然に一言。「ふしぶじ新語辞典」よりw。
温暖化防止ファシズム【名詞】:「地球温暖化防止」の名の下に、増税・新手の金融・原子力発電等を有無を言わさず巧妙にごり押しすること。 [語源] 国際金融資本やグローバル企業によるプロパカンダの利益誘導命令形。
[PR]

by darsana-te2ha | 2008-06-13 00:45 | ふしぶじ新語辞典


<< 岩手・宮城内陸地震で思ったこと...      将門の祟りの怖さに思いをはせ、... >>